精進させて頂きます・・ 2010.11.29

 2日目のセミナー終了。本日は男女それぞれ4名ずつの計8名。男性はなんと全員が経営者の方でした。最近、男性比率が高まると共に、経営者の方が多くなりつつあります。一般のサラリーマンの場合、とりあえず上には社長や上司がいるので、最終的な責任や拠り所はあるわけですが、経営者やフリーランスとなると、そういうわけにはいきません。やはり最終的には「目に見えない世界」の存在を感じずには、経営者・起業家として成功するのは難しいと感じています。

 例えば経営者の類の人ってのは、いわゆる「スピリチュアルテクニック」のようなことが意外と好きな人が多いです。パワーグッズをいくつも持っていたり、定期的にパワースポットも訪れたりして、目に見えない力を吸収するわけです。そう言えば9月にQ州ツアーに行った時、知る人ぞ知る「輪葉葉」という工房まで、「招き猫」を求めに行きました。これは一日30人体くらいしか出荷しないところ、連日100名以上の人たちが押し掛けるため、毎回抽選となってしまいます。私は3回行って、まだ一度も当たったことがありません。

 で、9月のQ州ツアーのことですが、関東から来られたある経営者の方が見事にゲットしました。その方は今日のセミナーにも参加されたのですが、聞いてみると、、、なんとも売り上げがうなぎ上りなんだそうです。それもQ州ツアーから帰った瞬間から。これは3日間でパワースポットを周ったご利益からか、もしくは「招き猫」の効果なのか。とにかくも、、、そんな話を聞くとやっぱり「招き猫」はゲットしに行かねばなりません。近々また行こうと思います。

 ・・・てな話を最初の自己紹介の時に聞いて、その辺の話を導入にセミナーに突入します。内容は昨日と同じではありますが、細かい部分がところどころ違ってきます。例えば今日はあるワークをする際、ヘミシンクを流しながら般若心経と光明真言を唱えたりなど、より「密教」っぽさを演出したりして。もちろん昨日やって今日やらなかったこともあるし、実際、同じ内容を扱ってもいつも違うアウトプットになってしまいます。

 と言いながらも、一貫して私がお伝えしたいことは一つ。それは「目に見えない世界を身近に」ってことかもしれません。その「目に見えない世界」のことを、ここでは「無意識」と呼んでいます。それは前も書いたように「あの世=無意識」でもいいです。さらにはハイヤーセルフなど、より高次元の存在を想定してもいいです。とにかくも、とことん「無意識」と仲良くなることが、よりよい人生を歩む必須課題だと思うのです。

 例えば昨日も書いたことですが、「願望」が叶わない理由とは、「潜在意識(無意識)」がそれにブレーキをかけているからに他なりません。言い換えると、「意識(願望)」と「潜在意識」とが良好にコミュニケーションを取っていないことです。例えばこんな感じ。

 まず「口(言葉)」では「恋人が欲しい」と願望を言いながらも、言ってるそばから表情が険しくなるなど。その表情はつまり「無意識」の現れです。セミナーのワークの中でも、例えば「一年後にその願望が叶ったかのように、それを報告してみてください」と言うことがあります。そんな時、「月収が100万円突破しました」と言いながら、顔の表情がかなり険しくなったり、口調が棒読みになったり、さらには身体が緊張したりなど無意識に反応してしまいます。これが「意識」と「無意識」の不調和と言うわけです。

 他の例でいれば、例えば「今朝は何を食べましたが?」と質問したとします。その時、「パンです」と普通に答えたとしましょう。その時、表情が険しくなることがあるでしょうか。普通はないです。つまり「パンです(意識)」と、その口調や表情(無意識)との間に、何のギャップもない。これを「意識」と「無意識」の良好なコミュニケーションと言うわけです。

 ですので、「願望実現」の糸口としてはまずは私たちが普段、無意識に出している表情、口調、身体などを意識的に「願望実現状態」にすればいいわけです。最初はいろんな抵抗があると思いますが、何度もやってると慣れてきます。本当に。私などはこれでこの5年間生きてきたようなものですから。例えば収入をアップする時などは、車の中で大講演会ですよ。「いや~おかげさまで今月は7ケタを突破しまして・・・」なんて話を、さも大勢の前で講演してるかのようにしゃべりまくるんです。最初はうまくしゃべれないのですが、何度もやっていると慣れてきて上手になります。そしてその「講演会」が板についてきた頃に、現実もその通りになってしまうんです。実に簡単でしょ。願望実現なんて。

