宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

僕とMさんと夢駆さん3人の共通の過去生(前半) 2011.8.31

 今日で8月も終わりですね。8月は本当に濃かった。7日は福岡の大物経営者たちとの「夢の競演!」があり、私も大熱弁。そう言えば先ほど栢野さんのブログを見てみると、私の動画だけなぜか増えていました。後半はいつもトランスに入ってしゃべってしまうので、素面で見ると我ながらすさまじい。こちらには貼りませんが、見たい方は栢野さんのブログにどうぞ。それから例の「予言ブログ騒動」があり、私のキチガイぶりが発揮されます。そして家族で石垣島。3日間とも晴天で、見事な龍神様にも出会います。

 そして今回のQ州ツアー。今もまだ余韻が抜けません。交流掲示板に次々と感想を書いて頂いてるのですが、皆さんも同じく余韻に浸っているとか。ほんと、開催してよかったし、3日間とも快晴だったのもラッキーでした。そして私自身も、何か大いなる宇宙の意思を感じさせる旅となりました。一言で言うと、素直に生きてるといいことあるよってこと。

 例えば昨日もご紹介した伊藤氏ですが、元々私のコーチングからお付き合いがスタートしたのですが、今回、実際にお会いしてみて、私の方もすごく学びが多いことに気が付きました。ですので、この度、改めて相互コンサル・コーチングを開始することになりました。今まで通りコーチングをさせて頂く一方、私自身もビジネスを学ぼうってわけです。アフィリエイトをするわけじゃないですが、手段は何であれきちんとしたビジネスの量稽古をしてきた人の話は大いに参考になります。ちなみに伊藤氏とは誕生日が12時間しか違いません。私が27日の午後6時、伊藤氏は28日の午前6時。これもまたシンクロなんでしょう。

 そしていよいよ9月。9月は大きなイベントが二つ。一つは今年一月から進めてきたインドツアー。そしてもう一つは9.11のとみなが夢駆さんとのコラボ。これまた、ものすごく感動的で濃い一日になることは目に見えています。私自身、人生のテーマは「感動」ですので、ようは儲かるとか儲からないとか、偉いとか偉くないとかじゃなく、「感動するかしないか」が行動の基準です。とみなが夢駆さんとのコラボは、間違いなく「感動」できるもの。もう、とにかく楽しみです。

 そんな夢駆さんですが、この度、私と夢駆さんをつなげてくれたMさんと、3人の共通の「過去生」を見に行って頂きました。この手の話、実は大好き。


僕とMさんとQさん3人の共通の過去生 その1 
僕とMさんとQさん3人の共通の過去生 その2 
僕とMさんとQさん3人の共通の過去生 その3 



 いくつか気になる箇所をピックアップしてコメントしたいと思います。

過去生について誤解している方も多いようですが、過去生の物語というのは、あくまで「過去における“体験”」という「記憶の共有」であり、過去生でのつながりが、現在の人間関係にもすべてダイレクトに綿密に、そのまま「過去と同じ形」で連携し、影響している、というものではありません。


 まったく同感。もちろん私自身は「過去生」を見たことはありません。もっと正確に言うと、それが過去生であると断言できる手段を私は持ちません。しかし、例えばいろんな国や場所に行くと、何かを思い出したように自然と涙が出るような体験を何度もしたことがあります。その代表がインドであり、そしてアイルランド。この辺の感覚にはウソがつけず、この現象を説明するとなると、確かに「過去生」を持ちだした方が自然。

 ですので、例えば初対面の人なんかでも、どこか懐かしい感じを受けるのも、「過去生」を前提とすると納得いく場合があります。夢駆さんの記事のMさんについては、今回、私のインドツアーに参加されるのですが、一度もお会いしたことない段階で参加にOKを出しました。これは原則通りではないのですが、Mさんはインドに同行するべきだと直感したのは事実。実を言うと、それ以外にも問合せはありましたが、お会いしたことない方はすべてお断りさせて頂いてました。男性であれ女性であれ。そんなこと言うと、Mさんが美人だからOKしたんじゃないかと言われそうですが、その時点ではお顔を見たことないのでそうじゃないことは明白(笑)。

 とにかく、それぞれの「過去生」において、何か共通の「記憶」があると考えた方が、私は納得できるのです。そしていよいよ私のガイドにご登場頂きます。

Qさんのガイドとして現れたのは、まさしく、七福神のひとり、大黒天さんでした!!
(中略)
大黒天というのは、インドのヒンズー教のシヴァ神、つまり「破壊の神」なんだそうですね。


 実は以前、私の携帯の待ち受けが「大黒天」だったことがあります。真言は「おんまかきゃらやそわか」です。恥ずかしい話、会社辞めて独立して一年とかは、とにかくお金なくって神頼みに大黒様の待ち受け。そのおかげかどうかはともかく、大事な時にはその都度、お金が入ってきているのは事実。

 それからシヴァです。私のヒンズーの三大神であるブラウマ、ヴィシュヌ、シヴァの中で、シヴァが一番好きです。拙著「宇宙となかよし」にもシヴァなる人物を登場させています。ブラウマは統合、ヴィシュヌは維持、シヴァは破壊。ここはもう一度夢駆さんに説明して頂きます。

Qさんのブログの過去記事を読んでいただければよくわかるのですが、いわゆる“精神世界”や“不思議世界”と言われる分野についての、固定概念だとか、もっと いうなら事実誤認やら勘違いというものを破壊して、新しい価値観や新しい視点を構築し、それをたくさんの人達に伝えていく…。


 「破壊」と言うと言葉が悪いですが、夢駆さんの言う通り、ここでの「破壊」とはまさに「創造のための破壊」に他なりません。確かに私は思ってることを正直に言うタイプです。相手が傷つこうが、自分が正しいと思っていることは表現する。もちろん理由がなければなにも言いませんが、人を不幸に陥れる「予言ブログ」なんてのは、一言物申さずにはいられません(笑)

 権威のある人、説得力のある人、印象のいい人が何か言うと、それだけで「正しい」と判断して右に倣えになる傾向が人間にはあります。だけど誰が言おうと、それがおかしいと思ったら「おい、それ違うだろ」と言うのがポリシーです。だけど、相手を懲らしめようなどの気持ちはまったくありません。むしろ対話を通して何かの気づきを得たい。そんな気持ちの方が強いのです。

 ですので、夢駆さんの言う通り、ガイドがシヴァであれば、いろんな意味で納得です。少なくともヴィシュヌではない。ヴァラナシの「ヴィシュヌレストハウス」は常宿でしたが。そう言えば、24歳の時、ヴァラナシの駅で出会った女性からつい先日メールが来ていました。ネット上で私をちらほら見かけるんだと(笑)。それはそうと続けます。

彼は、将来、自分が思っている以上にリッチになるだろうね。エビで鯛を釣るという言葉があるけれど、彼は、これまでの人生で、鯛を釣るための撒き餌となるエビを、ずっとまき続けてきたのさ。そして、そろそろ撒き餌を撒く時期から、鯛を釣り始める時期になり始めているね。


 あざ~す!(笑) なんかですね、わかります。以前、あるチャネラーさんから、私は月収5,000万円には少なくともなると言われたことあります。都合のいい話は信じるのがオレの流儀。そう言えば最近、見渡すとリッチな人が周りにわんさといます。8月7日の「夢の競演」での講演者は言うまでもなく、今回、改めてご縁を持つことができた伊藤さんもそうです。さらに言うと、伊藤さんの向こうには現在収監中のホリエモンまでいます。

 直言うと、私はリッチになるのが怖かったです。なぜなら、島田紳助じゃないですが、夢を叶えてしまうと人生がつまらなくなると思っているから。人生はお金じゃないと言いながらも、ほとんどの夢はお金で叶ってしまう。だけど、最近、お金よりも尊いものへの確信をつかむことができた。それが「感動」。感動ベースで生きる。これが基本。人もお金も「感動」するところに集まってくる。だとすれば、リッチになることなど怖くない。リッチになるためにリッチじゃなくて、感動にリッチがついてくるもの。

 前々から言うように、私は「宇宙旅行」が夢です。本気で行きたいと思っています。今もし、2,001万円が手元にあって、宇宙旅行の費用が2,000万円だとすれば即答です。手元に1万円しか残らずとも宇宙旅行を選びます。なぜなら宇宙旅行は感動しそうだから。そのためにはある程度リッチにならないとね。それから「エビで鯛を釣る」ってその通り。私はこれまで、特に独立してから他人の力だけで生きてきました。もともと私の力など微々たるもの。それがどう言うわけか、いろんな人から助けてもらいながら今に至ります。その意味では本当に感謝しかない。

 それからインドツアーについて、、、

奉仕の心で、インドの旅を楽しみなさい


 はい、肝に銘じます。いつもそうですが、一番楽しむのは私。すいません、ジャイアンで。でも今回は特にガイドさんのおっしゃることを肝に銘じて、素晴らしいインドツアーにしたいと思っています。ちょっと長くなったので、久々に分割します。続きは後ほど。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【福岡】9月11日(日):とみなが夢駆&Q コラボワークス in 福岡

【東京】9月16日(金・夜):宇宙となかよし塾 in 東京

【世界】90日間で人生が変わる超意識コーチング(第三期)
by katamich | 2011-08-31 23:39 | ■精神世界 | Comments(4)
Commented by at 2011-09-01 00:51 x
夢駆さんの記事の「奉仕の心で、インドの旅を楽しみなさい」を読んで、Qさんが一番楽しんでるだろうなと真っ先に思いましたよ(笑)
やはり楽しんでいる人がいるということ自体が楽しくなる要素でもありますから、言うまでもないでしょうがそのまま楽しんで下さい。

もちろん、Qさんが準備から終わりまで奉仕の心でいらっしゃることはみなさんわかっていると思います
Commented by いーじー(松坂) at 2011-09-01 01:14 x
7日にベン大でサインを頂いた松坂です。あっ、いーじーです。
先日、元クライアントさんでいろんな事業をされている社長さんと久々にお話しする機会があったのですが、まさに「別にもうお金とかはいいんだけど、なにをしてもつまんない」という危険な?コメント。うちの父親が死ぬ直前に「何食ってもうまくない」と言っていたのを思い出して、ちょっとギョッとします。
社長さん的には、いろいろ企画してもある程度の成功は普通に(と言ってもその方の基準で一般的にはかなり一生懸命)やれば上手くいくのは見えているので、それではツマラン、と。ギリギリのラインでどうなるかわかんないのが楽しいらしいのですが、私風情の感覚では「なるほど、そういうもんですかねぇ」などと濁すハメに。

プチ成功を重ねると夢がしぼむと言うか、小さくまとまってしまう気がして、ちょっと幻滅(社長には失礼・・・)してしまいました。成り上がらねば!
Commented by katamich at 2011-09-04 17:09
■瞬さん!
インドっでは、楽しみましょう!
Commented by katamich at 2011-09-04 17:09
■いーじーさん!
夢は大きい方がいいですよね!
ブログトップ | ログイン