断食 2004.8.30

 超大型台風が過ぎ去りました。午前は役所で委員会があったのですが、午後から風がひどくなり、会社の中でもちょっと怖い思いをしていました。公共交通機関もストップしていました。幸い福岡ではさほど被害もなく過ぎ去り一安心です。ツイてる。しかし、被害にあわれた地域の方には、くれぐれも早く復旧されることを祈るばかりです。

 先日も書きましたが最近どうも太りが進んで本格的にやばいと思い始めています。何故太るのかを分析してみると、やはり食べてすぐ寝ることに原因があると思います。それは昼寝なんかでも同じで、食べた後すぐ寝ると牛になるというのは本当のことのようです。

 そこで今日は実験です。それは「夜食べない」ことです。思えば、ここ何年も「お腹がすいた状態で寝る」というのを経験していないようです。日本は飽食のため、お腹がすけばいつでもすぐに食べられる状態です。そしてつい余分な物まで食べてしまうのです。

 今、猛烈にお腹がすいています。頭がガンガンしてきました。冷たい水を一杯飲むとちょっとはおさまりますが、キーボードを打つ手も震えています。しかしこれは修業です。苦しくなったら般若心経を唱えて「」の状態にします。うん、だいぶ楽になってきました。せっかく滝に打たれているのだから、日常でも修業しなきゃもったいないですね。
 
 そう言えば、こないだ滝に打たれた帰りに皆でうどんを食べながら話していたのですが、HAGEている人には昔から不思議な力が備わっており、古来では常に人々の指導者であったそうです。それは国や文化を問わず、どこでもそうだったようです。僧侶や昔の武士が頭髪をそっていたのはその名残だそうです。昨日講演を聴いた船井幸雄氏は経営指導の神様であり、これも完膚なまでにHAGEています。

 あと、土曜日にノアールBBのメンバーの家でこんな話をしました。「山笠」に参加するには6月1日から「胡瓜断ち、女断ち(自慰含む)」をしなければならず、そのクライマックスである7月15日には、そのおかげかもの凄いテンションになるそうです。

 滝打ちを続けると、しばらくして「行(ぎょう)」をしなければならないそうです。「行」とは21日間毎日滝に打たれることで、その間は、「酒断ち、肉断ち、女断ち(自慰含む)」をしなければならないのです。21日目にはもの凄いテンションになるそうです。

 プチ断食というダイエット方法があり、これは単純に3日間断食するのですが、3日目にはもの凄いテンションになり、頭が冴えまくるそうです。

 なんだか脈絡のない話を続けていますが、お腹がすいてちょっとガタガタきているのでご容赦ください。明日の昼はスラージでインドカレーを食べます。それまで我慢できるか、また明日報告しますね。

(写真は断食する仏陀-「ラホール博物館」)

b0002156_23254388.jpg

by katamich | 2004-08-30 23:07 | ■食