宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

くどいチャネリングでごめんなさい 2010.11.25

 今日は昼から図書館に本を返しに行って、その後、税務署に行きました。所得税支払いの手続きでね。来年5月の決算期に地方税と法人税の支払いはあるのですが、それ以前に私自身は設立した会社から給料をもらっている身ですので、その分の所得税を支払うという、当たり前のことをせねばなりません。法人化以前は確定申告時に個人所得税を払えばよかったのが、今では会社の法人税と個人の所得税を別々に支払わなきゃならんのです。今さらながら、「社会」とつながっている実感も持つ今日この頃です。

 ところで2~3日前に、外を散歩している時、突然、声が聞こえてきました。その一瞬でとても面白いことがわかりましたので、今から書こうと思います。とりあえず3日連続ですが、この図から。
b0002156_2123372.jpg

 もう一度おさらいしますね。つまり、

意識=この世=結果の世界
無意識=あの世=原因の世界


となるのですが、これ以降、久々に「itness」さんにご登場願おうと思います。チャネリングっぽく書くと、いかにもスピリチュアルブログっぽい感じしますしね。ちなみに「itness」ってのは、私のハイヤーセルフと言うか、宇宙とつながった時に出てこられるメッセーンジャーとでも言えましょうか。それっぽい名前などもなく、まさに「それ(it)」としか言いようのない存在ですので、そこに名詞化の「ness」が付いて「itness」となったのです。さて今から対話してみたいと思います。どんな話が登場することやら、自分でもよくわかりません。


-------

Q:数週間前に、ちょうど滝行の直後だったか、itnessさんから上の図を教えてもらいましたよね。セミナーでも使わせてもらってますし、ブログの読者さんの反響も小さくないです。
 
Itness:まあね。




Q:特に面白いと思ったのが、あの図は何だか「海」のように見えるってこと。つまり、水面上の「意識」が「波」で、水面下の「無意識」が「海中」に見えるんです。普段、私たちは表面の波を見て「海」だと思うのだけど、当然のことながら、その下の海中があってこその波ですもんね。
 
Itness:そう。波が海中の動きから生じるように、「意識」も「無意識」から生じるものだからね。つまり、キミらが見てる世界ってのは、「意識」で見た世界に過ぎないのだけど、本当の世界ってのは、その下の「無意識」にあるんだよ。いいよね。




Q:はい。つまり、現実世界ってのは、水面下の目に見えない「無意識」の反映であって、もしも目の前の現実を変えたいのであれば、「無意識」にアプローチするしかないってことですよね。ようは、願望を実現することについても、いかに「無意識」の世界を思い通りに書き換えるかってことにかかってるんですよね。
 
Itness:まあ、書き換えるって言い方が気に食わないけど、大方そういうことにしとくか。で、キミたちが生きている現実世界のことを、一応は「この世」と呼んで、その原因となる無意識の世界のことを「あの世」って呼んでる。そこまでは昨日もブログに書いてるみたいね。


 

Q:はい。一応、itnessさんに教えてもらった通りに書いただけですので。ただ、その辺の仕組みはわかったのですが、じゃあ、どうすれば肝心の「あの世」にアプローチできるんですか。やっぱ瞑想ですかね。またはヘミシンクを聞くとかも?
 
Itness:いやまあ、それはそれで否定はせんけど、すぐにそうやってテクニックに走るのが、キミの悪いとこだよ。もちろんそれはキミだけじゃなくって、何かと小手先のテクニックに走りたがるのも、ま、わからんでもないけど。でもそうやってテクニックにばかり気を取られるってのは、波をじゃぶじゃぶかき混ぜてるだけで、こっちから見たら、なんだか溺れてるようにしか見えないんだよね。そうやってどんどんと無意識の餌食になって右往左往してるって感じ。




Q:やっぱりそうですか。。。でも、つい新しい情報が来たら飛びついてしまうんですよね。何だか新しい方法がよさそうに見えて。ホオポノポノもそうだったけど、確かに最初は新鮮で飛びついちゃうんだけど、結局、飽きちゃって次のテクニックを探し求めてしまうんです。それって、やっぱり波をじゃぶじゃぶやって、溺れてるって感じに見えるんですかね。 

Itness:ま、キミだけじゃなくて、ほんと、溺れてる人多いよ。見てたら。




Q:じゃあ、どうやったら溺れずにアプローチできるんですか。それが知りたいんです。
 
Itness:結局、そうやって知ろう知ろうとして、また新しいテクニックを求めてないかい? だからいつまでたっても溺れっぱなしなんだよね。




Q:いやまあ、確かにそうなんですが。。。でも、これで最後!一生のお願いですので、溺れない方法をどうか教えてくれませんか!!
 
Itness:そうかい。じゃあ教えるよ。まず、家から一番近所の神社に行って、何でもいいから石ころを拾っといで。で、その石ころをね、ハンマーで砕いて粉々にするの。粉々の砂になったらその10倍のお塩に混ぜて、これからはその砂入りの塩で料理の味付けをするようにすればいいよ。すると神社の神聖な波動が体内に浸透して、ちょうどその塩がなくなった頃には神と一体化できるから。




Q:え!!マジッすか!
 
Itness:もちろん、ウソ。今、テキトーに考えたデタラメ。




Q:え・・・ひどいじゃないですか。ウソつくなんて。
 
Itness:別に今始まったことじゃなくて、世の中ウソだらけだよ。そんなウソにまんまとひっかかるもんだから、いつまでたっても溺れちゃうわけね。




Q:だ!か!ら! 溺れない方法を教えてくださいって言ってるじゃないですか!
 
Itness:あれ?逆ギレ?




Q:別にキレてないっすよ!でも、ウソつかれたら誰だって腹立ちますでしょ!
 
Itness:やっぱ、キレてるじゃん。。。もう一度言うけどね、世の中ってウソだらけだよ。砂の塩で神と一体化できるなんて話以前に、そもそもキミたちが見てる世界それ自体がすでに「ウソ」だからね。



Q:どういうことですか?
 
Itness:つまりね、キミたちは常に「意識」という「幻想」の中に生きているわけ。例えば今、逆ギレしたよね。なんでキレたの?




Q:そりゃ、itnessさんがウソついたからです。こっちが真面目にきいてるのに。
 
Itness:つまり、キミはウソつかれたことに腹立ってるのね。ウソが嫌いなの?




Q:嫌いですよ。そんなん、ウソつかれて腹立てない人なんていないでしょ!
 
Itness:そう? 実はさっきの砂の塩の話。てっきりさあ、「なわけね~だろ!」って即座にツッコミが入ると思ってたのにね。そうやってツッコミ入れてくれれば、それで笑いになるところだったのに、なんとキミは腹立ててるんだもんね。それこそお笑い草だよ。




Q:それとこれとは話が別でしょ。こっちは真面目に聞いてるのに、ウソつかれたから怒ったわけで、別に今は笑いを求めてないっての!
 
Itness:でもさあ、キミは笑うのと怒るのとどっちが好き?




Q:そりゃ笑う方に決まってるでしょ!
 
Itness:でも、さっき怒ったよね? 笑うのが好きなのに、なんで怒ったの?




Q:それはウソついたから。。。
 
Itness:うっとうしいね、キミは。ようするに言わんとしてることはね、世の中には「砂の塩」の話を聞いて、ツッコンで笑いにする人もいれば、キミみたいに本気になって腹立てる人もいるってこと。つまりね、同じ「砂の塩」なのに、笑う人と、怒る人がいるってさあ、それってどうよと思うわけで。




Q:なにが、どうよですか?
 
Itness:つまりね、同じ「砂の塩」でも、聞く角度が違うだけで、それは「笑い」にも「怒り」にもなる。じゃあ、真実はどっちってこと。どっちが正しいの? さあ、答えよ。




Q:いや、私からすると「怒り」が正しいけど、確かに「笑い」にする人もいるでしょうね。
 
Itness:だから、どっちが正しいの? 私とか他の人とかじゃなくて、どっちが正しいのって!




Q:どっちも正しいと言えば正しいし、正しくないと言えば正しくないです。
 
Itness:でしょ。ようするにどっちでもないってこと。そんなのが果たして「真実」だと言えるの?




Q:いや、そうですね。。。
 
Itness:つまりね、これは「砂の塩」の話に限らず、世の中には「真実」なんて何一つないの。今、北朝鮮と韓国がもめてるし、こないだも日本と中国が何やらいざこざしてたでしょ。北朝鮮の真実と韓国の真実が違うからいざこざが起こるわけで、そもそも両方にとっての真実なんて存在しないんじゃないの。もうね、世の中って全部そうだよ。だから、さっきも「世の中ウソだらけ」って言ったの。




Q:ま、確かに言われてみれば。。。
 
Itness:ただね、、、確かに世の中には「真実」なんて何一つないのだけど、本当はあるんですよ。どんな理屈も通用しない真実がね。




Q:それはなんですか!!
 
Itness:それはね、、、潜ってみなきゃわからない。




Q:え!あ、そうだ。そもそもどうやって潜ればいいのかって話でしたよね。いろいろ変な理屈言うから、話がわからなくなってきましたよ。
 
Itness:つまりもう一度言うけどね、世の中は確かにウソだらけ。ただ、ここでの「世の中」ってのは「この世」のことで、キミたちが生きている現実世界はすべてウソ、つまり「幻想」で成り立ってるわけ。その「幻想」から覚めるには、そう、潜るしかないのね。




Q:だから、どうすれば潜れるのって!
 
Itness:そろそろ言うかね。どうすれば潜れるのか。それはね、、、潜ろうと思わないこと。




Q:どういうころですか?
 
Itness:キミはもしかしたら、潜った先に何かあると思ってない?




