いろいろ書いてます 2010.12.4

 今日も5時に起床して滝行。気温は5度。いよいよ寒くなってきましたね。空を見上げると、もうすぐ新月の薄いお月様に明けの明星。金星ってこんなに明るいんですね。お釈迦様は明けの明星を見て悟りを啓いたと言われるし、空海も修行が終わった時、同じく明けの明星が体内に入ってアカシックレコードを体得したと言われています。そんな話もあり、金星を見ると、何だか神秘的な気分にさせられます。それにしても、、、あの金星が「肉眼」で見えるなんて、よく考えるとすごいことですよね。

 そう言えば、私の実家にはなぜか望遠鏡がありました。亡き祖母(母方)が私達3兄弟のために買ってくれたものだと記憶してます。顕微鏡もセットで。当時は屋上のあるアパートに暮らしてましたので、時々は親父と兄弟とで屋上に出て望遠鏡をのぞいてたもんです。ムーングラスってのをレンズにはめて月の凸凹も見たし、日中はサングラスをはめて太陽の黒点やら火柱のようなものも見たものです。

 そして覚えているのが、何年かに一度の「惑星直列」って現象があり、それは確か水星から土星くらいまでが45度の範囲に入るって日だったと思います(記憶は不確かです)。その時、朝の4時頃に起きて、火星、木星、土星、そして金星を見ることができました。あの当時は何だか普通に見てた気もするのですが、よく考えると、そんな親子も珍しく、もしかすると自然と「科学教育」が進んでいたのかなと思います。小学校の頃には既にパソコン(PC8001)が家にあり、兄と弟は自作のゲームを作って遊んでいました。私は雑誌のベーシックを打ち込むだけ。弟なんてのは小学一年生の時に、兄がプログラムを作っているのを「横で見てるだけ」で自然とマスターしてしまい、自作ゲームを雑誌に投稿して掲載されたこともありました。文章は私が書いて(当時小学五年)。編集部からは「データを16進数で作成しててエライぞ!」なんて評価が載っていたのを覚えています。その雑誌、いつか国会図書館にでも行って見つけてきたいと思いますが。

 結局、兄も弟も完全な理系の道に進み、今ではまさにその道のプロパーとして働いています。私はと言うと、、、数学や理科が大の苦手で進路は文系。ただ、高3の受験期に入っていよいよ勉強しなきゃと思い、突然勉強し始めたところ、偏差値39だったのが、一か月で偏差値60を超えた瞬間がありました。その翌年、大学受験も文系学部だったにもかかわらず、「英・国・数(普通は社会)」で受験したくらいで(落ちましたが)、もう少し早く数学に目覚めていれば、もしかしたらいい線行ってたかもしれませんね。

 ま、それはともかくとして、結局、大学も社会科学系で少しだけ数字を使うことはあっても、基本的に文系。なんですが、、、見ての通り、人一倍、理屈っぽかったりはします。と言いながらも、セミナーや講演の時はその理屈っぽさに輪をかけて激しかったり、感情的だったりするんですが。

 で、兄や弟とは性格も方向性も違っていたのに、今、こうやって「宇宙となかよし」なんてブログを書いているのは不思議な気がします。そもそも、なぜに「宇宙となかよし」なのか。これは前も言ったと思いますが。2005年1月19日にこのタイトルがやってきたのです。詳しくはリンク先まで。ただ、リンク先の文章読むと、確かに私なんですが、若干雰囲気が違いますよね。本当は昔の記事とか削除したい気もするのですが、あれはあれで残しておくと、貴重な「ロールプレイング」のプロセスを読むことができますもんね。

 話を戻しますが、小学校の頃、望遠鏡で「宇宙」を眺めていながら、今、「宇宙となかよし」なんてブログを書いている。何だか不思議なつながりを感じますよね。そしてこのブログは、、、あと50年以上は書き続けますので、これからも末長くお付き合い頂ければと思います。私がこのブログの筆を置く時には、、、おそらく今の読者さんの半分くらいは「光の国」に行ってるとは思いますが(笑)。ちびQも50歳のオッサンかあ。今はあんなに可愛いのになあ(^^)

 そう言えば前も言ったかもしれませんが、どうやら「地球人」ってのは二種類あるそうで、一つが「ネイティブ地球人」、そしてもう一つが「非ネイティブ地球人」ってやつ。まず前者は鉱物からスタートして、植物、動物、人間と進化してきた、まさに土着の地球人です。そして後者は、、、そのような進化を遂げずに宇宙から突然やってきた人間たちのこと。このような人たちのことを「スターピープル」って言うんだと、今年の6月に初めて知りました。

 で、スターピープルの役目は何かと言うと、宇宙の情報を地球へと伝えに来ているのだそうです。その意味で言うと、例えばスピリチュアル系のブログを書いている人たちってのは、その多くはスターピープルなのかもしれませんね。外見的特徴もいろいろ聞いたのですが、例えば「三日月目(細い目)」、「やせ形」、「小柄」又は「長身」、「ハゲ頭」などが該当するとかしないとか。実は私も、、、「Qさんはスターピープルですよ」とある人から言われたことがあります。どうだかわかりませんが、ただ、何となく「宇宙となかよし」ってブログを通して、「宇宙」の話を書いているような自覚を、最近するようになってるかもです。

 あと、私の知人で言うと、「この人はスターピープルだ!」って人が何人かいらっしゃるのですが、ここんとこ親しくさせて頂いているMaoさんって方などは、完全にスターピープルに違いありません。彼はヘミシンクの達人で、普段は医療関係のお仕事をされていながら、日本画家、写真家、ダンサー、講演家、マッサージ師など、多彩な才能を持ち活躍されています。昨年と今年のQ州ツアーにも来られて、私もものすごくインスパイアされたのですが、とにかくMaoさんの話は傑作過ぎます。

 私も10月からヘミシンクを聴くようになっており、確かに私なりの理解はあるのですが、Maoさんの言っていることも面白いし、何よりウソがありません。特に面白かった話が、、、数え切れないくらいあるのですが、彼の過去世の話。やっぱり「宇宙人」だったとのこと。しかもサボテンのような姿をする宇宙人だったとか。「ほんまかよ~」って思っちゃうかもしれませんが、私はそれは「真実」だと思っています(笑)←笑うとこじゃないのですが、一応・・・

 そんなMaoさんとは、来年の1月29日・30日に「熱海」で合宿ワークを開催することが決まっています。既に定員の半分は埋まっていますが、近々、ブログ上でも受付をしたいと思っています。そしてその時にでもMaoさんのことをじっくり紹介したいと思っていますが、とにかく面白い人です。あんな人は、、、ほんと、めったにいないです。会って話をするだけでも、もしかしたら人生観が変わる人が出てくると言っても過言ではありません。彼は「長身」で「三日月目」は該当していますね。そう言えば空海の幼少期の名前も「まお」ですね。スケートにも「まお」ちゃんがいるし、今話題のエビゾウの奥さんも「まお」ですね。関係ないけど(笑)

 で、今日は何を書こうとしているのかな。そうそう、朝、滝行に行って金星を見て、それから宝満山に登りに行ったのでした。するとやっぱりまた怒涛のようにインスピレーションが降ってきまして、携帯電話のメモ機能をフル活用で、そのままどんどん入力していました。そして先日から開始してる「数字」の意味についても、とりあえずほとんど解明できまして、後は実際のセッションで確認してみるだけ。12月12日には12名限定で無料セッションを予定しており、来週の頭にでも受付を開始したいと思っています。ただ、「数字の意味」については、このブログでちょっとずつ公開していくつもりではいます。

 ただし、私のスタンスとしては、「数字」で運命を知るみたいな考えには大反対。そもそも「数字の意味」なんてのは、新しい考え方でもなく、それこそいろんな人が、いろんな説を唱えており、何一つ決まったものはありません。結局のところ、どの人の、どの説を信じるかって話になってしまうので、「数字」で自分の運命を知ろうなんて話はそもそも無理があるんです。

 では、私があえてこのようなことを試してみようと思ったのは、先日の東京セミナーでのこと。もともと超意識(ハイヤーセルフ)からの声に敏感な人はいいのですが、必ずしも誰もがそうであるとは限りません。例えば「意識(願望)」があり、「潜在意識(ブレーキ)」まではわかるのですが、それらを統合する「超意識(ハイヤーセルフの声)」に対しては、セミナー中に必ずしも出てくるとは限りません。では、そこでどうすればいいのか。

 何もない空白(超意識の空白)に対して、それが自然と埋まる(声が聞こえる)のを待つのもいいのですが、何らかの「きっかけ」によって「声」を早めることはできるのではないかと。結局のところ、その人の「超意識」に働きかけてカードをひけば、そこで出てきた「数字」からメッセージを読み取ることは可能です。ただし、その「数字」が直接メッセージを伝えるのではなく、その「数字」の意味から派生する「質問」が生まれ、それに答えることで「超意識」につながるって方法論もアリなんだと、宝満山下山中にメッセージを頂いたってわけです。

 ですので「数字」に答えがあるのではなく、答えはあくまでその人の中にある。それを引き出すきっかけとして「数字」を利用しましょうってスタンスなのです。何度も言いますが、答えはその人の中にあるのであって、外側から与えられるものではありません。

 そして今日、宝満山に登っている時、「数字」に関する秘密がどんどんと解明されて来たのです。明日もまた宝満山に登って、その辺のことをもう少し明確にしてきたいと思っています。そう考えると、やっぱり私は「数字」にそもそも縁があったみたいです。ただ、私の場合はその「数字」に「音(和声)」を組み合わせることで、より明快な「言霊(メッセージ)」を導きだしています。これが「数霊」×「音霊」=「言霊」っていう、独自理論なのです。

 「音霊」に関しては、実際のその数字に関する「和音」を鳴らしてみて、そこから得られるインスピレーションをメッセージへと転化するわけです。そしてこれがまた驚くほどピッタリくるのです。てなわけで、12月12日までに残りの4~12、0について、まずはその概要だけでも公開できればと思っています。

 それでは明日も早いのでこの辺で。ありがとうございました。 

クリックして頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング


【東京】12月18日(土):石田久二トークライブセミナー~開運を科学する!~

【札幌】12月19(日):願望実現1dayNLPセミナー(spiritual NLP)

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
Commented at 2010-12-05 08:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by katamich | 2010-12-04 23:39 | ■精神世界 | Comments(1)