宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

ハイヤーセルフとの交信 2010.10.4

-人生を変える100日ブログ(65日目)-  (○×計画4 5/5) 

 最近、毎日の楽しみが一つ増えてハッピーです。すっかりハマってしまったヘミシンクですね。もう、何度も言いますが、あれは単なるヒーリングミュージックですので、そこんとこどうぞヨロシク。ただ、巷のとちょっと違うところが、きちんと研究されてるところ。左右のヘルツをずらすことで、意図的に脳波を変えるってシステム。

 その辺は禅でも瞑想でも滝行でも可能なんですが、科学的に作り出すってとこがアメリカチックですよね。ただ、すべてに共通するのが「リラックス」ですので、瞑想しても滝打たれてもヘミシンク聞いても、リラックスできない人はほとんど効果がないってことは強調しときたいと思います。

 結局のところ、私が初ヘミシンクでインナーチャイルドと出会えたのは、これまで禅や滝行でリラックスモードに入る習慣があったから。今日の滝行なんかもめちゃくちゃ気持ちよかったのですが、あれはリラックスして入らないと、まともに頭痛くなりますから。

 とにかく毎日、ヘミシンクを聞くのが楽しみでしょうがない。滝行と同じくらい楽しみ。今日は何が出てくるかな、、、ワクワクワクワク・・・って感じでイヤホンしますからね。本当はいいヘッドフォンで聞くのが効果的らしいのですが、とりあえずの間に合わせでその辺にあるイヤホンで聞いてても、かなりいい感じなんです。私の場合。ま、そのうちヘッドフォンを買おうとは思っていますけど。

 それでですね、、、今日、受け取ったメッセージはこれ。実は今月の大阪・名古屋のセミナーですが、テーマは「願望実現」のままですが、内容をかなり変えてしまいました。すでに申込みの方には許可を得ていませんが、何倍も素晴らしいコンテンツになりますので、ぶっちゃけ、お値段据え置きでバージョンアップと思って頂いて結構です。はい。

 このコンテンツ見るとですね、自分でも惚れ惚れするほど素晴らしいこと書いてるじゃないですか。例えば「願望実現に直結する瞑想法」なんてのは、NLPと瞑想が見事に結びついてしまって。瞑想って、これまで埋め込まれた「アンカー」を除去する行為なんだって。

 詳しくはフライヤーを読んで頂きたいと思いますが、一気に書いたのでちょっとだけ補足。「アンカー(アンカリング)」ってのはNLPの代表的なタームで、私たちの潜在意識に埋め込まれているプログラミングと思ってください。例えば梅干を想像すると涎が出ますが、これもアンカリングです。犬嫌いの人は子犬を見ただけでゾクッとするでしょうが、これもアンカリング。逆に好きな音楽聞いたら幸せな気分になれるってのもアンカリング。

 つまり特定の「入力」と特定の「出力」が強いインパクトや繰り返しによって強固に結びつく状態をアンカリングって言うのです。NLPではそれを意図的に作り出したり消したりするのですが、それ以前に私たちには無数のアンカーが埋め込まれています。

 このアンカーは時として願望実現の妨げになることだってあるんです。例えば私はダイエットをしたいと思っています。しかし「コンビニ」という入力に対して、「菓子パン」という出力が結びついてしまって、コンビニに入るとほとんど無意識的に菓子パンを買ってしまうのです。これも一種のアンカーです。おかしな話ですが、この手のことって結構あるでしょ。つまりこのケースで言うと、「アンカー」によってダイエットって願望が妨げられてるんです。

 そこで「瞑想」なんですが、実はこのアンカーを制御する働きがあると、今日、気づかされたのです。素晴らしいでしょ。私の例で言うと、「コンビニ⇔菓子パン」のアンカーに支配されてると、蟻地獄のようにパンを食いまくってしまいます。それを防ぐには、「コンビニ⇔菓子パン」の「系(システム・ボックス)」から外に出ることが必要。そこで外に出て傍観する。これを「瞑想」って言うのです。自らの無意識の反応をありのままに見る。ただそれだけ。専門的に言うと「4Ti」から「4Te」に抜け出ること。アンカーから自由になること。詳しくはセミナーでね。

 
 それから端折って言いますが、ついに私もこれに着手するようになってしまいました。それは、

「ハイヤーセルフ(ガイド)とつながる方法」

です。自分でもビックリなんです。ピヨピヨ系スピヲタを揶揄しまくっていた私が、ついに「ハイヤーセルフ」ですよ!奥さん!

 でも誤解を恐れずに言います。

ハイヤーセルフのメッセージに耳を貸さずに願望実現しようなんて無謀だってこと!

 言ってしまいました。ついに。なぜついに言ってしまったのかと言うと、これまた誤解を恐れずに言うと、、、この3日ほど、毎日、ハイヤーセルフさんがやってくるのです。あ、また言っちゃったー!

 そもそもハイヤーセルフって何かって話ですが、もう、奥ゆかしいと言うか、あんなに奥にいらっしゃるんですよ。ほんと。フライヤーでも書いたと通り、私たちの意識階層ってのは、

「顕在意識」→「潜在意識」→「超意識」

って具合になってて、通常、私たちが「意識」してるのが「顕在意識」です。別名、思考や言葉とも言います。一方、言語化以前の無意識的なプログラムのことを「潜在意識」と言います。赤ちゃんの場合、「顕在意識」は発達していませんが、生まれた時から「潜在意識」へのプログラミングが始まっています。別の言い方をすれば、「アンカリング」が開始されてるんです。

 以前、ちびQは風呂に入る前、小さな台の上で服を脱がせてたのですが、その時、足をバタバタさせて台にぶつけたことがありました。ちょっと痛いを思いを何度かしたのですが、ある時、その台の上では足をバタバタしなくなりました。つまり「風呂に入る前の台⇔痛い」というアンカリング(条件付け)がなされたわけですね。

 ま、赤ちゃんの場合は「顕在意識」も発達しておらず、「潜在意識」のプログラミング(アンカリング)もさほどなされてないので、「超意識」の領域を中心に行動しているのですが、成長するにつれて「潜在意識」の壁がどんどん厚くなって、「超意識」がどんどん遠くなるわけです。

 そして言うまでもなく「超意識」とは「ハイヤーセルフ」と同義です。しばしば「超意識」のことを「火事場のクソ力」に喩えられることがありますが、これはまさに咄嗟のことで「潜在意識」のプログラムが作動せずに、直接、「超意識」が顔を出した瞬間のことです。つまり「超意識(ハイヤーセルフ)」は絶対的に守ってくれる存在。最後の最後には必ず導いてくれる存在。

 であるにも関わらず、私たちの「潜在意識」や「顕在意識」(合わせて「自我」)があまりにも厚くなって、「超意識」からのメッセージが届かなくなってしまうんです。具体的に例示しますと、例えば、突然、「○○さんに会わなければ」と直感したとします。または○○さんに関するシンクロニシティが続いたとします。これはほとんど「超意識(ハイヤーセルフ)」からのメッセージなんですが、「自我」が登場して、「会って何のメリットがあるんだろう」なんて余計なことを考えてしまいます。

 昨日も書いたと思いますが、シュタイナーの言うように「運命は出会いまで」です。ここでの「運命」がまさにハイヤーセルフからのメッセージであり、その通りにするかしないかはその人の意思ひとつ。いくらハイヤーセルフが言ってるからと言って、言うことを聞くか聞かないかの選択肢はあるんですよ。

 そして、言うことをずっと聞かないでいればどうなるか。これまた誤解を恐れず言うと、、、場合によっては「○」を取られますよ。「○」はちょっと書きたくないので伏字にしますが、想像してください。それで正解です。まさにね、、、ハイヤーセルフも愛想を尽かすんです。

 ではなぜに私がそんなことを知っているのか。昨日、私のハイヤーセルフがそう言ってたから。「オマエは言うことを聞かないなあ」、と。それでも比較的聞いてる方ではあるけどな、、、なんてフォローもして頂いて。これねえ、雲黒斎さんのように会話形式でおもしろおかしく書ければわかりやすいのでしょうが、私にはそんな才能がないのでストレートに書きますが。

