宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

大丈夫の本質 2010.3.31

 先日のラジオの音源。2回くらい聞くといいですね。私もそこそこいいこと言ってますし、やっぱり「音楽」があると違いますね。素晴らしい宝物ができました。でも、いつかラジオでレギュラー番組持ちたいな~と。この願望、叶うかな。叶うと思います。それはそうと、3月20日の栢野さんとのセミナーDVDがそこそこ売れてる雰囲気です。ありがとうございます。そしておそらく4月5日のベンチャー大学でも録画はされると思いますが、この日は思いっきり開き直って弾け切ろうと思います。参加者はほとんどがランチャスター系の左脳人でしょうから、気をつかわずにエセスピ爆破!・・・って栢野さん節が移ってしまったような。同日の講師の方は一圓克彦さんというコンサルタントの方で、近日、ご著書を上梓されるそうです。この日はどんな対比になるのか楽しみです。そろそろ話す内容を考えないといけないのですが、ま、ぶっつけでもどうにかなるか。

 そう言えば20日のセミナーの時、実は私、栢野さんから「天才」と言われてしまいました。100人のうち数名はいるだろうけど、「思い込み」の激しさにおいては、まさに天才級だと。もちろん戦略・戦術的なことも大切に思ってはいるのですが、確かに「思い込み」は激しいと思います。いつ頃からかな、こんなに「思い込み」が激しくなったのは。

 多分ですね、やっぱり2004年だと思うのです。それまではセルフイメージも低ければ、将来の不安はずっと抱えてましたもの。このまま会社勤めして、毎年、給料が下がりながら労働時間と客先からの要求水準だけは高くなって、心身ともに疲弊しながら50歳を迎えるのかな~とか思ってたりして。

 で、その2004年に何があったかと言うと、スピリチュアルとの出会いです。もっと厳密に言えば2003年8月のスリランカ旅行で「宇宙となかよし」のサラスヴァティ・ヨーコのモデルの一人となった女性から「あなたは精神世界と深い縁がある」と言われてからかな。そして2004年4月頃から突然、スピリチュアルな情報を入手し始めるのです。それこそ2012年の話もその時に初めて聞きました。フォトンベルトってのがあるとかも(ないけど)。

 でも、そのおかげかもしれなくて、結局、オレたちは「宇宙」には逆らえないのだから何やっても一緒。だったら精いっぱい生きようよ、みたいな前向きな考えになっちゃったんですね。まじで。要するに思考の「抽象度」を宇宙レベルにまで上げてしまったのです。だって「宇宙となかよし」ですから、、、その時はまだブログもそのタイトルではありませんでしたが。

 結局、オレたちなんて「宇宙」から見たらミジンコみたいなもんでしょってこと。所詮ミジンコがなに悩んでも、なに喜んでも、宇宙から見たらちっぽけなもの。2012年に地球が滅びるんだったら、それはそれでいいし。とにかくミジンコなりに精いっぱい生きようよ!みたいなニューエイジ思想に陥ったわけですね。あの当時。ほんと。

 でも、そうは言いながらも、目先の仕事とか苦しくって、できればもっといい仕事したいとかは思ってました。宇宙がどうとか言っても、徹夜仕事は辛いですから。できれば布団でゆっくり寝たいですから。この辛さの前には宇宙など関係なし、、、なんて思うこともありました。でも滝行に出会って、そして2月の繁忙期に徹夜しながらでも「21日滝行」を満行したことで、「オレは宇宙から守られてる!」みたいな根拠のない自信が芽生え、その2週間後辺りに神社でコインを投げて会社を辞めてしまったわけですね。これがその日の日記。よかったら読んでみてください。

「運命の日 2005.3.14」

 あの時、ふと会社を辞めていい気がして、神様に聞こうと車を止めた先が「筑紫神社前」。そしてコインを投げて表が出たもんだから、その日の夜に辞意表明。会社を辞めてから3週間のインド旅行のラダックの丘の上。劇的な覚醒体験をして「大丈夫」であることを知る。そしてブッダガヤの占い師からいくつかの予言。香木でできた釈迦像が欲しかったですが、お金がなくて断念。すると日本に帰るや、それと同じ釈迦像を導師が持っていて、それを頂くことに。とにかく奇跡のようなシンクロの連続でしたね。

