宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

リンク 2011.9.7

 今朝、保育園の後に滝に行ったその帰り、携帯が鳴りました。とある中核都市の商工会議所です。今度、経営者等を対象としたシンポジウムを開催するので基調講演をして欲しいとのご依頼。その後、大学の先生などを交えたパネルディスカッションをするので、そこにも加わって欲しいとのこと。

 いよいよ来たな~って感じです、次なるステージに向けた新しい流れが。これまで個人主催セミナーを中心に、時々、企業や団体、勉強会に呼ばれてしゃべったりしたことはありますが、商工会議所などの「公的機関」は初めて。2005年に独立して手探りでこれまでやってきたことが、いよいよ花開こうとしています。ある意味、「怪しい」ものを最も排除する機関からのご依頼。一般に「スピリチュアル」と言うとどうしても怪しい印象を持たれてしまうけど、あくまで地に足着けた「スピリチュアル」を一貫して主張してきたことが理解されようとしています。

 実際、コーチングのクライアントさんには、会社経営者、大学教員、公務員など、いわゆる「お固い職業」の人は多いのですが、それはあくまで個人レベルであって、公的レベルに対してはなかなか受け入れにくい部分があったと思います。しかしそろそろ私の主張する「スピリチュアル」も徐々に受け入れられるようになってきた。実際、「九州ベンチャー大学」でも何度かしゃべらせて頂いたことがありますが、対象者は大半が経営者の方。しかし、どう言うわけか私の話は経営者や起業家の皆さんにウケがいい。一方で、天使や前世がどうとかって言う既存スピリチュアルからはぶっちゃけ嫌われてますもんね。その辺りのことは、このブログを読んで頂いている方にはご理解頂けると思いますが。

 実際、私のセミナーにも経営者や士業の方が増えてきて、しかも確実に実績を残すようになっているのだから、そのような方々にこそ「スピリチュアル」が大切だと実感してきたところ。そのような方々って基本的に「行動」しているのですが、時としてその方向性を見失うことがままある。そんな時、メンタルやスピリチュアルな要素が極めて重要となり、たった一つの「気づき」によって状況が一気に好転することがよくあります。

 ランチェスター経営の竹田陽一先生も成功の要因として「53%がメンタル」だと言っています。その上で戦略や戦術があるわけで、やっぱり土台はメンタルなのです。そして私の場合、独立して以降、極端な話、メンタルだけでどこまでやっていけるかを実証しようとしていた向きがあります。何度も書いてきたように、2005年5月にインドはラダックに行き、そこで一つの「悟り」を啓いてしまった。それは「大丈夫」って真理。もちろんこの「大丈夫」って意味は深いのですが、そもそも「大丈夫」な上に、いろんな出来事が積み重なっています。

 ですので、何か問題が起ったとしても、それを「問題」ととらえず「これは何かあるぜ」と言って「大丈夫」とつながっておく。すると、やっぱり「大丈夫じゃ~ん!」ってことが後からわかるようになる。私のこの6年余りはその連続。結局、何だかんだとラダックで啓いた「悟り」の通りの人生となってて、そのことをどんどん伝えていきたいと最近、本気で思うようになっているわけです。そしていよいよ10日後にそのラダックに再び向かいます。それも15名もの同士と共に。

 私の起業人生はまさにあの「ラダックの丘」に始まり、これから第二の起業人生がスタートするにあたり、やっぱり行くべきはあの「ラダックの丘」だったのです。そこで見ていた景色がこれ。
b0002156_532183.jpg

 初日にデリーで所持金を奪われ手元に5,000円分のルピーしかなかったため、とにかくすることなくって般若心経を1,000巻唱えてるその820巻目にやって来たんです。あの「悟り」ってのが。それはもう至福の体験でした。そこで確信したのが「大丈夫」ってこと。宇宙ってのはそもそも「感謝」で成り立ってるのだから、やっぱりそもそも大丈夫。私はこの「そもそも」って言葉が好き。今度のラダックでも、当然登ります。この丘に。

 話を戻しますが、私にとっての「スピリチュアル」の基本は「宇宙」ってこと。つまり「大丈夫」ってこと。そこをベースに生きていると、何が起っても、例えば「これは何かあるぜ」などと言いながら切り抜けられる。さらに進めば「問題」が起った時こそ「ありがとう」と言える。そうなると、本当に人生敵なしです。そのことを伝えたい。そして年間3万人の自殺者を一人でも少なくできればと本気で思っています。

 そして今、いよいよその「思い」がどんどん伝わろうとする日が来ています。つまり、今までは「スピリチュアル」と言うと、その世界でしか通じなかったことが、ビジネスを始めとした非スピリチュアル層にも伝えることができる。宗教団体もそれはそれでいいけど、私が伝えたいのは特定の宗教宗派ではなく「宇宙」そのもの。そう言うと怪しくなるのだけど、ようはもう一度言うけど「大丈夫」ってことなんです。

 とにかく私自身は、これからも滝行や瞑想、インド、NLPなどいわゆる「スピリチュアル」な立場に身を置きながら、現実世界に対して直接的にも声を届けていきたいのです。もう、天使とか守護霊とか、それはそれでアミューズメントとしてはいいけど、その世界とは一線を画するスピリチュアルを伝えたい。


 その一環として、9月11日の夢駆さんとのコラボも、あくまで私の立場から声を届けたいと思っています。テーマとしてはどうしてもヘミシンクになると思いますが、私自身はそこからさらに掘り下げた「変性意識」や「潜在意識」についての話をしたい。何度も言うように、ヘミシンクは「変性意識」に入る上で、非常に優れたツールの一つです。その簡易性や再現性において、私が知る限りこれ以上に効果のあるもはありません(違法ドラッグは論外として)。実際、夢駆さんほどじゃないでしょうが、私自身もヘミシンクによって既にいろんな体験を持っています。単に見えた聞こえた抜けたって現象に留まらず、それを現実生活にリンクさせる方法を私なりに研究しています。

 その糸口が「シンクロニシティ」です。私の場合、ヘミシンクだけでなく滝行や瞑想で見えたビジョン、感じたモノが、後日、いろんな「意味」として結実することを知っています。それによって「なるほど~」と思うこともしばしばで、「潜在意識」と「現実世界」とがいかにもリンクしていることを実感するんです。「天使」が見えるのもそれはそれで素晴らしいです。ですが、私はその天使と現実生活がどのようにリンクするかに関心を持っています。そしてその「リンク」は「シンクロニシティ」なる現象によって確認できる。そのことに気が付くと、ヘミシンクはもはや「シンクロニシティ加速ツール」として活用できるようになるのです。

b0002156_535152.jpg その意味で、ヘミシンクというある種の誤解を受けそうなツールを、実際の生活に「リンク」させるって観点からもお話できればと思っています。ただ、いつものようにその時その場でどんな話になるかは、、、ガイドのみぞ知るってことにしておきます。とにかく今、私は新たなステージへと上昇しようととしている。まさに石垣島やQ州ツアーで見た「龍神」の如く舞いあがろうとしているんです。楽しそうでしょ。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【福岡】9月11日(日):とみなが夢駆&Q コラボワークス in 福岡

【東京】9月16日(金・夜):宇宙となかよし塾 in 東京 (残2)

【世界】90日間で人生が変わる超意識コーチング(第三期)
by katamich | 2011-09-07 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン