宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

スピリチュアル・アミューズメント 2011.8.16

 さて、今日までツレはお盆休み。ちびQは午前に病院に行ってミズボーソーの完治証明書をもらいました。明日から保育園です。そして金曜日から石垣島。早目にミズボーソーになってくれて助かりました。そして週末の石垣島の天気はすべて晴れ。楽しく快適に行ってきたいな、と思います。

 ところでこの2~3日、いまだにあの件について執拗なメールを頂いています。と言っても、お一人ですが。状況をかいつまんで言うと、その方は例の「予言ブログ」をその閉鎖後に知り、いろいろ情報をたどって行くと、私の公式ブログにたどり着き、そして私がその「予言ブログ」を閉鎖に追い込んだ張本人であると見てメールを送って来たって流れです。こう言っては失礼ですが、その文面はあまりに稚拙で低レベルな内容でしたが、成り行き上、無視するわけにもいかないので、一応、丁寧に返答させて頂きました。(ミクシィにはちょっと詳しく書いています)

 それにしてもなぜに、ブログも閉鎖され、予言期日も過ぎ、終わったことなのに、このような執拗な抗議をしてくるものなのか。返事を書きながら考えました。本当は電話で話したかったのですが、先方は「その環境にない」とのことで実現せず。ですので、これから書く話は私の「推測」を交えた話ではありますが、「スピリチュアル」に関する一般論的な考察でもあります。

 それはメールの中のこの一文から考察できます。

私は削除されて残念です。信じる信じないではなく、「予言ブログ主(文言変更は私)」の行動と時間が、
貴殿のコメント等によって無駄になり、何よりも傷つかれたと思うからです。


 おそらく一番言いたいことはここではないかと。つまり、予言ブログが削除されたことへの個人的な憤りを私に向けているってこと。文面には何か所か私に対する人格否定もあるくらい、よほど腹が立ったのでしょうか。それはともかく、この一文から「スピリチュアル」に関する一つの考察ができたので、メールを送って頂いた方にはむしろ感謝しています。

 そもそも「予言(ブログ)」に振り回される人は、どのような「感情」によってそうなるのか。一つは「恐怖心」もあるでしょう。日時と場所を指定されて、大災害が来ると言われれば、どんなに根拠がなくても怖い気にはなります。むしろ根拠がないからこそ怖いのです。それは私だってそう。目に見えない世界のことが分かると自称する人から、不吉な予言やチャネリングをされたら、アホらしいと思いながらも気にしてしまう。私自身も今まで何度か経験があります。

 一方で予言される日時・場所が自分とは関係なく、もちろん自分自身に向けたものでない場合、まったく気にしないかと言うと、決してそうではありません。気にする人は気にするのです。メールを送って頂いた方もその類だと思います。すでに終わったことについて、執拗な抗議メールを送ってくることが、最初は不思議だったのですが、その答えがわかりました。

 つまり「予言」とは「スピリチュアル・アミューズメント」であると言うこと。「予言ブログ」に反応する人の多くは、そもそも「予言」が好きなのです。そしてそんな人は決して少なくない。ジュセリーノというブラジルの予言者について、ゴールデンで特集が組まれるほどですので、その注目度は決して低くありません。

 ちなみにジュセリーノの予言はすべてテレビ的に脚色されたものです。そして本国ブラジルでは、時々、「痛い人(2ちゃんねる的に言うと「香ばしい人」)」とネタ的に紹介されることがある程度。しかし日本ではそんな事実は知らされていません。そこに日本のプロデューサーが目をつけます。こんな時、テレビ的にマッチングする適任者は「たま出版」の韮澤氏以外にありません。ブラジルでは「痛い人」の扱いをされている自称予言者を上手くプロデュースすれば視聴率は取れるし、出版社も儲かる。それで一時期、頻繁に特集が組まれました。

 しかし今はどうでしょう。ほとんどその名を聞くことはない。311の大惨事の後ですので、予言者的には今こそが活躍時なのに。答えは簡単。不謹慎だから。そもそもジュセリーノは視聴率を取るためのピエロに過ぎません。アミューズメントです。しかし、たとえそれがピエロであったとしても、一般視聴者はそんなこと知りません。ジュセリーノなる予言者が311後に具体的な予言をテレビで発表したとなると、それこそシャレにならないでしょう。何だかんだとテレビの影響は大きいです。被災地を中心にパニックとなり、当のテレビ局にもその責任がかぶせられます。

 今のご時世、特に震災に関する「予言」はアミューズメントとして片づけられないことを、テレビ局はよく知っています。逆に言えば、今この時期に放送できないってことは、そもそも予言はアミューズメントに過ぎないからなのです。そしてこのアミューズメントによって引き起こされる「感情」とはまさに「ドキドキ」。ギャンブルと同じ。私はやらないので想像の域を超えませんが、ギャンブルなんてものは10回に1回程度当たるからドーパミンが放出されて興奮するのです(報酬回路が活性化する)。

 同じように「予言」そのものも百発百中で当たるものじゃないことは誰だって知っています。でも、中には当たるものもあるかもしれない。その「可能性」に人々は熱狂するわけです。つまり「予言」が人々を惹きつける理由は、一つは「恐怖心」、そしてもう一つは「ドキドキ」に他なりません。もちろん恐怖心もまたドキドキであるため、つまり「予言=ギャンブル+ジェットコースター(の感情)」と結論付けられます。

 先の抗議メールにしても、結局のところ、「私の楽しみを奪いやがって、けしからん」ってのが根底にあって、ようは予言が当たろうが外れようがどうでもいいし、もちろん被災地のことなんかもどうでもいい。「予言」という「アミューズメント」を楽しみたかったのに、早々と閉じてしまった。原因はなんだ。石田だ。抗議だ。その程度のものなのです。

 「予言」を好む人には、いわゆる「スピリチュアル」に関心のある人も多いでしょう。しかし私は「予言」は嫌いですが、「スピリチュアル」は大好きです。何度も書いてきたように、「スピリチュアル」は私の人生を救いました。それが2004年のこと。もちろん一時的には「スピリチュアル・アミューズメント」に傾斜していた時期もありますが、そのうち飽きてきて、冷静に見てみるとヤバイことばかりが目立ちます。そして私自身もアミューズメントとしてのスピリチュアルには随分と傷つけられてきました。

 もちろんスピリチュアルのすべてがアミューズメントとは限りません。タロットカードなどは、一見、アミューズメントのようにも見えますが、使う人が使えば、立派なカウンセリングツールになります。私もそのような使い方をされて人々を幸せに導いている人を知っていますが、一方で当たるだのなんだのでアミューズメントとしてしか活用できていない人も知っています。と言うか、現状はほとんどがそうです。

 私にとって「スピリチュアル」とは人を幸せに導くものだと思っています。私自身がそうであったように。しかし実際には9割がアミューズメントに過ぎないのが実情。天使からのメッセージ、アセンション、予言、宇宙人との対話。そう言えば以前、宇宙語を習ってるとの知人の知人がいましたが、今はどうなったのでしょう。確か一回の講義が5万円ほどするようでしたが、それもやっぱりアミューズメントにしか思えません。

 結局、私にとっての「スピリチュアル」とはとてもシンプルなもの。それは何度も言うように、

「人生は『考え方』で決まる」

ってこと。ここでの「考え方」とは言葉だけでなく、イメージなんかも含まれます。つまり「人生」とは、その人が常に何を「イメージ」し、どんな「言葉」を発しているかによって決まってしまう。だったら「良いイメージ」をもって、「良い言葉」を発していく方が、より良い人生を創造できる。たったそれだけのこと。だけど、一筋縄ではいかないのも事実。

