天命につながる 2010.9.9

-人生を変える100日ブログ(40日目)- 

 7日滝行も6日目。滝の中で般若心経21巻を唱えているため、いつもより体力(エネルギー)の消耗が激しい気がします。家に着くと猛烈に眠くなるんですよね。ところで今日は夜の10時半から「第六回宇宙となかよしUSTセミナー」をやりました。テーマは「天命」について。と言いながら、特に何を話そうか決めてなく、私の「無意識」を信頼して話始めました。約一時間ほどお話させて頂きましたが、自分でもかなりいいことを言ってたんじゃないかと思っています。

 結論だけ切り取ると、拙著にも書いたとおり、「天命とは他人を幸せにするあり方」となるのでしょうが、そこに行きつくまでのプロセスは、今日話してみて、初めて自分なりにしっくりきたような。確かにそうなんですよね。「天命」とは「~のために」のあり方。その辺はNLPのニューロロジカルレベルでも説明できるわけで、話だけでわかり難かった人のためにちょっと解説。
b0002156_16194441.jpg

 この5段階ないし6段階のレベルは人間そのものだと言えます。まず「環境レベル」では、時と場所に制限された私たち。「行動レベル」では、何をするかに規定された私たち。「能力レベル」では、まさに能力によって表現される私たち。「信念・価値観レベル」では、思考や思い込みによって限定される私たち。そして「アイデンティティレベル」になると、まさに私たちそのものと言えるわけです。

 この図の通り、ピラミッドの上に行くほど面積も狭くなり、同時に目に見えない概念となっていくわけです。「環境」は見えますが、「信念・価値観」や「アイデンティティ」なんて見えませんものね。ですが、さらにその先に行くと、ピラミッドの頂点に行きつくわけです。これがまさに「本当の自分」です。

 「アイデンティティ」と「本当の自分」の違いは、「アイデンティティ」は変わる可能性はあるけど、「本当の自分」はその可能性はないという点。私は今、「父親」というアイデンティティを持っていますが、一年半前にはなかったもの。もっと言うと、「アイデンティティ」でさえも「記憶」や「内的世界」によって作られた幻想なのかもしれません。

 それに対して、ピラミッドの頂点たる「本当の自分」は唯一絶対のリアルな存在。まさに「父母未生以前に於ける本来の面目」と言える様な、永遠に変わることのないリアルな自分。しかし、この図を見てもらえばわかる通り、「本当の自分」とは単なる「点」に過ぎません。「点」とはユークリッド的に言うと、「位置があるけど面積その他のない概念」となります。つまり「概念」はあるのだけど、実体はない。それが「本当の自分」の姿と言えるでしょう。

 これは玉ねぎの皮むきにも似ています。ここで玉ねぎの皮をむくとは、ニューロロジカルレベルでいう「環境」から「アイデンティティ」までの「皮」をむいていくことと同義。便宜的に言うと、

・福岡在住のフリーランスでいる私・・・環境
・セミナーや講演をしている私・・・行動
・プレゼン能力のある私・・・能力
・自分はいい話をしていると思っている私・・・信念・価値観
・セミナー講師・講演家である私・・・アイデンティティ

 もちろん「私」を決めるのは上記のものだけでなく、言い始めると本当にキリがありません。しかも、それらは「変化」しうる可能性がある点で絶対ではありません。例えば私が「給料取り」になった瞬間、上記の「環境」は変化し、それにともなってセミナーなどをしなくなるかもしれません。能力はすぐには衰えないものの、ずっとしなければ当然低下するでしょう。

 玉ねぎもほっておけば味が変わるように、私たちを規定している「環境」から「アイデンティティ」もいつでも変わる可能性を持っているのです。しかし、玉ねぎの皮を一枚一枚むいていくと、、、最後に残るのは「からっぽ」です。そこには「実体」はなく、あるものは「玉ねぎの皮をむき終わった姿」という概念だけ。そしてそれこそが「本当の自分」なのです。そしてそれこそが永遠に変わらない真実の姿なのです。

 このニューロロジカルレベルってのはよくできたモデルで、赤ちゃんの発展段階にもそのままマッピングできます。赤ちゃんはまず、この世に生を受けた時点で何がしかの「環境」におかれます。そして泣いたり食べたり「行動」していく中で、歩けたりしゃべれたりなどの「能力」を身につけます。そして次第に自我が芽生え、自分なりの「信念・価値観」を持つようになります。例えば「車は好きだけど、昆虫は嫌い」などの嗜好や感情も「信念・価値観」の範疇に入ると言っていいでしょう。その後、様々な体験を通じて、自分が何ものであるかを意識し、知るようになります。別の言い方をすれば、他の人ではない自分という「アイデンティティ」を身につけるのです。

 しかしこのような発展段階を経ながらも、最初からあるのは「本当の自分」に他なりません。それはまさに生まれる前から、さらには父母未生以前からある姿。それが「本当の自分」であって、唯一にしてリアルな世界がそれなのです。

 「天命」につながるとはまさにこの「本当の自分」を知ることに他なりません。「環境」や「アイデンティティ」は後天的に身につけることはできるでしょうが、「天命」なり「本当の自分」は生まれる前から死後においてもずっとあり続ける姿であるため、後から身につけることもできなければ、変化することも決してありません。

 そしてこの唯一にして絶対的なる「天命・本当の自分」を知ることを禅では「見性」と言い、別の言い方にすると「悟り」、「覚醒」、「目覚め」などと表現されるもの。実は「悟り」とは玉ねぎの皮むきと同様、「自分はないこと」を知ると同時に、「本当の自分」を知ることであって、一見相矛盾するような言い方に聞こえるかもしれませんが、それこそが真の「悟り」なのです。それは言葉やロジックを超えた世界の話。

 しかしもし、私たちが「天命・本当の自分」を知るとどうなると思いますか。ある種の宗教でいう絶対なる「神」と同様、絶対に揺るがないものがあることを知ることになります。それこそが「神」と言っていいのかもしれませんが、どうでしょう。「絶対」につながるって、どれだけ心強いでしょうか。生きる上で勇気や喜びになるでしょうか。もはやそこまでくれば、スピリチュアルも占いもチャネリングも一切必要なくなります。だってそれ以上の絶対なるものにつながっているのだから、それ以下の低級な精神世界、迷信、戯言に惑わされる必要がなくなるのですから。

 所詮、私たちの人生なんて決められています。今まで生きてきた中でも、すべてが決められた通りに起こってきたこと。そしてこれから先もそう。何やっても無駄。抗っても自分の運命を変えることはできません。なぜなら「本当の自分」が過去も未来も永遠であるのだから、過去や未来を変えるとは「本当の自分」を変えることなのだから。だからこそサレンダーするしかないと言うのです。

 だからと言って、何もしなくていいわけではありません。逆に、だからこそ「何でもできる」と考えるのです。どうせならやりたいとやりたいでしょ。だったら、過去も未来もすべて決まっている以上、何も恐れずやりたいことやっていいじゃないですか。社会的な条件付けからするのではなく、「本当の自分」がやりたいと純粋に思うこと。それをただやればいい。毎日、この一瞬、一瞬をやればいい。するとどうなるか。上の図で言うところの「本当の自分」がさらに上へと広がります。それが「For what , For whom」であり「~のための」の世界。それをロバート・ディルツ氏は「スピリチュアルレベル」と定義しました。

 拙著にも書いた「天命とは他人を幸せにするあり方」という命題がここにつながります。つまり「天命」を生きるとは、自然と「~のために」生きていることになり、自分のしていることがことごとく他人を幸せにしている。そのような結果が付随するのです。ですので、もしかしたらその逆も然りで、ひたすら「~のために」生きていると、自ずと「天命」につながることができるのかもしれない。マザー・テレサがそうであったように、彼女はひたすら「もっとも貧しい人のために」生きていたのであって、そこには「自我(自分)」なんてなかったはずです。それがまさに「本当の自分」であり「天命」につながる生き方。

 そんなことを今日はお話させて頂いたのですが、またまた録音・録画を忘れてしまってました。ま、これは「するな」ってことかもしれないので仕方ないですね。そして次回のユーストですが、一応、予定としては9月13日(月)の22:30からで、テーマは「お金」について。これまたテーマだけ決めて、無意識に任せてお話したいと思います。もうぶっちゃけ、何も決めずに、その日の最初にツイッターで頂いたテーマでしゃべるなんてことをやっていいかとも思っています。何でもしゃべりますよ。

 ところでQ州ツアーまであと一週間になりました。文字通り「非日常」の連続で、何が起こるかわからない、そんな3日間になると思います。まだ3名の席がありますので、気になる方は是非ご参加ください。ありがとうございました。

クリックすると、、、誰かが幸せになるかもしれません(笑)
↓   ↓

人気blogランキング


【九州】9月18日(土)~20(月・祭):GSJセミナー2010(Q州ツアー)(残3)

【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-09 23:39 | ■精神世界 | Comments(0)