今日は「悟り」の話をします 2010.7.5

 今日からまた一週間ですね。ちびQのお熱は見事に下がって、元気に保育園に行きました。お迎えの時に先生から聞いたのですが、ちびQはアレルギーの可能性があったので(ほっぺたが赤くなる)、食べ物をいろいろ控えていたため、オヤツは常に「米せんべい」なんだそうです。他の子どもたちは、手作りいちごジャムのサンドイッチとかいろいろ。周りはそんな美味しそうなオヤツを食べながら、ちびQだけは毎日米せんべい。いや~聞いて涙出そうになりましたね。切なくって。先生もつらいんだそうです。だからアレルギー検査を急かされたのですね。でも、検査結果はアレルギー反応なし。卵がちょっと怪しい感じだったけど、小麦も大豆もOK。なので明日はいちごジャムのサンドイッチを食べさせようと思います。よかったね~。甘やかしすぎかな・・・?


 ま、そんなことはともかく、今日もアメブロです。「公式ブログ」でアメブロにはまってみて、いろいろ気がつくこともあります。とりあえずは、アメブロってのはブログと言うよりアメブロですね。ブログとはエキサイトとかライブドアとかグーとかココログとかを指すのに対し、アメブロだけはその辺のブログとはまったく別物と考えた方がいいですね。ブログとSNSをミックスしたと言った方がいいかな。

 そんなアメブロ公式ブログですが、今日もたくさん記事を書きました。つくづく書くのが好きな私です。で、その中でまだ途中ですが、「独立奮闘記」なるものを書いています。これは何かと言うと、2005年6月からスタートするフリーランスの生活を改めて振り返ってみて、いろいろ反省の材料にするとともに、それを読んだ人たちに何かしらの「勇気」を与えたいと思ってですね。

 とにかく貯金30万円でスタートしたフリーランス生活ですが、よくぞここまで普通に生きているものです。いや、むしろ普通一般的な生活とは言えないかも。毎日滝に打たれて、子どもを保育園に送り迎えして、月の実働時間がほんの数日とか、サラリーマン生活から比べると考えられません。

 時々言われるんですよね。Qさんは頑張りすぎだとか。。。いやいや、もったいないお言葉です。頑張る時は頑張りますが、普段の私の生活見るとビビりますよ。早朝に滝に打たれて、それ以外は本読んだり、山に登ったり、パソコンしてるだけですから。満員電車に乗って毎日タイムカードを押す生活の方がよっぽど頑張ってますよって。

 嫌味っぽい言い方に聞こえるかもしれませんが、今の状況を実現するのに、ま、いろいろあったわけです。その辺のことを、今までこのブログに書いてないこともたくさんあるので、なるべく忠実に、いや赤裸々に書いて、参考にして頂こうと言うのが「独立奮闘記」の主旨です。

 ただ、中には公にしにくい、検索エンジンに引っかかって欲しくない内容もありますので、それは「アメンバー限定記事」として書かせて頂きます。実は今まで、何度か「2ちゃんねる」とか「ヤフオク」とかに、無断で文章を掲載されて、関係者に迷惑をかけてしまったこともあったので、その辺は私の判断で慎重にさせてもらってます。

 てなわけで、今のところ、会社辞めてから2006年3月くらいまでのプロセスです。


独立奮闘記について
独立奮闘記(1) ~勢いで会社を辞める~ (2005)
独立奮闘記(2) ~会社辞めて行く先はインド~ (2005)
独立奮闘記(3) ~必ず誘われるビジネスとの出会い~ (2005)
独立奮闘記(4) ~どんどん金がなくなる!~ (2005)
独立奮闘記(5) ~すごいDVDが手に入る!~ (2005)
独立奮闘記(6) ~営業の神様・加賀田晃~ (2005)
独立奮闘記(7) ~奇跡のアレがやってくる!~ (2005)(アメンバー限定記事)
独立奮闘記(8) ~100日滝行の奇跡~ (2006)


 いやいや、いろいろありましたね。オレ、こんなことしてたんやって、、、改めて感心。「人脈ネット」って何?なつかし~って感じですね。

 そう言えば、「読者登録キャンペーン」のセミナー音声の評判がなかなかいいです。「信念」とか「覚悟」とか言いながら、最後はゆるゆる~って感じの音声ですので、ま、気合い入れたい人にも、一息つきたい人のどちらでもいい感じ。逆にどっちつかずに思われるかもしれませんが、どっちも大切なんです。ガンガンに頑張って、そしてリラックス。そんな時こそ、ぱ~ん!ってすごいヒラメキが来るんですから。そのメカニズムを知っている今、物事にあまり動じなくなりましたね、はい。

 そんで、「読者登録」も115くらいになり、アメンバーもどんどん増えています。アメブロランキングも5,000番台とか、なかなか。アメブロは数字にこだわりたい人の心をくすぐりますよね。いわゆるに「わかブランディング」したい人は、アメブロとかツイッターとかいいでしょうね。そんなに苦労しないでも、それなりに数字をはじき出せますから。

 でも、メルマガでやブログで10,000アクセスはかなり難しいですよね。どうせならそっちを頑張った方がいいのに、、、と思いますが、ま、最初はハードルの低いところからでもいいのかな。

 そんなアメブロですが、実は昨年、「宇宙となかよしの裏側」ってブログを何気なく立ち上げて、それはそれで使い道もあるのですが、その頃から愛読しているブログをご紹介したいと思います。とにかく、「アメブロ 〇〇」てな感じで検索すると、必ず上位に登場するブログです。

 正直、この方の記事でアメブロのイロハから上級編まですべて網羅している気がします。私もいろいろと勉強させてもらっているのですが、実はアメブロに限らず、一般のビジネス的にも参考になることが多いです。その姿勢なども含めて。やっぱりこの方は成功して当然だな~といつも思わせられます。一言で言うと、ファンづくりの天才。ネット上でこんなに瞬時にラポールを築ける人を、他に見たことがありません。スピ系には色々いますが、洗脳系とかの可能性が大きいところ、ビジネス系でここまではちょっと珍しいかと。記事そのものはもちろん、ブログ全体から受ける人間臭さや、それでいて首尾一貫して良質な情報を提供し続けてるとこなんか、学ぶところがたくさんあります。さあ、この方です。


パワーブロガー養成講座!アメブロを攻略し月収90万をゲットせよ!


タイトルがもう、、、バリバリですが(笑)、一度読むとハマってしまいます。ちなみに前著「ありえない稼ぎ方」の編集者さんは私もよく知っている方で、一度、私の編集をして頂けることになりそうだったのですが、その時はあいにく企画が通りませんでした。ま、それはタイミングですね。


 ところで、世間にはどうも「天然信仰」みたいなのがあって、いろいろ策略的にされると、と言うかそれが見え隠れすると途端に拒絶反応を示す人たちがいるように思います。例えば「○○キャンペーン」なんかすると、そんなことせずに自然にやれとか、人によっては宇宙に任せろとか、そんなことを言われたりします。

 ただ、これはきちんと言わなければならないと思いますが、本当に「天然」で成功している人って、ごくごく僅かな例外的な天才だけです。ビジネスにせよ、芸事にせよ、売れるためには裏でいろいろやっているわけで、実のところ、本当に「天然」なケースって存在するのかな、、、と思います。

 重要なのは「天然」に見せることであって、私などはその辺が下手くそなんで、時々反感を買うわけなんですが、上手な人などは言い方悪いかもしれませんが、「騙し」が上手なだけ。それが世の中のシステムなんです。言いすぎかな?

 重要なのは「売れる」ってことであって、そこに策略があるからダメだとか、天然だから良いってことじゃないんです。さっきも言ったように、「売れる」には必ず理由があって、偶然それに出会うか、またはきちんと勉強してやっているかの違い。

 島田紳助が言ってたと思うのですが、紳助にしても、さんまにしても、ビートたけしにしても、売れてる人ってのは、そのための戦略をきちんと持っているのです。それを持たずに売れるケースもあるにはありますが、それは通常「一発屋」と呼ばれる人種であって、長期的に売れるには、そこに何らかの理由があるのです。そしてそれを「天然」でできる人ってのは、よっぽどの天才であって、一般の人が目指すべきではありません。

 あとはそれをいかに「天然」に見せるかだけが重要であって、そのためにもまたメタレベルでの策略があるのも事実。矢沢永吉なんていかにも天然に見えますが、よくよく観察したり、発言を聞いていると、自分の見られ方をあれほど意識してる人も珍しいほどです。もちろん永ちゃんの場合は、ほとんどがセルフプロデュースなので、よりメタ的、客観的な視点が必要になっているのでしょうが。


 結局のところ、「あの人は天然だからいい」などと言っているうちは、完全に罠にハマっているわけで、言い換えるとカモになっているだけなのです。全然、自由じゃないでしょ。では、どうすれば「自由」になれるかと言うと、例えば先ほど紹介した田渕さんのやり方など見て、「これはすごいな~」とか「そうきたか!」など、もっとメタ的な視点から物事を見る訓練をしなきゃならないってこと。

 「天然信仰」している人などは、田渕さんのブログとか一番嫌いなパターンかもしれませんが、本当の意味での「自由」や「悟り」ってのは、田渕さんのようなバリバリのブログも、いわゆるキレイごとばかり言ってるスピ系のブログも、同じように楽しめるってことなんです。

 苫米地英人さんが言ってたのですが、「自我」の定義は重要度に関する「部分関数」であると。簡単に言うと、物事の重要性に「差」をつけること、何が重要で何が重要でないかを判断している主体のことを「自我」と言うんです。例えば我が子の存在は、その辺の野良犬よりも遥かに重要であって、それは私だってそうです。しかし、本当の意味での「悟り」って言うのは、「すべて重要」って状態であり、そうなるとそこに「自我」などなくなるんです。

 よく「自我」をなくすことが「悟り」だって言われますが、それは確かにそうであるにしても、「自我」をなくすってのは結局、我が子も野良犬も同じですよって状態。究極的にはそれを「ワンネス」とか言ったりするんでしょうが、そう考えると、なかなか「悟り」に至るのは難しいですよね。どれも重要。そこに差はない。だから「悟り」は「差取り」って言うんです。


 てなわけでね、アメブロの話から、バリバリのビジネスチックな話、最後は「悟り」の話など、ま、自分で言うのもなんですが、たいがい私も守備範囲広いですよね。でも、メタ、メタ、メタ、メタ・・な視点を持つと、やっぱりすべてが最高! ってことにしかならないんです。究極的には「宇宙」の視点を持つこと。つまり「宇宙となかよし」になることが「悟り」なんです。

 今日はなかなか冴えた終わり方ですね。寝ます。「独立奮闘記」もお楽しみくださいね。ありがとうございました。

クリックも忘れないでくださいね(はあと)
 ↓   ↓

人気blogランキング


【東京】7月22日(木):中村隊長&石田Qジョイントトークライブ「オレたちの、旅と人生を語る熱い夜」

【東京】7月24日(土):願望実現1dayNLPセミナーin東京

【東京】7月25日(日):宇宙となかよし塾 in 東京


【九州】9月18日(土)~20(月・祭):GSJセミナー(Q州ツアー)(仮題)

※7月23日(金)はスケジュールが空いていますので、東京方面での講演・ミニセミナー等のご依頼受付いたします(講師料は相談にて)

【参加します】
7月25日(日):根本昌明・指揮 ~ ベートーヴェンへの感謝の夕べ II ~ 第九&皇帝
8月8日(日):第1回福岡こころとからだ塾
9月4日(土):ミネハハ・ソロデビュー15周年 マザー・テレサ生誕100周年記念・チャペルライヴin北九州2010

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-07-05 23:39 | ■精神世界