ようするにシンクロ 2011.4.14

 ブログの更新が遅れてしまってすいません。実は昨日からちょっと体調が悪くて、と言っても、熱もないのですが、喉ら辺と言うか、リンパが少し腫れてる状態で身体がだるい感じ。いろいろ書きたいことはあるのですが、と言いながら、ミクシィには過激な文章書いてひんしゅく買って久々に日記削除したりして。一つはオール電化についてで、もう一つはテンガについて。う~ん、、、まだまだ打たれ弱いな、オレ(笑)

 さて、昨日、告知いたしました「超意識ワークス2日間セミナー」ですが、大阪、東京ともにちらほらお申込みを頂いてます。震災の影響とかもさほどはなさそう。決して安くはないセミナーですが、「機が熟した」と言って頂ける参加者さんもおりまして、私としてもそのように感じています。まさに。

 2007年に6月セミナーを開始して、今年で丸4年になります。会社員生活が4年だったので、そろそろそれに並ぶわけです。会社を辞めてからのフリーランス生活を入れるともっと長いわけですが。自分で言うのもなんですが、よくぞ続いているものです。2005年3月に神社でコインを投げて「表」が出たからその日に辞意表明という、あまりにも衝動的な退職劇でしたが、まさか本当に続くとは思いもしなかったのが正直なところ。周囲の人たちにしても、やっていけるとは思ってなかったでしょうね。

 でも、思い返すといろいろ不思議なことがありました。4月いっぱいで退職して、5月は21日間、インドに行ったわけですが、初日に暴漢にあって所持金を奪われ、カード残高の5,000円だけ持ってラダックに飛んだわけです。今思うと、よくぞ5,000円でも残っていたものです。一泊450円安宿に5泊ですので、それだけで2,000以上はかかります。それ以外に食費、雑費、交通費など大きく移動しなければギリギリのライン。

 ラダックは常時電力が不足していますので、安宿は8時以降だいたい停電。その代りにロウソクが常備されています。5月のラダックはまだまだ寒いのですが、当然、暖房なんてものはなく、シュラフと毛布にくるまって夜を過ごすわけです。8時に寝てしまうと、夜中の変な時間に必ず目が覚め、そこからいろいろ考えてしまいます。

 会社辞めたけどやっていけるかな~ってのが一番心配。ロウソクの炎をじっと見つめながら、火と対話するような感じ。時折、コインを取り出して「やっていけるなら表、いけないなら裏」なんて言ってコインを投げるわけです。「表」が出たらほっとするのですが、「裏」が出たら「5回投げて3回になったのが正解」とかルール変更して、表が3回出たらほっとするのですが、裏が3回出たら「10回投げて6回になったのが正解」とか再びルール変更して、そんなことの繰り返し。

 とにかく不安で不安でたまらないわけで、少しでもほっとしたかった。昔、好きだった女性のことを思いながら、「表が出たら付き合える」とか言ってコイン投げたことありますが、それはきっと私だけじゃないでしょう。

 で、その後はラダックの丘の上で般若心経1,000巻を必死こいて唱えて、その820巻目辺りで悟るわけです。理屈なんかなくって、とにかく「大丈夫」ってことを。ほんと、劇的な体験でした。そしてこれまでのことを振り返って見ると、すべての出来事に「意味」があることに気が付き、何一つ欠けてても「今ここ」にいることはない。すべては必然。

 だとしたら会社辞めてインドに来たのも、初日に暴漢にあって所持金奪われたのも、すべて意味がある。そして悟った翌日にはデリーに戻って大使館に直行。そのこの書記官って人から3,000円ばかり借りて、それでパスポート送金までの日数を過ごすのです。ただ、言っておきますけど、大使館はお金を貸すところでは基本的にありません。私が暴漢にあって、右腕を怪我したままで、しかも所持金が数百円しかないってことに同情してもらって、あくまで個人的に貸してもらったのです。

 その後はデリーの安宿にチェックインして、大阪の実家に電話をします。パスポートと名前を言えば、同じ銀行間での送金ができます。デリーには東京三菱銀行の支店があるので、大阪の支店から送金を頼みます。その時、パスポートNOを正確に伝える必要があるので、メールしたかったのですが、当時のオカンはメールをしてませんでしたのでこのBBSで連絡。こんな具合に。


おかんへ Qinデリー 【2005/05/18 18:59:54】 [返信] [削除]
メールのやり方がわからないオカンへ。
電話したパスポート送金の件。
東京三菱銀行ニューデリー支店
パスポートNO Tf3445440

東京三菱銀行大阪支店から至急お願い。
また明日電話する。


 一応、ここだけは見るように言ってたのですが、当時はBBSがまだまだ全盛期だったんですね。今はツイッターとかフェイスブックとかいろいろあるけど。なつかしいなあ。このブログもまだまだ100人くらいしか見てない時代。

 実はこの時、オカンは危うくミスするところでした。私の名前の「HISATSUGU」を「HISATUGU」と紙に書いてたそうで、もしもこのまま手続きしてたら送金できないところ。運よく銀行員の方が確認をされたのでうまくいきましたが。そしてその二日後に送金が到着。そしてすぐにバラナシ行きの列車を予約してその日の夜行に。宿はもちろんチェックアウト。初日の暴漢がちょっとトラウマになったので、グレード高いエアコンクラスに乗りました。それまでは最下層の2等車ばっかりだったのに。

 その後は、、、いろいろあって帰国。ブッダガヤで欲しくても買えなかったブッダの像が、なんと帰国後に滝の導師からもらうなど、恐るべきシンクロもありました。その辺は拙著「宇宙となかよし」にも書いてますし、ブログ上でも何度か書いたと思います。

 要するにシンクロニシティなんですよ。この世の中は。そしてシンクロはいつも起ってるのですが、それに気がつく人と気が付かない人がいる。思うに、気がつく人ってのは現状に対して「感謝」している人ではないかと。「感謝」ってのは現状を受け入れることであり、宇宙に対して帰依(サレンダー)している状態。そこには「自我」なるものはなくって、起るがままのことを見ることができる。そうなって初めて「シンクロ」に気がつくことができるのです。

 一方、気がつかない人は「シンクロまだか~」と常に待っている。すでに起っているのに、自らの「自我」が決めた「シンクロ」の姿がありますので、それにバッチリ当てはまらなければ納得しない。そして言うまでもなく、そんなに都合よく当てはまることもない。

 ありのままに見る。それがシンクロに気がつく唯一の秘訣なのです。はい。そして今、この瞬間、すでにシンクロがやってきています。このブログを読んでいるのも、その前に発見したのもシンクロであり、必ず何かの意味があるのです。今は気がつかないかもしれませんが、いずれ気がつく時が来る。

 ちなみに2005年のインドで、もしも暴漢に合わなければ「宇宙となかよし」を出版することはなかったでしょう。その経験と密接に結びついているわけですから。そう考えると、マジで暴漢ありがとう、です。

 で、今年もまたインドに行きます。今度はラダックです。「宇宙となかよし」の表紙もラダックのラマユルゴンパ。行ってないのに表紙になってるので、今年はきちんと行って落し前付けてくる予定です。前回のインドは男3人、女4人の7名でしたが、今年は男5名、女7名の12名。航空券はすでに支払い済みなので、きっとこのメンバーで行くことになるんだろうな。そしてそれもまたシンクロ。シンクロを楽しみたいですね。

 そんなわけで、今までのことをいろいろ振り返って見ると、本当にシンクロの連続でした。そしてきっとこれからもいろんなシンクロを経験するんだろうな。絶対に大丈夫。すべてに意味がある。人生って面白いですね。ほんとワクワクします。てなわけで、今日はそろそろ寝ようと思います。ありがとうございました。

シンクロを引き起こすクリック!
↓ ↓

人気blogランキング


【福岡】5月~7月:70日間で人生が変わる願望実現NLPセミナー(第二期)

【世界】90日間で人生が変わる超意識コーチング(第二期)(残2)

【大阪】5月21日(土)・22日(日):超意識ワークス2日間セミナー

【東京】6月4日(土)・5日(日):超意識ワークス2日間セミナー

【無料】潜在意識の力を活用して7日行で世界が変わる魔法の音声セミナー


○石田久二公式ブログはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
○とりあえずfacebookのアカウントも持ってます♪(まだよくわからないのですが友達になりましょう!)
by katamich | 2011-04-14 23:39 | ■精神世界