 その後、貯金30万円からスタートしたのですが、8月にはきれいさっぱりなくなって9月は企業年金を解約でそれも終了。でもその後、なぜかいろんなことが起こって収入が入ってきて、いろんなことしながら今に至るわけです。とにかくまあ、経験的にも「自分は宇宙から絶対的に守られている」と思っているので、正直、なにがどうなっても「大丈夫」だと。

 正直言いますと、この5年間、預金通帳的にはかなりヤバい目の時もありました。それこそ、これが私じゃなかったらひっくり返ってるかもしれません。でも「大丈夫」だと知っているので、やっぱりそうなりました。そしてそれが「自然」であることも知っています。結局のところ、生活のネックである「お金」に対しても、必要な額が常に入ってきている状況。

 そう言えばいろいろピンチと言いながら、結婚後に約束した貯金法だけはずっと継続しています。それは何かと言うと、2008年1月に3万円貯金。2月3万円。3月3万5千円。4月3万円5千円。5月4万円、、、と2カ月毎に5千円ずつ貯金額が増えていくのです。それはツレが管理している預金通帳で、私は引き落としができません。そしてこの3月で9万5千円貯金。累計すると165.5万円貯まってることになります。今年12月で261万円。ちなみに私の分担は家賃光熱費と自分の勉強や小遣い。そうしながらも、なぜか貯金だけはできているのです。不思議な話。

 でも、これも「思い込み」の一種かもしれません。「絶対に貯金だけはするんだ!そのためには収入を右肩上がりに上げなければならない!」、と。するとやっぱり潜在意識が動き出して、現実がそうなってしまうのです。ま、セオリー通りと言えばそうですが、あまりにもうまく行きすぎ。おそらく今後もこの貯金法を継続していきますので、1011年1月は12万円、1012年1月は15万円とまともに増えていきます。たぶん10年後もやっているでしょうが、その時は月にいくら入れてるのでしょうか。その時は子どもの学費とかいろいろあると思いますが、それ以外の貯金としていますので、これからもどんどん頑張っていくわけです。この潜在意識の特質を生かした貯金法は特許ものだと自分で思っています(笑)

 それはともかくとして、これができるのも「思い込み」のおかげだと思っています。そして現実は見事に「思い込み(ビリーフ)」の通りになってしまいます。要するに「大丈夫」と思い込めば大丈夫だし、そう思い込めなければダメってこと。ただ、本当のことを言うと、「大丈夫」は「思い込み」を超えてて、そもそも「大丈夫」なのです。理屈抜きに誰一人例外なく。一度その「大丈夫」を体験してしまえば、すべてがOKになってしまうのですが。

 結局、私が伝えたいのはその一点に尽きます。そもそも「大丈夫」であること。そこにつながってしまえばそれ以上はないのですが、とりあえず「思い込み」をどうにかするのはセオリーが確立しています。私なりにも。

 「思い込み」の本質を言うと、それは「思い」を「込める」こと。「思い」は「意識」にあるのですが、それはどこに「込め」ればいいのか。それが「潜在意識」です。そして「意識」が「言葉」であるのに対し、「潜在意識」は「感覚」です。ですので「大丈夫」を「感覚」に落とし込めば、とりあえずは「大丈夫」の「思い込み」が完成します。では、どうやって「大丈夫」を「感覚」に落とし込むのか。それができるのがワークです。

 4月の大阪セミナーの初日ではそのワークもやりますが、ただ、一つ欠点があります。それは何かと言うと、「思い込み」は元に戻りやすいってこと。つまりセミナー中に「大丈夫」が「潜在意識」に入ったとしても、「潜在意識」は形状記憶していますので、時が経てば、いや、寝る時の枕のにおいを嗅ぐだけで元に戻ってしまう性質があるのです。なので、「思い込み」を強化するには、何度も何度も自分でワークする必要があります。

 ただ、それも大切なんですが、そもそも「大丈夫」だとすれば、それをリアルに体験してしまえばいい。そうすれば元に戻りません。自分が自分以外にならないように、大丈夫も大丈夫なのですから。セミナーの二日目ではそれをやろうと思っています。ただ、かなりコアな世界になるので、私としても入念な準備が必要。だからこそ途中参加はご遠慮願いたいわけですね。

 要するにこう言うこと。昔、どっかで魔女狩りってありましたが、魔女かどうかを判別するためには、とりあえず水に沈めるわけです。そこで水に沈めても死ななかったらその人は魔女なので処刑。水に沈めて死んでしまえば魔女である疑いからは逃れられますが、どっちにしても死ぬわけです。

 さあ、どうしましょうか。禅の公案のようですね。でもそもそも「大丈夫」なのであれば、魔女であろうがなかろうが死ぬことはない。そして本当に死なない。なぜなら「大丈夫」だから。もしもこれが理屈ではなく「感覚」として体験できたのであれば、その人はそもそもの「大丈夫」につながっていることになります。さあ、どうでしょう。

 話を元に戻しますが、私が「天才」と(栢野さんから)言われるのはこの辺にあります。私なら魔女狩りにあっても死にません。なぜなら「大丈夫」だと知っているから。これは「思い込み」よりもさらに深いです。まさに「本質」につながるわけですから。ちなみに魔女狩りの例は専門用語では「ダブルバインド」と言います。どっちにしてもダメって状況。

 しかし人間ってのは常にダブルバインドに置かれています。そもそも私たちは「死ぬために生まれた」のですから。私たちが生き延びようすればするほど、「死」に近付くのは統計学上100%のこと。なんと矛盾を抱えた存在なのでしょうか。さらに言えば人間ってだけでダブルバインドに置かれています。だって動物なら「自我」がないのだから楽なはず。でも私たちは「自我」を捨てることが必要とされています。なぜなら苦しみの根本は「自我」にあるのだから。

 お釈迦様が言うように、人間はそもそも「苦」です。なぜなら「自我」を持っているから。自我がなければ苦しくないのに、わざわざそれを持って生まれ、その苦しみから逃れようとする滑稽な存在です。でも、そんな「存在-自我」の葛藤を乗り越えるところにもまた何かがあり、それを「悟り」と言ったりします。

 ちょっと難しい話になってしまいましたが、そもそも「大丈夫」ってこと。さあ、どうでしょうか。私はそれを知っています。しかし言葉で説明するのは難しいし、誤解を生む恐れがあります。なので、この辺で。

 ・・・てな話はさすがにベンチャー大学ではしませんが、その一歩手前の「思い込み」については語ろうかと思っています。それ以上は2日間のセミナーにて。その前に「宇宙となかよし塾」でもそんなテーマを扱ってもいいかなと思っています。だた、必ずそのテーマになるとは限らないので、それを期待して参加されても困ります。それだけは言っておきますね。でも瞑想はしますので。

 明日から4月。いよいよ面白くなってきました。ちびQは保育園の入園式。なんか寂しいよ~。でも、ちびQはまったく人見知りしないどころか、相手がお兄ちゃんであろうと恐れず立ち向かっていく強さがあるみたいなので、とりあえず心配はしていません。ちびQなら何とかやっていくでしょう。単純に私が寂しいだけ。でも、慣れると思います(笑) では明日に備えて寝ます。ありがとうございました。

一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇【福岡】4月5日(月):第183回九州ベンチャー大学(残6)

〇【大阪】4月24日(土)・25日(日):クイックチェンジ!実践!NLPセミナー in 大阪 ~潜在意識から超意識への旅(2日間コース)~(残8)

〇【福岡】4月14日(水):宇宙となかよし塾(2)(大野城まどかぴあ和会議室・19:30~22:00)


「早朝談話室」も受付中!

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterにも力入れていきます♪ (フォローをお願いします!)
by katamich | 2010-03-31 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン