年収3000万円を得る方法 2011.2.22

実は昨日の夜から断食中。先週の木金の断食は金曜日の夜に挫折しましたが、火曜日の夜現在、まだ続いています。今晩はそのまま寝て、明日の朝食で解禁。まさにブレックファストですね。台所にある菓子パンが気になって仕方ないのですが、ここで我慢できれば私も一皮むけるでしょう。とにかくチャレンジです。そして明日で滝行も満行。


振り返ってみると、2005年2月に21日行をやってから7年目にして数え切れないほどの「行」をしてきたわけですが、毎回、何らかのチャレンジを課してきました。般若心経21巻だったり、滝場まで往復20キロを歩くだったりいろいろ。そして今回は2回の断食。おそらく将来的には7日行なら7日間ずっと断食を取り入れる日も来ると思います。そしてひょっとしたら、、、21日間断食とかも。。。


前も書いたと思いますが、三大欲求の食欲、睡眠欲、性欲の比率としては、「食欲:睡眠欲:性欲=4:5:1」ってのが正直なところ。ぶっちゃけ、初めての21日行では、その期間、性欲を抑えるのが大変でしたが、今ではなんてこともありません。2006年には100日行もやりましたし、7日や21日間、性欲を抑えるのは普通になっています。しかし、食欲を抑えるのはまだまだ大変。将来的な「21日間断食」を達成するためには、長期的に食べるのを減らしていく必要があります。ですので、このままどんどん痩せて行くと思いますし、実際、この10年以上右肩上がりに増えていった体重が、この5か月で確実に減少傾向に転じています。どんどん未知の世界です。


ところで今日は今月2回目の「九州ベンチャー大学」に参加してきました。それも直前に参加表明したのですが、やっぱり行ってよかったです。講師の一人は「30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人」という本を最近出された竹内正浩さん。この方は地元福岡在住です。そしてもう一人は東京から早川周作さん。早川さんとは昨年2月にお会いして以来です。お二人とも私より年下ではありますが、経済的にはすでに成功しており、実に堂々たる風格を醸し出していました。そしておそらく初対面であるはずの二人ですが、お二人には大きな共通点がありました。それは一夜にして人生が変わってしまって経験です。少年時代、それまで普通以上の暮らしをしていたのが、一瞬のうちに転落しどん底の生活を余儀なくされる。そしてそのどん底から這い上がり人生を勝ち取っていった。


まず竹内さんはそのような経験から「何があっても自力で稼ぐ方法」の探究に明け暮れます。そして学生時代から多額の財を得ることができ、今はすでにセミリタイヤ状態で人生の研究家となっています。その中で「30代で年収3000万円」の300人に対して調査をしてみた結果、その法則を見出すことに成功し、それが新刊のテーマとなっています。実に面白かったので、本をその場で購入。


では、その「法則」とは一体なんなのか。詳しくは本書、、、と言いたいのですが、それではブログの読者さんに対してあんまりなので私なりに解説したいと思います。その法則とは、、、なんと「素手でトイレ掃除」だったのです。30代で年収3000万円の人たちは、誰もが素手でトイレ掃除をする習慣があったのです、、、と言うのはもちろんジョークです。その法則は、、、なんと「ありがとう一万回」だったのです、、、なわけもありません。その法則とは、、、なんと「毎月の満月に通帳をかざす」、、、でももちろんありません。「聖徳太子の一万円札を財布に入れる」でもなく、「預金通帳に3000万円と記入する」でもなく、それはなんと「一円玉を100枚積み重ねること」だったのです。


すごいスピテクですよね。一円玉を100枚積み重ねるだけで30代で年収が3000万円になるわけですから。その法則は本書の53頁に詳しく書かれています。ぜひ、本書を購入し、一円玉を100枚集めようではないですか。これで明日から年収3000万円に大変身です。


