すべてはひとつ 2010.5.25

 今日もいつものように、朝起きて、ちびQにご飯を食べさせて保育園へ。今月は誕生日なので、保育園の誕生会で「餅踏み」をしたそうです。これは地域限定なのか、私は知りませんでした。こちらでは一歳になると、わらじを履いてお餅を踏むお祝いがあるようです。そして「選び取り」ってのもやったそうです。いくつかグッズを並べて、何を選ぶかで将来の職業が決まるとか。ちびQは「電卓」を選んだので、商売で成功するとかしないとか。

 一般的に子どもの将来は親の職業の影響を受けるとも言われています。サラリーマンの子どもはサラリーマン。教師の子どもは教師。商売人の子どもは商売人など。その意味で言うと、私の父親は数学教師。私はセミナーや研修の講師などしてるので、もしかしたら影響受けてたのかな。ついでに言うと、私の実家は昔から「本」が大量にありました。父親が読書家なので。兄も弟もめちゃくちゃ読書家で、私だけ違ってたのです。高校までは。ですが、気がつくと、私の家には本が散乱しており書棚もびっしり。本の出版までしています。う~ん、、、親の影響は侮れない。ちなみに、ちびQも私の真似をしてるのか、絵本が大好きです。多分、読書家になるでしょう。

 ところでメルマガを配信しました。先日、尉川さんのオフィスで収録した「対談」のご紹介です。一時間以上で動画は8つになりました。長いのでメルマガでは一つずつ解説を加えていますので、よかったら読んでみてください。登録すると最新号だけ読めますので。

 以下の動画は6つめで「仏教とNLP」について語っています。一応、尉川さんとは「NLP」という共通の軸があるので、そこから展開してきたのですが、ちょうど「仏教」の話になったところです。



 ただ、私や尉川さんが感心を示しているのは、いわゆるお釈迦様が開いた「原始仏教」で、今日日本の葬式仏教ではありません。禅や密教にも関心はありますが、根本は原始仏教で「空(くう)」の悟りについて。実はNLPも原始仏教も「認識が世界をつくる」と言う意味において、相通じる部分があります。

 いわゆる「近代科学(モダン)」の前提が「客体」は自分の認識とは独立した実体として存在しているという考え方です。それに対して「ポストモダン」と呼ばれる一連の思想体系の特徴は、そのような実体として「客体」を前提とはしません。それが心や無意識を扱う精神分析学であったり、古典物理学に対する量子力学のような流れに結びつきます。いずれも「主体」と「客体」は無関係ではありえず、主体は客体への影響を無視することができないことが前提となります。

 しかし、「ポスト」と言いながらも、それはすでに2500年前にお釈迦様が悟っていたことでした。むしろ「モダン」という概念自体が世の中に対する歪んだ考え方であると言った方が正確かもしれません。昨日のコーチングで「すべてはひとつ」とはどういうことなんでしょうか、と聞かれました。スピリチュアルな本やブログではよく出てくる言葉ですね。すべてはひとつ。

確かにこれは「言葉」で説明するのは難しいかもしれません。だって正確に伝わらないから。それをあえて伝えるとすれば、それは「実体などない」となるのかもしれません。では「実体」とは何か。実は「実体」には反意語があるのですが、それがもしかすると「すべてはひとつ」のイメージに近いのかもしれません。
 
答えを言いますと、「実体」の反意語は「関係」です。「実体」とは他のあらゆる対象(実体)と切り離された独立した存在と定義されます。通常、「私」とは「他人」でない私のことを言います。「近代科学」はその前提に立っています。例えば「人間」と「自然」は切り離されて独立したものとして存在しています。でなければ、無差別に自然を開発し、破壊することなどできません。しかし、そのような前提があったからこそ、今、私はこのマンションに住めているのです。自然の状態にコンクリートを敷き詰めて、その上にさらにコンクリートの建物を建てたから。もしも「人間」と「自然」が「ひとつ」だという大前提があれば、マンションは建ちませんから。

一方、「関係」とは何か。それは「実体」として目に見えるものではなく、すべてを「ひとつ」に結びつけるそのもののこと。コネクターでもなければ、網目でもありません。因果の結びつきでもありません。そのようにイメージしてしまうと、「すべてはひとつ」を体験として実感することができなくなりますから。まさに「関係」とは「関係」のこと。それをお釈迦様は「縁起」と呼びました。

 実は「悟り」の境地とは、「関係」及び「縁起」となる概念を極めて高い臨場感をもって体感することです。数学者や物理学者の多くは「数式」を見ただけでドーパミンが放出されるようです。私たちは「5次元」を認識することはできませんが、5次元の方程式は存在します。普通の人が見てもさっぱりでしょうが、物理学者がその数式を見るとイッてしまうそうです。セックスの快感など比じゃないくらいに。

 ちなみにニュートンは生涯童貞を貫きました。ただ、彼はリンゴが落ちる瞬間を見て、イッてしまう男なので、セックスなどする必要はなかったのです。カントも生涯童貞でした。彼は哲学者ですが、そもそも哲学とは数字を用いない数学と言えるので(数理哲学ってのもありますが)、抽象的な思考体験で毎日イッてたのは想像に難しくありません。

 人間ってのは、極めて抽象的な世界に対して、極めて高い臨場感を得ることができる生きものです。そしてそれが最高まで達したのが「悟り」であって、一度、その世界を見てしまうと、あらゆる物理的煩悩は消えうせてしまいます。と言いながらも、「悟り」を日々継続している人など稀なので、悟ったと言っても、生活に煩悩が出てくることはあるでしょうが。

 先日も書いたように、今はなぜか「悟りブーム」のようです。そして悟りや目覚めを目指して、切磋琢磨している光景が散見されますが、実のところその「悟り」の方向に疑問を感じることはあります。要するに「現世利得のための悟り」というやつ。これは一般のスピリチュアルブームとまったく同じ。江原啓之の番組は終わりましたが、江原さんの番組に代表されるスピブームも、結局のところ「現世利得」を単に求めているだけでした。現世利得のためには働くことが重要。でも働くのは嫌なので、なんとかしてラクに豊かに幸せになりたいって考えです。

 結局のところお金持ちになりたい、好きなことしたい、今の苦しさから脱したい、、、などの「現世利得」に向かって悟りの修行をしているようでは、それは永遠に訪れません。と言いながらも、かつての私がそうだったので、あまり偉そうなことは言えませんが。

 ここでもう一回「すべてはひとつ」について考えたいと思いますが、先ほど、「すべてはひとつ」とは「実体」ではないと言いました。つまりその反意語である「関係」がそれに近いかな、と。では、今、やっている仕事、今置かれている状況、今の収入状態、今の健康状態、今の人間関係、今の苦しさ、、、などなど「なぜ」そのような状態に置かれているのでしょうか。

 答えを言うと、それは「意味」があるからそうなっているのです。じゃあ、その意味は何。そんなこと知りません。でも、何一つ無駄はなく、すべては必然的な「縁起(関係)」のもとで「今」があるのです。つまり「悟り」とは「今」のことでもあり、今をしっかり生きることこそが「悟り」への近道なのです。

 ですが、現世利得のための悟りブームを見ると、「今(の状況)」を打破するために「悟り」を目指しているように感じられます。「今=悟り」であるとすれば、その「今」を否定している限りは、永遠に「悟り」に近付くことはできません。

 もう一つ言いますと、悟ったからと言って、今以上に幸せになることはありません(不幸にもなりませんが)。悟ったからと言って、収入がアップするわけではありません。悟ったからと言って、すべての苦しみから解放されるわけではありません。これまでと同じように苦しみ、そして笑う。ただ淡々と「今」があるだけですから。

 じゃあ、何のために「悟る」のですか。意味ないじゃん。そう思うかもしれませんが、実はその通り。正解です。悟っても意味ありません。だって何の変化もないのですから。それでも「悟る」ことは人生にとって最も大きな目標だと言えます。悟るってのは、他の言い方をすれば、目覚める、本当の自分を知る、すべてはひとつ、大丈夫、愛、感謝などなど。


 納得いきません!私は幸せになるために悟りたいのです!大きな目標って言ったのは何でですか!何かあるから重要なんでしょ!それを説明してください!


 ・・・とお叱りを受けても、すいません。説明できません。だって本当に何も変わらないのですから。「宇宙となかよし」のブログは面白くないですよね。なんとか先生みたいな開運情報もないし、毎日、長々と屁理屈をこねまわしているだけで。でも、これまたすいません。これ以上、面白くなりません。でも、一つだけ言えることは、今、私は最高にハッピーだってこと。オチもなにもありませんが、今日はこの辺で。ありがとうございました。

クリックすると最高にハッピーだってこと!

 ↓   ↓

人気blogランキング

【東京】6月12日(土)・13日(日):クイックチェンジ!実践!NLPセミナー in 東京 ~潜在意識から超意識への旅(2日間コース)~(残7)

【福岡】6月9日(水):宇宙となかよし塾(4)(大野城まどかぴあ和会議室・19:30~22:00)

【教材】栢野克己・石田久二<7時間!>人生を逆転するスピリチャル×戦略セミナー
【教材】第183回九州ベンチャー大学「リピート専門コンサルvs硬派スピリチャル講演家」

【参加します】
5月30日(日):雲黒斎講演会 in 福岡
6月5日(土):第184回ベンチャー大学「繁盛コンサル・富田英太」
8月8日(日):第1回福岡こころとからだ塾


「早朝談話室」も受付中!(5月末で終了します)

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-05-25 23:39 | ■精神世界