宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

本日2回目の「超意識コーチング」でした 2010.12.26

 さて、今日は2回目の「超意識コーチング」で、11時30分から18時まで13名の方へのコーチングをさせて頂きました。今日はなぜか「2」が多く、半分近くの方がその数字。内的な葛藤、対立を生みだしてはいるが、強い変化の時期でもあり、葛藤を乗り越えたところに望ましい着地点があるので、むしろ喜んでもいい数字だと考えられます。

 例えば「3」などはとても安定した数字であると同時に、強い停滞を意味することもあるので、もしも変化を望んでいるのであれば「2」はとても喜ばしい数字だと言えるでしょう。それ以外にも次々とピッタリの数字が出てきて、この「超意識コーチング」はなかなか使えると、改めて思った次第です。前回と今回で出なかった数字は「1」と「7」と「0」。これはこれで何か意味があるのかな、とは思いますが、来年からさらにパワーアップした「超意識コーチング」をお届したいと考えています。そして2日間たっぷりの「超意識ワークス」もほぼ完成しましたのでどうぞお楽しみに。

 それでは今日のフィードバックを行います。私のコメントは一言だけ。でも本当はすごくいろんな情報がやり取りされました。「感想」もお待ちしております。ではいきます。




【Sさん 男性】

<テーマ>
祖父の代から事業を受け継いでおり3代目。現在、父親の病気に直面しており、精神的にもいろんな準備をする状況にある。そんな中、今、どのような心構えで、どんなことをして行けばよいのか。

<数字とメッセージ>
≪2≫ 
対立や葛藤を表す数字であり、それは特に価値観の対立であることが大きい。

<行動計画>
実は今、受け継いだ事業についてもいろいろなしがらみがある中、自分としてはしっかりと安定させてはいるのだが、今後はしがらみを超えて、新たな価値を創造して行きたいと考えている。その一つとして、いわゆるコミュニティ創りのような方面を考えているのだが、そもそも「なぜ」そうしたのかが曖昧。話をしていて感じたのが、いわゆる「お金の使い方」を考える時期にきている。お金は人並み以上にあるのだけど、それを生かし切ってないのでは。

<感想>
テーマが当日変わってしまいすみませんでした(苦笑)。しかし、父親の体調が思わしくないことが分かった自分にとっては、そう遠くないであろう父の死と直面することと、後を継ぐための覚悟について、早めに自分を整理しておきたかったのです。
Qさんに引いてもらったカードは「2」でした。それは分化・対立・価値を意味するとのことでしたね。

「分化」は文字通り分れを(別れ)を意味するのだと思います。しかし、「対立」とは何を意味するのか?はっきりしているのは、私は父を愛し尊敬しているということです。それでも「対立」が意味するカードが引かれたのは何故か、そしてどんな価値観が私の中に潜んでいるのか・・・。それが最初は分かりませんでした。

Qさんとの会話の中で、長く業界のトップに君臨していた父の持つ有形無形の財産に抗っていた自分が出てきました。その抗いは自分の中では過去に清算されていたはずだったのです。それなのに何故今さら?・・・そして、その「対立」からどんな価値観が生まれていたというのでしょう?
実はそれはお金に関わることでした。それは、お金に対するネガティブな価値観でした。

自分で言うのも変ですが、電話で申し上げましたように私は裕福な家に育ちました。昔ほどでないにせよ今も平均以上の暮らしをさせていただいてます。しかし、どこかで私は違和感を感じていたようです。
Qさんは数字のメッセージにおいて「49枚のカードのうち、「2」をひいた人は、とにかく自分は「価値」に拘束されていることを自覚してください」と書かれていました。はたして自分は、お金に対する何に自分は拘束されているのか・・・?
Qさんに導かれ出た答えは、お金の使い方でした。

生まれたときからお金に苦労しなかった私は(もちろん祖父や父、家族の努力や周囲の支えがあってこそだと自覚しています)、お金の出し入れについて、入れることについては分かっていても、出すことに関してはあまりにも無知だったような気がします。
別の言い方をするなら、受け入れることはできても、与えることが下手だったのだと思います。きっと、私が抱いていたお金に対する違和感とは、与えることに自信のない自分自身なのだろうと思います。

私の父は有形無形の財産を持っていると述べました。有形とはお金を含め土地や家屋(別荘なども)であり、無形とは人とのつながりや仲間や縁・・・。後を継ぐ者として、その大きさを私は自分には持てない、維持できないと反発し目を背けていたようです。
もちろん、私が父と同じである必要はないのですが、恐れや反発と同時に、あこがれも持っている自分に気づきました。

考えてみると、父は与え続けてきた人だったのです。その額は1億円を超えていると思います。私が理想とする方法やスタイルとは違うにせよ、それを実践してきた人であったのです。
Qさんの御本「宇宙となかよし」には、自分の心に「愛」と「感謝」を持ち続けることの大切さが書かれていました。ただ与えること=「愛」と、ただ受け入れること=「感謝」、と。そして、まずは与えることが大事だ、ということも・・・。
私の目の前には、与え上手の受け取り上手なお手本となるべき人物、つまり父親がいたのです。そのことに私は感謝しなければなりません。

Qさんによって導かれた、お金の使い方という私の今後のテーマ。Qさんには電話で「着地できました」と答えました。でもQさん、どうやら私はそれからさらにジャンプできそうです。
魂が伝えて来たメッセージは、本当は「与えることのできる人になりなさい。大きい人になりなさい」そのような気がしています。そして、自分らしいやり方で、自分らしく羽ばたきなさいと・・・。
今この時期を思うと、このメッセージは私の魂からでもあり父の魂からでもあるような気がしています。
「愛」と「感謝」。その使い方は人それぞれオリジナルですよね。そして宇宙への貢献の仕方もきっと人それぞれなのだと思います。

今回の超意識コーチングでは、とても深遠なるメッセージをいただきました。このような機会を与えてくださったQさんに心から感謝申し上げます。
このあと実家に立ち寄って、父の顔を見てきたいと思っています。




【Sさん 女性】

<テーマ>
自分らしくありたいと思っているが、周りに合わせてしまう癖があって、なかなか自分を出せていない。

<数字とメッセージ>
≪11≫ 
地球(10)と宇宙(12)の間の数であることから、何らかの「関係」を重視したあり方が望まれる

<行動計画>
普段、一人で何かすることが好きだと思っていたが、実は本当にワクワクする瞬間は、歌や絵画で共同作業をしている時だったことに気が付いた。これからはより積極的に仲間との交流を図って行きたい。

<感想>
今まで一人で黙々と作業するのがスキだと思っていたので、実は自分が全く逆のことに楽しさを見い出していて、ちょっとビックリしました…。
だから一人で絵を描いてもカラオケしても、どこかつまらなかったんですね(笑)一人では恥ずかしがり屋で照れ屋だし(笑)

これから、旧知の仲間と再会するのか、新しい仲間と知り合うのかは分かりませんが、どちらにしてもまたフィーリングの合う仲間に恵まれて色々楽しく挑戦したいです。
その為に来年はサークル探し等、ちょっと動いてみようかと思います。




【Kさん 男性】

<テーマ>
様々な事業をする中で、本当にこれでいいのか、家族との関係は、など様々な葛藤が生まれている。
<数字とメッセージ>
≪2≫ 
まさに内的な葛藤を表す数字であるが、同時にそれは新たな統合へのプロセスでもある。

<行動計画>
葛藤そのものを楽しむ視点も重要であるが、何よりも「稼ぐ」ことによりフォーカスして、葛藤そのものを突き抜けて行きたい。

<感想>
ずっと自分の中で迷いや葛藤や対立があり、色々考えすぎて心と脳味噌が風船のようパンパンに膨れ上がった状態が続いており引いていただいたカードが「2」(分化・対立・価値) ズバリでした。

「やはりそうだったんだ」とビックリしたと同時に納得しました。
自分の人生は無駄なことはないんだと確認でき、今何をするべきか明確になりました。


人生楽しまなきゃいけません!
苦しいことはトラブルがあっても、自分自身で苦しい状況に追い込むことはないわけです。

プロセスを客観的に楽しみながら、今の事業に集中することでガラリと状況が変わると確信しました。
やっぱりそうだったんですね、間違ってなかった。




【Nさん 女性】

<テーマ>
長く務めてきた会社を辞めた後、3年の就職活動の結果ようやく入った会社も4か月で辞めたばかりである。

<数字とメッセージ>
≪5≫ 
とにかく地に足付けること(グランディング)が重要。特に経済的な安定を優先する。

<行動計画>
仕事に対するこだわりが就職活動を難航させた原因の一つであり、たった4か月の新たな職場であったが、こだわりをやわらげることには役立った。まずはこれまでのキャリアを生かしつつ、こだわりを捨てて新たに就職活動をやって行くことが先決。

<感想>
出た数字は「5」でグラウンディング、地に足をつける。。
確かに足元を固めたくて(経済的に安定したくて) 今まで転職活動していたのですが、やっと決まった仕事もやむなく4ヶ月で退職という事態になってしまい、過去の状況から、また長く転職活動にかかるのでは、と不安だったり、せっかくのチャンスをいかせなかった自分はどうなのか。。と自問自答の日々。
頭の中でぐるぐる、で行動にまで力が回らず退職から一週間過ぎていました。

そういう状況で出た「5」ですから、 もうそんなこと考えていても仕方がない、こだわりをなくす、考えずとにかく行動!!に切り替えることにしました。
そのままもうちょっと頑張れ、のGOサインだと。。

会社の人間関係で自分にされてイヤだったこともいろいろ意味を考えすぎていたのですが、それより自分は相手にそうしない、本当はこうしてほしかったと感じたことをなるべく人に自分がする。。と決めて考えるの終了にします。

頭(思考)はしばらくお休みして、いいと思った行動を淡々として行こうと思っています。
行動しないと何も変わらないのは当たり前といえば当たり前ですが、今まで頭の中がオーバーヒートしていたので、たいそうバランスよくなく、そういう意味でも地に足をつけるというのは言葉的に合っているような気が
しました。

肩がこりやすくなかなかリラックスできない、というお話もさせていただきましたが、本当の自分を素直に自然に出すことに恐れがあったり、いつも気を張ってないとという思い込みから来ているのではと思っていましたが、(コーチングの話の中で)確かに私が緊張していれば相手も緊張するわけで誰しもリラックスしている人といるほうが気が楽な訳で、自分の今までの自己防衛も必要で自分への愛としてしてきたことかもしれないけれど、感謝しつつ少しずつリラックスすることに安心感を感じられるように自分を持っていけたらいいなと思います。

実はありがたいことにプライベートの人間関係で、周りからその方がいいよ、という受け容れ環境があることもこの頃なんとなく感じていながら、全然飛び込めなく結果人に気を遣わせてる。。という状況が続いているのも自分で判っていたりしてました。。が今まで動けないで来ました。
それほど気を緩めてはいけない、と過去の体験から持ち続けたものがあったんだと思います。
いきなり10mの飛び込み台は勇気要りますが30cm位から徐々に慣らしてトライしてみようと思います。
私がその方に変わったら自分も嬉しいし周りで喜んでくれる人もいる。。
と感じながらしていければと思います。
Qさんのコーチングで色々お話してこれから必要なこととそうでないものの棲み分けができた気がしてます。ありがとうございます。




【Yさん 男性】

<テーマ>
今仕事がとても辛い状況である。好きなことをして生きて行くことはできるのだろうか。

<数字とメッセージ>
≪5≫ 
まずは地に足付けて経済的な安定させることが重要。

<行動計画>
今の仕事で我慢すると言う意味ではなく、異動の働きかけ、転職活動を含めた上で、自分のできることから地に足つけて確実にやっていくことが大切。よりよい環境を求めて動くことは、決して地に足付けることと反しないのだから。

<感想>
最初に「優先するのは、地に足をつけること」とアドバイスを頂いたとき、内心では「辛くとも今の環境で耐えぬかなければならないのか」と悲しくなりました。
しかし、お話しを伺う中で、「自分が楽しめる環境」イコール「地に足をつける」という意味であるという説明をして頂き、とても腑に落ちました。

好きなことをやるにもまずはしっかりとした環境があってのことですし。
まずは、リラックスして楽しめるより良い環境を探そうと思います。




【Kさん 女性】

<テーマ>
収入をもう少し増やしたいことと、すぐに緊張する癖があるのをどうにかしたい。

<数字とメッセージ>
≪2≫ 
内的な葛藤が緊張状態をもたらしており、まずはその緊張を緩めることが重要。特に表面的にわかりにくい深い緊張感がある。

<行動計画>
とにかくリラックスすることが重要であるが、かなり深い部分での緊張が見られるため、例えば大声で笑う、人と腹を割って話をするなど、自分自身をもっともっと出して行くことが重要。自分で思っているほど、人は自分自身のことを受け入れてくれるものだから。

<感想>
いつも、人が何を考えているのかばかりを気にして自分がどう思っているのかという事に目を向ける事がほとんどないのでとても面白い体験でした。

お話をしていくにつれ、2と言う数字から連想される事がいろいろと浮かんできて、それがアドバイスにつながっていくのがとても不思議で面白かったです。

収入を増やしたいと言うのはテーマが定まらないため苦し紛れに出したつもりの悩みだったのですが、それがもっと深い悩みや自分の内面の葛藤とつながっているという事にびっくりしました。
また苦し紛れに出した思っていた悩みが口に出した事で、案外自分の中に深く根を下ろしている悩みだとも思えてきて、普段感じない自分の一部を感じる事が出来た気がします。
お話できた事をこれから心に留めて、少しずつ変わっていけたらと思います。ほんとうにありがとうございます。心から感謝しています。

余談になりますが、2と言う数字がでたのが興味深かったです。
スカイプでの連絡だったんですが、直前に決めた私のスカイプ名に2が沢山あったのに(○○2222というスカイプ名でした。)
後から気づいて不思議で面白かったです。




【Mさん 女性】

<テーマ>
離婚したいと思っているが、なかなか一歩が踏み出せない。

<数字とメッセージ>
≪2≫ 
相手を傷つけるかもしれない一方で、善人でいたいなど、まさしく内的な葛藤や対立が具体的な行動を妨げている。

<行動計画>
できることをするしかない。とにかく離婚が決まっているのであれば、最初に離婚届に記入するなど、できる範囲のことから一歩一歩具体的に進んで行くことが重要。モチベーションを上げるなど目に見えないところにフォーカスするよりも具体的な行動が大切。

<感想>
離婚に向かって動き出せない現状についてカードをQさんに引いていただいたのですが現状そのものズバリ、「2」が出ました。
「対立」「葛藤」
私の潜在意識、顕在意識にそのまま当てはまります(笑)

コーチングでは、まずQさんに「離婚届は書いたの?」と聞かれました。
実際に行動に移すには、離婚届をすべて記入してそれを役所に提出するんですよね。
すっごい当たり前でシンプルなことを、Qさんに言われて初めて気が付いた!!(爆)

今まではベストなタイミングで離婚が出来るよう、時期というか流れを待っている状態でした。
それが「サレンダー」かと思っていましたが、勘違いしていたようです。
そんな精神的な考え方より
「具体的な行動を取って、(離婚の)現実を動かせ」
私の答えは、これでした。

これから、具体的な行動をとっていきます。
まずは今年中に、役所で離婚届を貰ってきます。
お正月は実家に帰るので、姉に証人の署名をしてもらう予定です。
お互いの実家に挨拶が終わったあと記入した離婚届をダンナに見せて、話を切り出してみます。
結果はどうなるか分かりませんが結果に対しては「サレンダー」ですよね。
この決心を忘れないよう、皆さんの前で宣言させていただきました!(笑)

Qさんのコーチング、数字のカードは問題の切り口として、とても納得のいくものでした。
そしてそのあとの会話で、数字の切り口からどんどん道が見えてきます。
自分一人では思いつかない違った視点をQさんが小気味よく、分かりやすく伝えて下さいました。
この会話が、また楽しかったです!!

「今までと違った視点を持つ」ということが具体的な行動に移すキッカケになります。
その視点に気が付くために、「超意識コーチング」はとても有効であると実感しました。




後半に続きます。

ありがとうございました!
↓ ↓

人気blogランキング


【熱海】1月29日(土)・30日(日):ガイドさんと行く異次元探索ツアー2011 in 熱海(満員御礼)


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-12-26 23:39 | ■NLP・コーチング
ブログトップ | ログイン