今日も「本当の自分」の話 2010.2.18

 先週の水曜日に福岡を出て東京へ。土曜日に大阪。すでに一週間経過してますが、実家で孫(ちびQ)と一緒に楽しくやっています。それにしてもこの一週間、ちびQの成長が著しい気がします。飛行機に乗ったり、東京をウロウロしたり、よそのお家にお泊りしたりなど、刺激がたくさんだからかもしれませんが、身体的にも精神的にもかなり成長した感じです。そして何より、声を出してよく笑います。ほんと、あの笑い声を聞いてしまうと、何があっても一瞬にハッピーになってしまいます。

 そして私自身も同じようにいろいろと成長した感じがします。この一週間でいろんなメッセージを受け取りました。福岡に帰ったら、さっそくそれを形にしていきたいと思っています。とりあえず今月中に次の本の原稿を書き上げて提出。まだ、まったく着手していませんが、頭の中にはおおよそ出来上がっています。これからも私が本を書く際は、基本的に「書き下ろし」になると思います。ブログ記事の編集などかえって大変ですから。以前はライターさんがそれに挑戦したこともあったのですが、さすがにお手上げだったのでしょう。結局、私が直接書いた方が早いということで、これからもライターさんにはお願いせずに、私の直接の書き下ろしが基本になると思います。実のところ、ビジネス書のほとんどはライターさんが原稿を書いているのが現状ですが。

 それから土曜日からまた一週間、「滝行」に入りたいと思います。満行は私の誕生日。またしてもいいタイミングです。私にとって「滝行」は完全に生活の一部です。6年目の冬越しになりますが、結論として言えることは、滝行やったところで何も変わらないということ。神通力だとか、スピリチュアルな能力だとかは身に付きません。もっとも、それが目当てでやってくる人は続かないのですが。これまでのところ、スピリチュアルな人ほど滝行は続かないというデータもありますし。

 ただ、特別な能力が身に付くことはないし、何かが劇的に変化することもないのですが、それでも私の中では6年前と比べて、随分といろんなことが「変化」したことも事実。変化しないと言っておきながら矛盾するようですが。その「変化」を強いて言うなら、本来の自分に戻ったような。。。

 今回実家に帰って、それから20~30年振りに生まれた場所から母校から、いろいろ見て歩いたわけですが、そもそもの私ってのはとにかく好奇心旺盛だったようです。山があれば登り、洞窟があれば入り、アパートの屋上では柵を乗り越えて見下ろしたり。今思うと、相当、危険なこともしていたのですが、そんなこと省みずに、とにかく好奇心の赴くがままに動いていました。

 ただ、それは私に限ったことではなく、すべての人間が同じく好奇心の塊なのです。ちびQを見ていてもわかりますが、とにかく動きたがります。一箇所に留まっていると機嫌が悪くなり、新しい場所に行くと、とにかくキョロキョロします。そうやって脳に刺激を与えて成長しているのでしょうが、それが本来の人間なのでしょう。

 しかし、そんな好奇心の塊にも徐々にブレーキがかけられます。それが「ダメ」という指令であり、躾であり、罰であり、失敗であり、恐怖であり。もちろんそれらのブレーキは生活において重要です。ブレーキのない自動車が危険なように、ブレーキのかからない人間も危険極まりないですから。

 しかし、少なからずの人間は、ブレーキがかかりすぎて、前に進めないことがしばしば。例えば「早起き」ができないのもブレーキの一つです。本来は日の出とともに目を覚ます方が自然であるのに、布団の中の心地よさ、そして起きた後の憂鬱さに勝てずに、なかなか布団から出られません。先日、ある人が言っておられましたが、自分は毎朝4時に過ぎに起きているが、早起きなんてしたことがない、と。どういうことかと言うと、起きている時間が楽しすぎて、ワクワクしすぎて、自然と目が覚めてそのまま起きてしまうからとか。つまり、その人にとっては「早起き」なんて概念がないんですね。

 ですので、人間とは「思ったこと」が「できる」のが本来の姿であるのに、そこにブレーキがかけられているのが実際です。もちろん何度も言うようにブレーキは大切です。しかし、時としてそのブレーキが強すぎて「思ったこと」がスムーズに「できる」に結びつかないのが現状。そのブレーキを貯蔵しているのが、他ならぬ「潜在意識」です。

 私は本やブログを通して、何度も何度も「本当の自分」に戻ればどんな願いも叶うと言い続けており、そのことに対する確信は強まるばかりです。では「本当の自分」に戻るとはどういうことか。それはまさしく「潜在意識」にブレーキが貯蔵される以前の自分に戻ることです。

 もちろん「潜在意識」をすべて外すことは不可能です。それは肉体を失うことと同じですから。しかし、常に自分をコントロールしている「潜在意識」のことを知り、できる限り客観的に付き合うことは可能です。それによって「潜在意識」にコントロールされてきた「表面的な自分」と「本当の自分」を分けることができ、そうやって初めて「本当の自分」に出会うことができるのです。

 そして「本当の自分」に出会った瞬間、願いはすべて叶う、、、と言うか、叶う願いしか持たなくなるのです。私たちは多かれ少なかれ「偽りの願望」を持って生きています。それは「潜在意識」に貯蔵された「条件」として意識化されます。「収入が高くなければならない」「社会的地位が高くなければならない」「学歴が高くなければならない」「カッコよくなければならない」「結婚しないと幸せになれない」、、、など。そのような通り一遍の「価値観」が、「本当の自分」の「願望」と一致するとは限りません。そのギャップが苦しみを生んでいるわけです。

 「本当の自分」に戻るとは、「潜在意識」に貯蔵された「条件」や「価値観」から自由になること。そんな意味でも、今回、改めて自分の「原点」を見てきたのは有意義でした。そして土曜日からする「滝行」もまた「本当の自分」を見つめる一つきっかけとなります。寒い、冷たい、痛い、怖い、、、でも「打たれたい」という好奇心をそのまま満たす行為。思えばこの6年間、そうやって滝行と付き合ってきたように思います。楽しみながら自分と付き合っていきたいと思います。

 実は今、とても賑やかなところでこれを書いているので、全然集中できていません。明日からは福岡の自室で書きますので、集中できそうです。と言うわけで、今日はこの辺で。ありがとうございました。


一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇【沖縄】3月13日(土):「宇宙となかよし」出版記念講演会
〇<福岡NLP-Ⅲ>2月26日(金):第一章・ロボットからの解放に向けて~言葉と感覚~

〇3月20日(土):栢野克己・石田久二ジョイントライブセミナーin東京~人生大逆転の戦略~


「早朝談話室」も受付中!

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterにも力入れていきます♪ (フォローをお願いします!)
by katamich | 2010-02-18 23:39 | ■精神世界