 「予言」が人を幸せにしない理由もここにあります。多くの予言が人々に恐怖心を与えるものであるとすれば、「人生は『考え方』で決まる」の「考え方」の部分を「恐怖」に置き換えてしまうから。これは私の考えるスピリチュアルとは対極にあります。これが単なる「ワクワク、ドキドキ」のアミューズメントに終わっておけば罪もないでしょうが、時には人生を台無しにしてしまうこともある。

 自己責任と言えばそうでしょうが、私と同じく、人は本来弱いわけです。例えは違うかもしれませんが、私なんかもセミナーで10人のうち9人が素晴らしいと評価しても、1人がつまらなかったと言えば、その1人の意見に悩んでしまう。でも、それが人間でしょう。人の心は弱いもの。そこにつけ込む情報は世の中に氾濫しています。だからこそ守りたい。そして人々の心を「恐怖」から「喜び」へと塗り替えるお手伝いをしたい。そのためには多少、批判されても頑張らないとね。わからず屋さんもいつかはわかってくれる日が来るかもしれない。

 ま、そんな感じで、抗議メールを送って来た方も悪気はないのでしょうが、それなりに真摯に対応させて頂くのが私の一貫性ではあります。これから先もいろんなんことが起ってくるでしょうが、私はいつまでも楽しく、そして時には過激に、そして自分らしく素直に生きていきたいと思います。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【福岡】9月11日(日):とみなが夢駆&Q コラボワークス in 福岡

【東京】9月16日(金・夜):セミナー(内容未定・近日中に受付開始)

【九州】8月27日(土)~29日(月):GSJセミナー2011(Q州ツアー)(満員御礼)

【世界】90日間で人生が変わる超意識コーチング(第三期)
by katamich | 2011-08-16 23:39 | ■精神世界 | Comments(8)
Commented by 悠彰 at 2011-08-18 15:41 x
素晴らしいです。感動しました。
スピリチュアルっていう響きがすでにアミューズメントっぽくなっていて好きではないけど、その本質は確かなものだと思います。
応援しています!
Commented by のんびり屋 at 2011-08-18 17:27 x
2年ほど前からQさんのブログの存在は知ってましたが、その時の私の感性ではQさんのブログに合ってませんでした。
しかし、最近Qさんのブログが面白くて少しずつ過去記事を読んでます。

以前の私はスピリチュアル好きの悟りマニアでした。
今はスピリチュアル好きの反スピリチュアリストです。

Qさんの鋭い洞察力に感動してます
Commented by いーじー at 2011-08-18 22:55 x
日々成長するわけで、同時代にQさんのブログを読めることが
どれほど救いになっていることか。
自分の中の予言(自然発生的に出てきた逃避の結果)に振り回されたこともあります。だけど、コトはいろんなことを抜きにして、どんどん進展していくんです。起きていることが全て(なんだかK間さん的でもありますが、ん?ぁいやQさんもいつも言っていますね)だと思い知っているのですが、それでも何かに依存したい。自分で燃えない我々は、ねじまがった理由をつけてでも人のせいにしたい(よくもわるくも)のでアリマス。
ちょっとばかり酔って読み書くと、こんな印象でこの記事を拝読しました。
Commented by 名無し at 2011-08-19 03:11 x
たとえアミューズメントだとしても他人が大切にしているものを攻撃すれば同じように攻撃されるのを分かった上であえて攻撃する石田さんの生き方はアミューズメントですね。
Commented by katamich at 2011-08-22 18:05
■悠彰さん!
ありがとうございます!
Commented by katamich at 2011-08-22 18:05
■のんびり屋さん!
これからもどうぞよろしくお願いします(笑)
Commented by katamich at 2011-08-22 18:06
■いーじーさん!
酔った文章、楽しませて頂きました(笑)
Commented by katamich at 2011-08-22 18:06
■名無しさん!
ただし、私がモノ言う時は本気です。
ブログトップ | ログイン