Q:真実があると思ってます。
 
Itness:そんなものないよ。




Q:え!でも今言ったじゃないですか! 潜ってみなきゃ「真実」はわからないって!
 
Itness:確かに言ったね。でも、キミが探し求めてるような「真実」なんてないよ。少なくとも。ああ、潜りたい!真実を知りたい!そうやってもがいているうちは、いつまでもたっても溺れっぱなし。いいかな。もう一度言うけど、潜りたいのであれば、潜ろうと思わないこと。そして真実を知りたいのであれば、知りたいと思わないこと。これが答えです。




Q:なんか言ってること矛盾してませんか? 例えば私はご飯を食べる時、食べたいと思わないと食べられないし、生活のためのお金だって、得たいと思わないと、得られないでしょ。意図することは大切だと思います。
 
Itness:確かに正論。立派なこと言うね。でも、本当のこと言うとね、実は食べたいと思っているうちは食べられないし、お金が欲しいと思っているうちは得られないってのが「あの世」の道理。つまり「無意識」の世界では、すべて逆転現象が起こっていて、確かに「この世」から見ると矛盾だらけかもしれない。でも、その「矛盾」を受け入れるところに、進むべき道があるんだよ。




Q:矛盾を受け入れること、、、ですか?
 
Itness:そう。受け入れること。そもそも「潜りたい」って、受け入れてること? つまりね、「~したい」って思ってるってことは、その前提として「~がない」ってのがあるでしょ。そして「ないから、、、ほしい」と思うのでしょ。それって、本当に受け入れてるの?




Q:確かに「ない」を受け入れてないから、「~したい」とか「ほしい」ってなるんですよね。
 
Itness:そう。そろそろわかってきたと思うけど、潜りたいのであれば、潜ろうと思わない。真実を知りたいのなら、知ろうと思わない。矛盾してるように思うかもしれないけど、その「矛盾」そのものを受け入れた時、、、もしかしたらもしかするかもね。




Q:なんかよくわかんないけど、つまりすべてを受け入れろってことですか? 成り行き任せってことですか?
 
Itness:いやいやいや。すべてを受け入れることと、成り行き任せは全然違うよ。




Q:何が違うんですか?
 
Itness:説明しなきゃわからない?? 例えば、向こうからボールが飛んできたけど、そのまま何もしなければ顔面にぶつかるところまで来ている。その時どうする?




Q: よけます。
 
Itness: だよね。じゃあ、ボールがきてることに気づかないで、顔面にぶつかってしまったらどうする?




Q: 怒ります。
 
Itness: 怒ってどうなるの?




Q: どうにもならないけど、怒ります。
 
Itness: でも、キミ、笑うの好きって言ったよね?




Q: 言ったけど、ボールをぶつけられたら怒ります。
 
Itness: でも、相手は悪気ないし、単なるアクシデントでも怒る? しかも謝ってるよ。




Q: 謝ってきたら許すけど、とりあえず痛いし、腹は立つと思います。
 
Itness: でも、笑うのが好きなキミは、腹立ててる分、人生において損を被ってるよね。腹立てて痛みがひくとかなら、大いに腹立てていいけど、痛みひかないよね。痛みはひかないは、腹は立つはで、それで本当にいいの? 小一時間問い詰めたいけど。




Q: ようは、それも受け入れろってことなんでしょ!
 
Itness: そうだよ。でもね、もし痛みがひかないようなら、冷やすとか、病院に行くとかはしないとね。成り行き任せでほっといてもよくないから。




Q: はい。
 
Itness: でね、ここから重要なの。さあ、今からいよいよ「無意識」の世界に潜って行こうと思うけど、どうする?




Q: もちろん行きますとも。
 
Itness: でも、ブログの字数制限がもうすぐだから、また明日にするね。じゃ、また!


-------


 すいません。長くなっちゃって。実はここからが本題なんですが、前置きが長くなってしまいました。いよいよここから「無意識」の世界へとダイビングします。そして「真実」とはいかに。

 そのキーとなるのが、ある「マントラ」と「数字の秘密」なんですが、おそらく今から書く話は本邦初公開、、、と思います。が、何か書くと、いつも「それは誰それが言ってるあれですね」って意見がくるので、初公開とまでは言いませんが、とりあえずitnessさんから直接教えてもらったことを書こうと思います。

 ただ、明日は東京に移動なので、書けるかどうか。明日の晩はジャズに行こうと思ってるわけだし。ま、そのうちには書きますので、明日になるか、週明けになるかわかりませんが、今しばらくお待ちくださいね。そして週末のセミナーも若干の席がありますので、そっちもお待ちしております。それでは今日はこの辺で。あいりがとうございました。

クリックするとitnessさんが調子よく出てくるらしいです。
↓ ↓

人気blogランキング


【東京】11月27日(土)・28日(日):願望実現1dayNLPセミナー(spiritual NLP)

【東京】12月18日(土):トークライブ(内容未定)

【札幌】12月19(日):願望実現1dayNLPセミナー(spiritual NLP)

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-11-25 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン