宇宙人はいるか 2011.1.21

 昨日は熱が最高で38度まで上がり、身体もきつかったので早目に布団に入ります。しかし、なかなか寝付けるものでもなく、寝ながらiphoneでブログ更新したりネットしたりして。そして朝5時に目が覚めたのですが、相変わらず身体はきつく、「今回は滝行も中止かな~」と思って二度寝に入ります。

 そして7時過ぎには皆と一緒に起きて熱を計ると37度。朝食後、二人を駅と保育園に送ります。正直、私の気持ちとしては8割は「中止」に走っていたのですが、身体の方がどうも落ち着かず、結局、午後4時頃に滝に行ってしまいました。そう言えば今朝、送迎で車に乗った瞬間、大きな咳が出たんです。ちょっと汚い話で恐縮ですが、その時、ビックリするようなタンが出てきました。色も量も。その瞬間、なぜか気分がす~っと良くなって、さらに家に帰ると鼻の横などに育っていたニキビのような吹き出物のようなのが一気につぶれたんです。汚い話でごめんなさい。

 今考えると、滝行によるデトックス効果かな、と。年末年始で溜まっていた垢やコリがちょっとは取れたのではないかと。何度も言うように、潜在意識ってのは身体ですので、このような身体反応によってメンタル的な変化までしばしば見られるものです。そう言えば昨日は寝る前にポカリをがぶ飲みしたにも関わらず、朝までトイレに行きませんでした。きっと汗としていろんな不純物と一緒に出て行ったのでしょうね。

 そして今、、、体調はめちゃくちゃよくってスッキリ。

(そんなわけで完全に復活していますが、続きの「宇宙人」の話は後ほどお待ちください)

 続き書きます。てなわけでして完全に体調は回復して、この調子だと、今回も無事に満行ができそうな感じ。で、「宇宙人」の話ですが、なぜに唐突にかと言うと、まず昨日テレビでそんな特集を見たってのがあります。木星の衛星である「エウロパ」にはひょっとしたら「地球外生命」が存在するのではないかって話。

 ただ、この根拠が、これだけの科学力を持つ地球人から見て、どうも漠然とし過ぎ。でも、科学の進歩ってこんなところから始まるんでしょうね。つまり、エウロパには100キロに及ぶ氷の層があることが観察されている。だとすれば、その下は海だ。地球では「水のあるところには生命あり」なので、そこにもしかしたら生命が存在するのかもしれない、、、って根拠。

 それにしてもこれだけ科学の発達した今日、地球の外ではアメーバ一匹観察されてないってのが現状。その一方で、宇宙どころか「深海」のこともよくわかっていない。「科学」ってすごいのかどうかわからなくなりますよね。ただ、「科学」ってのは端から絶対ではなく、「その可能性が極めて高い」って「仮説」が前提となってるわけで。そもそも「絶対」なんてものは、それこそ「神」とか精神世界を持ちだすしかないわけで、実のところ、科学者は「絶対」なんて言葉を決して使わない。

 300年くらい前にニュートンが「万有引力」ってのを発見して、リンゴを落としたら落ちるってのが「法則化」されたんだけど、確かに今までのリンゴはすべて落ちてきたかもしれないけど、「このリンゴ」が落ちるかどうかは、実際に落としてみないとわからない。でも、落ちる可能性が極めて高いと思われるので、一応、「このリンゴ」も落ちるってことで勘弁してください!ってのが「科学」の本質です。

 なのに、精神世界の人は、、、あ、また批判になりそうなので止めときます。何一つ検証しないで思い込みだけでそれが正しいと断言するなん、、、すいません、止めておきます。それはともかく、「科学」なんてのは500万年の人類の歴史上、高々ここ200~300年のこと。もちろんこの200~300年の人類の変化は凄まじいのだけど、歴史的にはそんなに昔でもない。そんな「科学」が万能なはずないのは科学者自身が一番よく知っていて、だからこそ純粋な人が多いんだろうと思うのです。

 エウロパには分厚い氷があって、もしかしたらその下にはアメーバくらいはいるかもしれない。それを確かめるために人生をかけよう!って人が科学者ですからね。そのピュアさは常人には計り知れないものがあります。結局のところ、一流ってのはどのジャンルでもピュアなもんです。例えば「歴史学者」って人がいますよね。その人たちに「何のために歴史を学ぶのですか?」と聞いたとします。そこで「歴史を学ぶことで現状の問題を解決したり、未来を予測したりできるんだよ」って答えた人がいたとします。おそらくその人は学者として二流じゃないかと思うのです。一流ってのは、「何のために?面白いからに決まってるじゃね~か!」って言うような気がします。

 ミュージシャンにしても、「世の中の平和のために歌っています」なんてのを「本音」で言う奴の音楽はほとんどつまらんと思うのです。モーツァルトがそんなことが考えたでしょうか。チャーリー・パーカーがそんなこと考えたでしょうか。ジョン・レノンが晩年にそんなこと言ってたように思いますが、正直、その頃のジョン・レノンとかどうでもいいですもんね。彼の仕事はすでに終わっていたし。ビートルズファンの方、ごめんなさい。

 話それましたが、エウロパの海底にアメーバおらんかなあ、、、ってワクワクしてロケット飛ばす連中って、おそらく誰も「人類のため」とか思ってない気がするんです。ただ、確かめたくて気が済まない。でも、科学にせよ、芸術にせよ、結局、「やりたいから」ってのを極めた結果として、それがその分野の進化であったり、人類のためになったりするんでしょうね。

えっと、、、何の話だったけ。そうそう、宇宙人の話でしたね。記憶に新しい話としては、年末にNASAがものすごい発表をしましたね。発表の前に予告までする勿体ぶり方で、ついに地球外生命体の発見か!!とにわかに騒がれましたが、要するに「生物の定義を拡大する」って発表でした。

 どう言うことかと言うと、そもそも「生物」とは何かって話があって、それは次の6元素があることが条件でした。炭素、水素、窒素、酸素、硫黄、リン。しかし、NASAの発表によると、リンの代わりに、砒素を使って成長する細胞がいたったことで、今までの「生物」の定義を見直さなければならないってことだったのです。

 多くの方は「なんだ、宇宙人とのコンタクトじゃないんだ・・」とガッカリされたようですが、これは「深読み」するところですよね。そもそも私も含めて「生物の条件はその6元素である」ことさえ知らない人が大半だと思うので、NASAの発表にガッカリしちゃうんでしょう。しかし、長年、人類が「これが生物です!」って言ってたのを覆すってことなので、実は「生物とは、私たちが思っている生物に限らないんですよ」ってことを示唆したいのではと。

 そしてオカルト・都市伝説好きの人たちが好んで言いたがる「NASAは宇宙人との接触を隠している」って説を擁護するのであれば、まさに私たちが知らざる、、、いやそれどころか、その「概念」にさえない「生物」が存在してて、それを突きとめてるんですよ、、、ってことを暗に示してるんじゃないかって思ったのです。

 いいですか、概念にさえないってすごい意味ですよ。例えば「タコタコ星人」なんてのは私たちの概念にあります。ヒューマノイド、動物型、原始生物型、、、などとにかく私たちの「概念」にあるものではない、もっともっと未知な存在があるいことを示唆していると思うのです。

 例えば「音楽」なんてどうでしょう。これを「宇宙人」と思う人ってほとんどいないと思うのですが、そもそも「生物」とは「6元素」だったのが、それが「無限」になったと考えると、「音楽」だった十分に「生物」なのです。変なこと言ってるようですが、とにかく私たちの「概念」を根底から覆さないとダメ。

 その路線で考えると、例えばモーツァルトの音楽なんてのは、どうあがいても地球のものじゃないでしょ。あれ自体がすでに宇宙人で、人類はすでに宇宙人に浸食されてるんですよ。概念を根底から変えてくださいね。モーツァルトが宇宙人ではなくって、モーツァルトは宇宙人に寄生されちゃっただけなのです。で、モーツァルトの音楽は時空を超えて今でも聴かれてるのですが、それを聴いた瞬間、私たちも宇宙人に浸食されちゃうってこと。

 それだけじゃなくって、この地球にあるもの、形あるものないもの含めて、すべて「宇宙人」なのです。人間の形をした宇宙人なんて、そんなのを考えること自体、変な話。だってすでにこの周りに宇宙人がたくさんいるじゃないですかってこと。

 実は今、私の頭の中ですごいことが起こってるんですが、それを正確に文字にできないのが残念。でも結局さあ、、、それらすべて突き詰めると「色即是空」ってことになるんです。だからお釈迦さまって人はすごいと思うのです。宇宙のことを正確に理解したおそらく最初の人ですから。そして私もまたそれを正確に知ってしまった。それが今の私の頭の中にあるのですがもう限界です。

 私たち人間の「概念」で「宇宙人」を定義すること自体が、すでに地球人的なんです。宇宙人ってのはもっともっと身近だし、すでに存在してるんですから。変な話してますよね。わかってるんですが、結局のところ「宇宙人っているんですか?」と聞かれたら「いる」と答えますが、ただし、私たちの「概念」上にはいないってことを注釈したいと思うのです。

そんなわけで、今日の話をしっかりご理解頂ける方がいらっしゃれば嬉しく思います。それではまた明日。明日も滝、頑張ります。ありがとうございました。


今日もクリック頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング


【東京】1月28日(金):超意識統合のための基礎セミナー in 東京

【熱海】1月29日(土)・30日(日):ガイドさんと行く異次元探索ツアー2011 in 熱海(満員御礼)

【福岡】2月~4月:70日間で人生が変わる願望実現NLPセミナー

【参加します】
2月4日(金):第189回九州ベンチャー大学・土井英治×竹田陽一


○石田久二公式ブログはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
Commented by Newman at 2011-01-23 14:23 x
私の風邪予防
風邪の初期で喉がカサカサしたり、鼻が詰まってきたら私は塩をぬるま湯に溶かし、その塩湯を鼻からすすり口から出します。
風邪菌が流される様ですっきりします。あと手を頻繁に洗う事。
生姜湯を飲んで体内から暖めると、疲れ、だるさが軽くなります。
ここ三年風邪をひいていません。
by katamich | 2011-01-21 23:39 | ■精神世界 | Comments(1)