 確かに今まで「直感」や「シンクロ」に従って素直に行動したことって、ものすごい結果につながっていますが、面倒くさがることも多いので、やらなかったりすると、やっぱりうまくいかない。もちろんその辺もすべて決まっているって議論はあり、私もそう思うのですが、その話はちょっと置いときます。

 もう一度言いますが、ハイヤーセルフの言うことを聞かないで「願望実現」しようなんて無謀過ぎます。でもきちんと言うことを聞けば、きちんと導いてくれますから。では、どうすればハイヤーセルフの声が聞こえるようになるのか。

 それがまさに「リラックス」なのです。な~んだ、、、と思うかもしれませんが、これ、実はめちゃくちゃ深い話なんですよ。先ほど「瞑想」はあらゆる「アンカリング」を除去する行為だと言いました。アンカリングってのは、昨日の話で言うと「筋肉のコリ」のことです。

 例えば嫌な上司の顔を思い浮かべると、実際にそこにいなくても、胃が痛くなったりするでしょ。それがまさにアンカリング。「上司の顔(または上司に似た顔)」という入力に対して「胃が痛い」って出力が結びついている。それが「コリ」なのです。

 では、こんな時、どうすれば胃が痛くなくなるのか。一番手っ取り早いのが深呼吸です。新鮮な空気を思いっきり吸って、胃の痛さを吐く息で外に出す。これでかなり軽減され、「コリ」がほぐれます。そして「リラックス」とは身体の「コリ」を究極、ゼロにすること。その手法の一つが瞑想であったり、滝行であったり、ヘミシンク出会ったりするのでしょうが、方法論はなんだっていいです。肝心なのは最初から最後までリラックスですから。

 もうね、本当に真冬の滝を体験して欲しいものです。息を吐く時には、滝がきつくないですから。そう。リラックスは息を吐く際に起ること。とにかく吐く。般若心経などマントラと一緒でもいいから、息を出すこと。これがリラックスの秘訣です。

 そして究極までリラックスできたらどうなるか。「潜在意識」の「コリ」が取れ、「超意識」とのパイプが通るのです。もう一度、意識の三階層で説明しますと、

「顕在意識」→「潜在意識」→「超意識」

のつながりにおいて、「顕在意識(又は前頭葉)」と「超意識(ハイヤーセルフ)」との間のパイプが「潜在意識」であって、そこに「コリ」があるってのは、パイプが詰まっていること。そこでその「コリ」を呼吸などで取ってあげると、パイプの掃除ができちゃうわけです。そこで初めてハイヤーセルフからのメッセージを受け取ることができるんです。

 ついでに言うと、昨日も書いたように「潜在意識」とは「身体(筋肉)」のことでしたよね。「潜在意識」の「コリ」は実は文字通りのことであって、本当の凝り疾病によって身体に現れることがあるんです。そこでそのコリを物理的なマッサージでほぐすとどうなるか。それでもパイプの掃除になるんです。ただし、優れたマッサージ師に限りますよ。ちなみに今のところ、先日のQ州ツアーに参加されて、私にヘミシンクを勧めてくれたMaoさん以上に優れたマッサージを受けたことがありません。彼のマッサージはハイヤーセルフとつながりますよ、、と言っても大袈裟な話ではないのです。はい。

 ま、今日もいろいろ書きましたが、まだまだ書き足りない。それほど今、ハイヤーセルフから受け取っているメッセージが膨大ってこと。明日も続きますよ。ハイヤーセルフとの交信録は。いや~それにしても今、すごいことが起こっています。ありがとうございます。

 明日はもう少し詳しく、ハイヤーセルフとのつながり方について書きましょうかね。でも、よかったら私のセミナーにも来てくださいね。ご興味がございましたら。懇親会も含めて、めちゃくちゃすごい話をさせて頂きますのでね。さあ、今日も○×計画は100%ってことで、まだ時間があるのでヘミシンク聞いてから寝るとします。ありがとうございました。

クリック頂くとスピ系記事が増えそうです・・・
↓   ↓

人気blogランキング


【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋


【参加します】
10月12日(月):福岡「著名・偉人・経営者500人」集会!


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-10-04 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン