これも旅 2011.3.26

b0002156_15152067.jpg

 今日は夜、地球探検隊の中村隊長の飲み会に参加してきました。隊長とは昨年の6月に九州ベンチャー大学で知って、その翌月には東京でコラボトークライブをご一緒させて頂きました。今日は所用で博多に来ることがあって、そのついでに飲み会を呼び掛けたのが一週間前。メルマガで。なんと17~8名もの人たちが集まってきました。すごい。

 でもまあ、ここ数日に自粛ムードがある中、逆に飲みたい、語りたいって気持ちが膨らんでいたので、他の人たちもきっと同じ思いだったのかもしれません。テーマは「旅を語る」ってことで、メンバーは地球探検隊に参加したしないに限らず、旅好きってことで旧知の知人のようになれるのです。

b0002156_15154351.jpg 一週間前にメルマガを開いて、すぐに参加表明。隊長にも会いたかったしね。そう言えば昨日、「ヤザワ作戦」ってことで、いつもよりちょっと贅沢しよう(そして経済を循環させよう)って話をしたところだったですが、今日の居酒屋で出たビールが「プレミアムモルツ」でした。おお~シンクロ!
 
 発泡酒とかもそれはそれでいいけど、やっぱりビールの方が美味しいですもんね。実は「美味しんぼ」の影響で「エビスビール」こそがビールと主張しきたのだけど、永ちゃんのCM見てからプレミアムモルツばかりになってます。影響受けやすいんですね。私。

 そんなわけで、プレミアムモルツで乾杯してからは、もっぱら旅の話で盛り上がります。しかも地球探検隊の旅ってのは「濃い」のが特徴なので、旅の話も自然と人生観に触れたものになりがち。J○Bとかのパックツアーとは一線を画しています。

 思うに、これってのは「旅の最終形態」かもしれません。「旅(旅行)」と一言で言ってもいろんなのがあり、私のこれまでを振り返って見ると、こんな風に経験してきました。


1.家族旅行

 家族と普通に行く旅行のこと。小学生から中学生になる頃まで、毎年夏に必ず一泊以上の家族旅行をしてきました。覚えているのは、白浜、小豆島、淡路島、能登半島、伊豆、九州、富山など。そして今は父親として家族3人の旅行を楽しんでいます。3人で行ったのは九州各地の温泉、東京、沖縄など。これはこれで楽しいのです。

2.修学旅行

 小6で東京に行きました。放送局、ディズニーランドなど。夜は宮川君とHなテレビ見たり、隣の部屋に襲撃に行ったり、そんな楽しい思い出があります。宮川君はホテルの廊下でチ○コを出してるのを女子に目撃されていました。

3.友達旅行

 普通に友達同士の旅行のことですが、私の場合は大学に入ってからがメインで、すでに海外に向いていました。韓国、インド、中国など。卒業旅行などもこれに含むわけですが、ま、大学生活の延長って感じで楽しいことは楽しい旅行です。

4.団体旅行

 いわゆる旅行会社のパッケージツアーなどがそう。まったくの他人同士が一つのツアーに参加するって形態がメインのようですが、私はそれには参加したことがありません。一度は経験して見てもいいかと思いますが、自由が少ない上に料金も高めなのでまだまだ気乗りしないものです。

5.個人旅行

 いわゆるバックパッカーなどがそう。私は20歳でこれに目覚めて、世界一周を始めとしていろいろ行ってきました。これが私の中で「最高」と位置づけてきたのですが、、、最近、ちょっと変化してきました。

6.社員旅行

 会社の旅行ですね。研修なども含む。楽しむための旅行と言うより、業務の一環と言った感じで、楽しんでいるのは上層部くらいで、下っ端にはブルーな旅になりがち。ただ、私がいた会社では自由行動が多かったので、それなりには楽しめました。韓国。しかし東京での研修旅行のようなのは、あまり楽しくなかったですね。

7.仲間旅行
 
 このような名称が適切かどうかわかりませんが、別名、「波動旅行」とでも言いましょうか。つまり、会社とか学校関係ではなく、「価値観」を共有する者同士による自由な旅行のこと。そしてこれこそが「旅の最高形態」だと考えています。最近はもっぱらこればかり。

 2泊3日のQ州ツアーでは滝行、宿坊、パワスポ、ペンションなどを巡るのですが、いつも私が取りまとめをするので、私の「価値観」に共感する人ばかりが集まるので、いつも感動的な旅になります。もちろん私の価値観である必然性もないのですが、重要なのは「一つの価値観」ってこと。

 私のツアーはどちらかと言うとスピリチュアル系の人が集まる傾向にありますが、かと言ってピヨピヨ系では決してない、地に足着いたスピリチュアル。3年前のインドツアーもそうだし、そして今年9月のインドツアー第二弾(ラダック)もそうです。非日常的な空間を共有しながら、価値観の合う仲間同士で語り合うなんて最高。クサイセリフはきながらね。


 バックパッカーを何度かやって、最後に行きついた旅のスタイルがこれでした。地球探検隊もまさにこれではないでしょうか。「内モンゴルツアー」なんてのを見ると、水道も電気もない場所で野宿同然の宿泊、トイレも大地、現地食など、必ずしも一般ウケする内容ではないけど、それに関心を持つ人しか集まらないので、そこですでに価値観の共有がなされるわけです。

 とにかくベースとなる「価値観」の共有があって、その上で個性がぶつかり合う仲間同士の旅ってのは最上級。隊長はそれを仕事にしているのですが、私も目指すところはそんな旅。今年の9月は奇跡のラダックツアー。どんなことが起こるのか今から楽しみです。

 てなわけで、今日の飲み会も多いに盛り上がって、その後は2次会でカラオケ。上手な人ばかりで驚きました。私はとりあえず永ちゃんを一曲。何だかんだで1時半頃まで盛り上がっていて、当然、バスも電車もありません。タクシーを拾おうと大通りに出て、とりあえず前に進みながらタクシーを探していると、どうもタイミングが合わず、そのうちもういいや、これも旅、、、とか思いながら家まで10キロの道を歩いて帰ってしまいました。家に着いてのは朝の4時前。身体もすっかり冷えていたので熱いシャワーを浴びてから寝ました。でも、歩きながら、、、いろんなことを考えることができました。これも旅。これも人生。ありがとうございました。

これはクリック!
↓ ↓

人気blogランキング


【世界】90日間で人生が変わる超意識コーチング(第二期)(残4)

【無料】潜在意識の力を活用して7日行で世界が変わる魔法の音声セミナー

【大阪】5月21日(土)・22日(日):超意識ワークス2日間セミナー



【参加します】
3月28日(月):今津雅仁カルテット


○石田久二公式ブログはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
○とりあえずfacebookのアカウントも持ってます♪(まだよくわからないのですが友達になりましょう!)
Commented by ラグマン at 2011-03-27 23:04 x
ォレなんか先週10キロ走ってかぇったしォレのほぅがすごぃし(中二風にw)



ウザくてホンマごめんなさいm(_ _;)m
by katamich | 2011-03-26 23:39 | ■旅・ツアー | Comments(1)