 そのようにして「意識」と「無意識」を調和(同調)させると願望実現はどんどん加速してきます。ま、そんな話もするわけですが、私が最終的にセミナーでお伝えしたいことが、まさに「本当の自分」の見つけ方です。何度も言うように、「本当の自分」とはなかなか意識することができず、場所的に言えば「無意識」の奥底に潜んでいます。通常は「意識」や「潜在意識」が、「本当の自分」に到達するまでの道を塞いでいて、なかなか出会えないわけですが、ある瞬間、ストンと出会える、または常日頃出会っていることに気づくことができる。そして「本当の自分」に出会うことができれば、、、そこで初めて本当の人生がスタートするわけです。

 そのことをブログやセミナー等で一生懸命にお伝えしているのが、今の私の主たる活動となっています。ところで今日のセミナーでのこと。守秘義務がありますので、細かい点は言えませんが、個人的にすごく身の引き締まる出来事がありました。当然のことながら、セミナー参加者にはいろんな方がいらっしゃいます。もちろん遊び半分な方はいませんが、中には苦しい台所事情を絞り切って、時間と参加費を工面されて来られる方もいらっしゃいます。

 そしてこれから活動を続けていく中で、決死の覚悟をして来られる方も増えてくるかと思われます。もちろん依存関係を作るのは大反対ですが、私の「義務」として、そのような方々の期待に最大限に応えることが課せられています。端的に言えば「参加者の収入を思い通りに伸ばす」ってことがわかりやすいと思います。もしもそのような期待があれば、どうすればその一人ひとりの方の期待を満足に充足することができるのか。そのことだけをいつも考えているわけですが、今日のセミナーも、まさにそのような緊張感がふいに走る、まるで喉元に短刀を突き付けられるような瞬間が何度かありました。

 そしてセミナーの終盤。私は人知れず神に祈りました。「どうすれば参加者を本当の意味で幸せにすることができるのか・・」と。その一つとして、まずは誘導瞑想の際、「般若心経を唱えよ」などといかにも怪しげなメッセージがやってきたのでその通りにしました。セミナー中の誘導瞑想で般若心経は初めての体験です。そして最後の最後のワークにて、、、とても感動的なことが起こりました。会場にいる私を含む9名が瞬時に「ひとつ」になるような。それはある参加者の言葉として出てきました。それを聞いて、私は一瞬、言葉が詰まり、ふいに涙が出そうになりました。

 時間はちょうど5時。バタバタと会場の後片付けをして、他の方に遅れてエレベーターが来るのを待ちます。その時、一緒に待っていた一人の男性参加者の方からも言われました。「最後の一言は感動しましたね」、と。

 セミナーってのは毎回何が起こるかわからないものです。でも、いつも何がしかの「神」が降りてくる。その瞬間を意図的に仕組むことはできない。でも、ただただ、私ができることを全身全霊でぶつけるだけ。その結果、何かが起こる。それをあえて「神」と呼ぶことができるかもしれないけど、まさに一人ひとりが「本当の自分」を見つける、そのきっかけがそこで降ってくるのだと思っています。

 セミナーにはいろんな方が、いろんな思いを持って参加される。それだけ真剣な場であり、いつかセミナー中に絶命してもいいくらいの、、、そんな存在として、これからも精進させて頂きたいと思った次第です。
b0002156_017227.jpg

 そしてその後は7名で懇親会に。そこでは思わず「あれ」をやってしまいました。いわゆる極意編ってやつで、隣に座っていた方が「それはヤバイっすよ!」と言わしめる、久々のパフォーマンスでした。それ以外にもいろんな語りが入り、最後まで楽しく充実したひと時でした。来月も東京に来ますが、今度は12月18日の「トークライブ」にて。その翌日は札幌で今年の最後を締めくくります。

 てなわけで、今回もとても心に残る充実した出張となりました。これからもますます精進させて頂きたいと思います。ありがとうございました。


クリックが本当に心からの励ましとなっています。。。
↓ ↓

人気blogランキング


【東京】12月18日(土):トークライブ(内容未定)

【札幌】12月19(日):願望実現1dayNLPセミナー(spiritual NLP)

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
Commented by 無念無想無我無心 at 2010-11-30 10:10 x
Qさん、みなさん こんにちは!


「本当の自分」探しは、多くの人がやっているようです。


ところが、「本当の自分」は自分自身であることに気がつかずに、「本当の自分」はどこですかと探し回っているのですから、見つかるわけはないし、こっけいでもありますよね。

でも、その真実に気がついたときが、「悟り」であり「目覚め」のときなんですよね。
Commented by くれよん at 2010-11-30 12:19 x
色々な書店でなかった「からだにいいこと」。帰宅時、信号が赤になったので、寒さよけに入ったスーパーのマガジンラックにありました!びっくり!読者カードも書きますよ!わかりやすくて、すごくいい記事でした。これでまたまたQさんテクの臨時収入かな?いつもありがとうございます。
by katamich | 2010-11-29 23:39 | ■セミナー・研修・講演 | Comments(2)