てな話はさておき、確かに「一円玉を100枚積み重ねること」によって年収を3000万円にしたのですが、それはもちろんメタファーです。そろそろその真意を書きたいと思いますが、要するにその他大勢とは異なるほんのわずかな「違い」を積み重ねてきたに過ぎないのです。本書はその「違い」について、様々なデータや証言によって解き明かしていくわけですが、つまりは「積み重ね」以外に成功の道はないのです。な~んだ・・・と思うかもしれませんが、これはまさに我が意を得たりでした。


どんな成功者だって何もせずに幸運だけで為したわけではありません。確かに成功者の多くは、成功の理由を「運」と答える人が多いし、それ自体にウソはないと思います。まさに「運」を引き寄せたからであって、それは何も風水やマントラによって引き寄せたのではなく、日々の「違い」を積み重ねただけ。それに尽きるのです。


潜在意識的な側面から見ると、まさに「複利で加速」と言われるが如く、確かに一日一日の違いは目には見えません。しかしそれを積み重ねると、まるで一円玉を一枚一枚積み重ねるようにコツコツと努力してくと、ある日、どっか~ん!と変化が訪れます。水が100度でいきなり化学変化を起こすように、努力もそれを積み重ねていると、ある日突然、化学変化が起こるのです。それをしばしば「奇跡」と呼んだりするわけですが、奇跡は逆らえない運によってのみ引き起こされるのではなく、まさに起るべくして起こっていたのです。


私自身はまだまだ経済的な成功と言うにはおこがましい状況ではありますが、確かにここ数年、ステージが上がるのは一瞬でしたが、それは確かにそれまでの積み重ねの結果と言えるでしょう。例えば私は毎日ブログを書いています。そして昨年末に引き続き今度もまた女性誌から取材を受けましたが、それはこのブログがきっかけでした。実は今日でブログの記事数が2,659になっていました。2004年から毎日書き続けた結果です。もちろんそれ以前にすでにいろんなことが起こっていたのですが、メディアとしての影響力を持つようになるには300以上は必要なところ。


もちろん中には文章や内容が特別に面白かったりして、瞬く間に注目されるブログもあるでしょう。しかし私は何だかんだと7年近くも書いてようやくこの状況です。でも、もしも書かないでいたならば、間違いなく今の私はないでしょう。本も出してないし、セミナーもしていない。会社だって辞めてなかったかもしれません。でも、一日一日の積み重ねによって、気がつけばそれは大きな力となって結果に結びついている。そしてそれはブログに限ったことではなく、どんなことであっても何かを積み重ねていけば、それはいずれ大きな結果につながり、間違いなく人生を豊かにする。私にとってブログはもちろんですが、何だかんだと滝行だってそうです。700回以上も滝に打たれてきたら、それだけの気づきはあるし、当然、実生活にも生かされています。


ビジネスでの成功に関しては本書にいろんな事例が紹介されているので参考にして頂きたいと思いますが、誤解を恐れずに言うと、、、私自身に関してはおそらく、これからもブログを書き続けている以上、一生、生活に困ることはないでしょう。それはもちろんセミナーを開いたりの直接的なメリットもあるにはありますが、それ以上に有益なのが「気づきが形になる」ってこと。「気づき」はアウトプットすることで初めて結晶化します。生きてきます。このブログはまさに私自身における「気づきの結晶」であって、それが私の実生活にどれだけ深く関わってることか。それは書いてきた人にしかわからないことと思います。


そこで私のできることとして、一人でも多くの人に何かにきっかけをつかんで欲しいと思って「100日ブログ」を企画したりしました。それ以外にも「○×行動計画」によって、まずはどんなことでもいいので、行為を積み重ねることの素晴らしさを共有したかったのです。例えば実際の話、「毎日朝晩30分の瞑想」を一年やったらどうなると思いますか。その時点ではすでに習慣化してると思いますが、おそらくすごいことになっているでしょう。よく言われるのが「毎朝30分の読書」などもそう。30分早く起きて読書をする。もしもそれを一年間続けたらどうなっているでしょうか。とんでもないことが起こってると思いますよ。


確かに一年間と言うと長く感じるかもしれませんが、その本質は「昨日やったことを今日もやる」の繰り返しなのです。理論上、昨日やったことが今日はできないって理屈は成立しません。しかしなぜかできない人が多い。私も含めて。その理由は何度も書いてきた通り、潜在意識が「変化」を嫌うから。実際、「毎朝30分間の読書」を一年間続けたら、間違いなく今と違う自分になっているでしょう。そしてどう考えても、それはマイナスにはなりません。でも、潜在意識は良い悪いの区別がつかず、単純に「変化」を嫌うメカニズムになっていますので、多くの場合、どっか~んと来る変化の直前に猛烈な反発がやってきます。でも、それを乗り越えたら、、、言うまでもないですよね。


もちろんその「積み重ね」は「目標」に直結したものである方が好ましい。でも、とりあえず続けてみるのもいい。とりあえず「やりたい、続けたい」と思ったことを続けてみる。すると、続けたら続けただけの「変化」が起こり、新たな人生の轍を刻むことになるのです。


話を戻しますが、年収3000万円に人だって同じ人間。基本的な構造は同じなはず。何が違うかと言えば、それはまさに「積み重ね」があるかどうか。人生で最も大切なことの一つを改めて確認させて頂いたお話でした。本も面白いです。


で、休憩をはさんで早川さんのセミナー、、、となるはずが、ここで突然のゲスト登場。そのゲストとは、、、石田久二さんです。なぜか今回も栢野さんの指名により10分ほどのトークをさせて頂きました。いつもお話しているようなことですが、実はお話しながら、自分自身も新たな気づきがありました。私自身の人生が変わるきっかけとして、加賀田式DVDとの出会いの話をさせられたのですが、ここでもやっぱり繰り返しと積み重ねだったのです。これまで私がしつこく紹介するものだから、興味本位も含めてそのDVDを入手した人は少なくないと聞いています。しかし「見ただけ」で変わることは決してない。300回以上は見ながら、何度も反復したからこそ、人生が変わったのだと自負しています。おかげさまで、、、今日のトークに関しては「面白かった」との感想を頂きました(^^)


そしていよいよ早川さんのセミナーですが、90分間しゃべりっぱなし。少年時代に父親の会社が倒産しどん底の貧乏を経験。高校入試に失敗しバイクに熱中。大学で不動産会社を起業し成功。会社を売却して28歳で国選に民主党から出馬。対抗馬は連日テレビにも出ている石破茂氏。善戦するもののあえなく落選。現在はすご腕の経営コンサルタント。とにかくすごいな~ってのが正直な感想。前回の土井英司氏とはまた違った意味で感服。でも、ここでもやっぱり「継続」の話が出てきます。夢を実現するにはやるしかない。実現するまでやるしかない。やっぱりそこが基本なのか。


そんなわけで、すごいお二人に挟まれてトークをさせて頂いたりもした今回の九州ベンチャー大学ですが、今回も実に有意義な時間を過ごすことができました。また明日から頑張ります。とりあえず明日で滝行と断食も終了。新たに生まれ変わった気持ちで、、、まずは2冊目の「出版」に向けて走ります。ゴー。さあ、寝るとしますか。とりあえず食べずにここまでたどりつきましたよ。ありがとうございました。


Commented by 竹内正浩 at 2011-02-23 14:10 x
昨日は、ありがとうございます!
竹内正浩です。
拙著をお買い上げいただき、また、ブログにてご紹介いただき、ありがとうございます!
本当に、時間、お金、労力をかけてまとめた内容ですので、そうおっしゃっていただけて、ありがたいです!
Commented by たれまみ at 2011-02-24 19:10 x
いつも拝見して元気もらっています!
by katamich | 2011-02-22 23:39 | ■お金 | Comments(2)