宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

スピリチュアルの目指すところ 2010.9.2

-人生を変える100日ブログ(33日目)- 

 まず一つアナウンスさせて頂きます。10月16日(土)は大阪でセミナー、翌17日(日)は名古屋でセミナーを開催します。特に名古屋では2年ぶりとなります。お申込みは近日中に開始します。それ以外にもいろんなセミナーやイベントを予定していますので、これからもたくさんの人とご縁を結んでいきたいと思っています。

 9月に入ってもまだまだ残暑が続きますね。でも朝晩などは確実に涼しくなっているので、いよいよ本格的に秋の気配を感じるようになっています。夕方は久々に滝行に行ってきました。日中の温まった水が流れているので、あまり冷たさは感じませんでしたが、これからいよいよ本格的な滝行シーズンになるわけです。夏は身体を慣らすため。本番はやっぱり冬です。楽しみな季節です。

 夜は予告していた通り、10時半からユーストリームで「第四回宇宙となかよしUSTセミナー」をやりました。テーマは「悟り」と言うことで、一時間まるまるしゃべりました。ただ、途中から「録画」してないことに気が付きました。楽しみにしていた方、すいませ~ん。次回はちゃんと録画したいと思います。今回は特にヤバイ発言もなく、かなりいい話ができた自負があるだけに残念。でも、ま、いいか。これからもあることだし。ちなみに昨日は瞬間最大で95名、述べで210名くらいの方に見て頂きました。最初から最後まで90名のラインを切らなかったので、実質それだけの方が一時間も私の話を聞いて頂いていたなんて。感無量です。嬉しいです。

 ただ、ユーストでのしゃべりはまだまだ慣れが必要ですね。どうもカメラ相手だと変に緊張しちゃいます。これもまた量稽古が必要ですね。どんどんやっていきますね。次回は立ってやろうかな。その方が調子出そうだし。話しては、昨日、一昨日に話したような内容です。それに若干、例示を付けたしたり、重要なことを繰り返したり、後は質問に答えたりしただけ。自分でもかなり「濃い話」ができたと思っていますが、やっぱりこのテーマはまだまだ探求する必要があると思っています。

 この話の関連で言うと、実は私、、、ここ1~2年ほど、「悩む」ということがほとんどなくなりました。もちろんミクロなレベルではいろいろあるのですが、そうありながらも、「これはオイシイ」と思う自分がいたりして、いわゆる「蟻地獄」に陥ることはまったくなくなっています。

 その意味で「蟻地獄」と言えば、やっぱり27歳の時の完全ニート時代でしょうか。アルバイトにも雇われず、当然、就職活動もできず。お金がなくパソコンもなかったので、一日中、テレビ見て寝て過ごすような毎日。6畳の木造アパートで家賃は29,000円。バストイレは付いてました。同年代は立派な社会人になり、結婚もして、子どももできて、マンションを購入したりもしています。

 「ひょっとしたらオレはこのままダメダメの人生で終わってしまうのか・・・」とさえ思ったほど。でも、「教師びんびん物語」に触発されて外に出始めると、それから人生が変わってきたように思います。やっぱり「行動」ですよね。その後の会社員時代も苦しい日々が続いていたのですが、私の人生が本格的に変わり始めたのは、やっぱり2004年のことでしょうか。ちょうどブログを開始した時期に重なり、3カ月後には滝行にも出会っています。

 人生を変わったきっかけは、まさに「スピリチュアル」との出会いが大きく、今振り返ってみると、私にとっての「スピリチュアル」とは「メタ」に抜ける手段の一つだったように思います。今日のユーストでも言ったのですが、私たちは例外なくほとんどすべての時間を「催眠」状態で生きています。その深さの程度はあっても、意識が内面に向いた瞬間、それは「催眠」となります(4Ti)。そこから完全に「覚醒」するには、世界を「ありのまま」に見ること(4Te)。

 しかし単に「ありのまま(4Te)」に見ているだけなら、動物や生まれたての赤ちゃんと同じ。そうではない人間が次の道に進むには、まさに「催眠(4Ti)」と「ありのまま(4Te)」を超越するところにあり、それがまさに「メタ」に抜けること。言い換えると4Tiと4Teの統合。

 実は「スピリチュアル」にも二通りあって、私が知る多くが単なる「催眠」の書き換えに過ぎません。例えば「前世を癒やす」なんてセッションがあったとすると、「前世」という「内的世界(4Ti)」の「情報」を書き換えるだけですので、いずれにせよ「催眠」に状態にあることは変わりません。「3本線香で供養するといい」というのも、まさに「催眠」にある内的世界の情報を書き換えるだけ。確かにそれはそれでいい面もあるのですが、一時的に「内的世界」がポジティブになったとしても、ネガの方へと振り子が傾くこともよくあります。するとまた別のセッションを受けざるを得なくなるのです。

 「占い」なんかもそうですよね。それなりに雰囲気のある占い師に言われると、その言葉ですぐに「内的世界」が変わってしまい、それが現実に反映されることが多々あります。そしてしばらくして気持ちが落ち込んだりしたら(つまり内的世界がネガに傾いたら)、また占い師の元に走ってしまうのです。それではいつまでたっても堂々巡りでしょ。


 ちなみにもう少しこの話を広げてみたいと思いますが、占い師なりチャネラーなりが「商売」として成り立つための最大の条件は何だと思われますか。それは知識でも経験でも直感力でもなく、「ラポール(信頼関係)」の形成力だけなのです。クライアントと強烈なラポールを築いてしまえば、相手の内的世界を変えるのは簡単です。それはカウンセリングやコーチングでも同じこと。

 しかしながら、そのような強烈なラポールによって相手の内的世界をコントロールしてしまうのは、私は目指すべきところではないと思っています。ですので、時として、クライアントとのラポールを意図的に外して、本当の意味での自律・自立を促すべきだと思っています。

 似たようなことを石井裕之さんも言ってたと思うのですが、セラピーでは最初はラポールが大切。でもある時、本当の変化を遂げようとしている時、クライアントが自らラポールを切ろうとする時があるそうなんです。そこであわてず騒がずそのままにしていると、クライアントの無意識が自発的に動き出して、自らの力で問題を解決するようになる。私はそっちの方が遥かに大切だと思っています。


 話を戻しますが、「内的世界」を変化させるだけのスピリチュアルに未来はない。私はそう思っています。私が大切にしているもう一つのスピリチュアルとはまさに「内的世界(催眠)」と「外的世界(あるがまま)」の二元論を超えて、「メタ(超越)」に立つことに他なりません。そこで、今まで何度も紹介しているこの絵を見てください。
b0002156_13281150.jpg

 この絵の右のオジサンは「45年後ののび太」です。55歳ののび太が10歳ののび太に会いにきている話。この話は何度読んでも泣けます。ついでなのでユーチューブのそれをご紹介します。



 これも実は「メタ」に抜けるひとつの形です。45年後の自分(メタ)からアドバイスをもらう。例え今、何か苦しいことがあったとしても、45年後も同じ苦しみに悩まされていることはないでしょう。実際、10年前の悩みを思い出せと言われてもできないように、時間的にも離れれば離れるほどメタの度合いが強くなります。


 そしてメタの自分が極限まで行ってしまった先に何があるのかと言うと、それは「神」や「宇宙」と言えるものでしょうか。つまり究極の「メタ」とは、自分が「神」になること、「宇宙」と同化することであり(宇宙となかよし)、それこそが私たち真に目指す「悟り」であり、本当の意味でのスピリチュアリティなんだと思っています。

 今、37年間の人生を振り返ってみると、まさに「起ること」しか起っていないことに気づかされます。どんなにあらがっても別の道は存在していません。ですので、これから先も、「起ること」しか起らないんだと思います。だとすれば私たちができることは、「宇宙」にお任せすること、徹底したサレンダー(南無・帰依)しかないのです。

 自分自身の「内的世界」なんて、ちょっとした影響で簡単に変わります。それがいい場いいもあればそうでない場合もある。しかし、「起ること」だけが常に起っている。それを「ありのまま」に見ることが、「催眠」から覚めることであり、それが「悟り」であり「目覚め」であり「覚醒」なのです。

 実は7月24日に東京で「願望実現セミナー」をしましたが、一緒にワークに入って私自身の「願望」も洗い出してみました。すると、私にとっての究極の願望は「毎日ブログを書くこと」なんだと気がついたのです。それもなぜか「88歳」まで書く。そして88歳になるまで毎日、「宇宙となかよし」を書いているのですが、その頃から見ると、37歳の私なんてなんて可愛いのでしょうか。そのようなメタな視点が完全に出来上がってしまい、「今ここ」の私がどれだけ尊いかを「悟る」ことができました。88歳までブログを書くと言うのは、一つのあり方に過ぎないのですが、ようするに「メタ」に立つことが大切。

 
 今日のユーストで「瞑想や滝行やNLP以外でメタに抜ける方法がありますか?」という質問を頂きました。瞑想やNLPもその手法の一つではありますが、根底的に重要なのは、まず「メタを知る」ことだと思っています。私たちは常に「催眠」という名の「箱の中」に入っています。でも、「箱の外」の世界(つまりメタ)が存在して、いつでも外に出ることができんだよ。そのことを知ることが重要。ですので、私の今日の文章を読んで理解できた人は、いつでも「箱の外」に出る準備ができたことになります。おめでとうございます。

 ところで今月の18日~20日の「GSJセミナー(Q州ツアー)」ですが、定員まで残り4席(/15席中)となり、参加者の多くが遠方からで、単独での参加となっています。3日間あるうちの初日は「滝行」が入りますが、その前に宿坊にチェックインして簡単なレクチャーとワークをしたいと考えています。それはまず今日書いたような話で、「内的世界(4Ti)」と「外的世界(4Te)」の切り分けを体験する。その際、瞑想を少し取り入れながら、「あるがまま」の世界を体感してもらいます。

 その上でリアルNLPとも言える「滝行」へと移動します。以前、私は滝行中に般若心経が唱えられないスランプに陥ったことがあります。なぜかと言うと、その時、どうしても「思考(マインド)」が入る癖がついていたのです。般若心経でも観音経でも完全に覚えたつもりなのに、「思考」が入った瞬間、それが飛んでしまうのです。そして「思考が入らないように思考」する蟻地獄状態に陥ったこともあり、にわかに滝行が苦しくなった時期がありました。2006年のことだったと思いますが。その時、ある瞬間、その「思考」から離れることに成功したのです。それは何かと言うと、「滝の音を聞く」ことでした。つまり「思考」という内面(4Ti)ではなく、「滝の音」をただ聞く(4Te)ことで、無意識的に般若心経が唱えられるようになったのです。

 ですので今回、初めて滝行を体験する人も、ぜひ、滝の中では「滝の音(聴覚)」はもちろんのこと、「水の色(視覚)」、「水の感触(体感覚)」にまで、しっかりと味わいつくして、無意識としっかり対話することをぜひ体験した頂きたいと思っています。そのための準備やレクチャーはしっかりとさせて頂きますので、ご心配なく。てなわけで、残り4名の席については満席になるまで受付していますので、ご縁のある方の参加を心よりお待ちしております。

 そんなところで今日はこの辺で。ありがとうございました。

ただあるがままにクリックをありがとうございます!
↓   ↓

人気blogランキング


【九州】9月18日(土)~20(月・祭):GSJセミナー2010(Q州ツアー)(残4)

【参加します】
9月4日(土):ミネハハ・ソロデビュー15周年 マザー・テレサ生誕100周年記念・チャペルライヴin北九州2010

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-02 23:39 | ■精神世界 | Comments(5)
Commented by Rika☆彡 at 2010-09-03 17:13 x
昨日のユーストリームありがとうございました。「眠っている状態」と「目覚めている状態」がわかりやすかったです。ブログで読むより、実際に話していただく方がやはりわかりやすかったです。
昨日のユーストリーム、色んな人に見て欲しかったなぁと思いました。私もまた見たいけど。。。笑。
Commented by Rumichi at 2010-09-03 21:36 x
う~ん、すばらしい記事!!
残念ながらユーストリームは週末に録画を見たいと思っていたので・・・みれませ~ん(涙)
スピリチュアルの実践をされている方でも、もうこの繰り返し(内的世界の振り子の原理)には気づいている方がたくさんいるでしょうね。最終的には我は神なり!の領域を本当に実体験できるのが究極なんだろうなと感じています。でもこの思考が・・・なかなか抜けません。

宇宙におまかせ。。。
パワーアップしたQさんの記事をますます楽しみにしております!
Commented by Yume at 2010-09-03 22:48 x
「45年後ののび太」のYoutubeありがとうございます!感動しました!おかあさんに叱ってもらって喜ぶ45年後ののび太泣けました!

何十年後の自分にとって今の自分の悩みなど懐かしくて、クスッとしてしまうようなものなんですよね。メタの極限まで行く事は、神や宇宙に近づくとユーストリームでおっしゃていたときに実は少し抵抗があったのですが、今回の記事と「45年後ののび太」のYoutubeでつながりました。本や何かで、神や宇宙の存在が、人間のどんな悩みも出来ごとも取るにたらないといっているのはこれなんだと!いい気づきをありがとうございました。
Commented by 陽子ママ at 2010-09-03 23:47 x
振り返れば悩んでた自分がかわいいかわいい。
今の自分だってもう少し経てばかわいく見える?(笑)
前に今のその悩み1ヶ月後3カ月後に覚えてる?って聞かれて
確かにその時の悩みはもうないです。
あらたな悩みも今だけ。
ひとことQさんありがと♪
Commented by みつぐちゃん at 2010-09-05 07:38 x
素晴らしい記事をありがとうございます。「45年後ののび太」のYoutubeは感動しました。良かったです。
ブログトップ | ログイン