2010年は大きな流れにある! 2010.2.11

 実を言うと、、、先週くらいからツレがちょっと風邪気味でした。熱はないのだけど、ずっと喉が痛い感じで、おそらく乾燥のせいでしょう。そして私も2~3日前から喉が痛く、さらに、ちびQまで咳と鼻水が出始めていました。私はともかく、ちびQのコンディションでは東京大阪行きはどうかと危ぶまれましたが、幸い熱もなく元気だったので、最終的に行くことを決意したのが昨日の出発一時間前でした。それまでは宿も予約してませんでした。一応、荷造りだけは済ませて。実際、出る直前も、ちびQから写真に撮りたくなるようなデッカイ鼻ちょうちんを見てしまいビビリました。でも、今回の運命的な「流れ」に従って家を出ます。
 
 すると、なぜか東京に着いた途端、鼻水はピタリと止まり、元気倍増。今朝も大はしゃぎでお目覚め。私も大はしゃぎ。
b0002156_810282.jpg

 10時にはチェックアウトして近くで朝食。それから都営浅草線に乗り、ツレ・ちびQは日本橋で東西線に乗り換え。私も降りて、改札まで見送りました。がんばれよ、、、って気持ちで。大げさですかね。その後、私は再び浅草線に戻って、そこから目黒へ移動。ちょっとネットカフェで時間つぶして、3時頃からセミナーに参加しました。正直、今回の上京ついでに無理やり入れたようなスケジュールでしたが、何人かの作家予備軍の短いセミナーで、素晴らしい内容もありました。

 中でも横山信治さんという方の「鶴瓶はなぜ人に好かれるのか?」のお話。横山さんは元落語家で笑福亭鶴瓶の「兄弟子」という関係だったそうです。鶴瓶がテレビなどで時々、小学生の兄弟子がおった、、、みたいな話をされるのを聞いたことがありますが、そのご本人。小学生という話題性だけで一時期売れたはよかったものの、5年後の高校生にもなると、人気は急落。老人ホームで5人の観客(3人は寝てた)の前での営業を最後に落語家廃業。今では某金融グループの社長をなさっています。

 小学生の横山さんより3か月後に入門した二十歳の鶴瓶は、当初は芸人としてはさほど面白くもなかったと言いますが、ある事件をきっかけに一躍脚光を浴びました。その事件とは門下での宴会の席で。鶴瓶は普通に珍しくない「裸踊り」をしたそうなんですが、実はそれが物凄かったそうです。その話を軸に、成功するとは、、、という内容につながり、最後は会場が感動の渦に包まれました。私も感銘を受けました。なるほど、そうか。近々、横山さんは徳間書店から本を出版されるそうです。

 ところで、今日のセミナーの趣旨は、ベストセラー作家である水野俊哉さんの出版セミナーの二期生のお披露目のような趣旨でした。水野さんとは昨年の6月に博多でお会いしました。それこそ栢野克己さんの主催にて。水野さんも面白い経歴の持ち主で、20代で事業に成功した後、倒産し3億の負債を抱え、その後、紆余曲折して今では作家が本業。年に10冊近い本を出し、どれもがベストセラー(ちなみに「夢ゾウ」の水野さんではありません・・・)。セミナー後にご挨拶に行こうとしたら、水野さんから話しかけてくださいました。博多で会ったのを覚えてくれていたようです。そしてその場で今後の企画について話がつながりました。5月の後半頃、水野さんを博多に呼んで「お金持ち」についてセミナーをしてもらうことになりそうです。私がプロデュースするということで。こんな機会もどんどん作っていきたいと思っています。

 それから、今日初めてだったのですが、最近、めきめきと露出を広げている早川周作さんにもお会いすることができました。年末に本を出したのですが、それ以前にもすごい経歴の持ち主です。私も一度音声を聞いたことがあるのですが、一気に引き込まれました。経歴を簡単にご紹介しますと、


・1976年秋田県の裕福な家庭に生まれる
・高校受験に失敗しドカタの後、千葉県の進学校に入学
・家業が倒産し父親が蒸発、路頭をさ迷い母親と無理心中一歩手前で、とある法律家に助けられ、自らも法律家になることを決意、夜間の大学に進学
・アルバイトで入った法律事務所での仕事振りが認められ、投資家から数千万円の投資を受け起業
・どぶ板営業を繰り返しながらも順調に会社は成長するが、次なる野望に目覚める
・政治家になるべく羽田元首相の下で2年間秘書修行
・2005年民主党から出馬するも、大物二世議員を相手に、時は「郵政選挙」の逆風の中、見事惨敗
・現在は若干33歳にて80社の顧問先を持つコンサルタント・企業支援家として活躍
・交友は政財界を始めとして、「ユダヤ人大富豪」の本田健氏から、アルピニストの栗城史多氏など幅広い



・・・という感じですが、詳しくは早川さんのオフィシャルサイトまで。

 以前、早川さんの音声を聞いたときは、「すごいな~」と思って、どんなオーラの人だろうと思ったものの、実物はいたって普通な感じ(いい意味で)。ただ、どんな人に対してもなつっこく腰が低い、それでいて目の輝きは尋常でない、やっぱり只者ではない雰囲気をかもし出していました。

 今回、早川さんといろいろお話させて頂くこともあり、まずは30代を中心とした大きな流れが、今まさに来ていることを実感。早川さん個人としても、これからますます露出を高め、どんどん有名になり、もしかしたら今の日本社会の閉塞感を打破する突破口の一員になる気概を感じさせました。今はまだお友達の出版セミナーに顔を出せる状況にあっても、今後はまずそんなことはないと思われます。ついでに言うと、昨年の政権交代選挙に立っていたら100%当選したであろうことは、誰もが思ったことでしょう。

 私もどこかでコラボする機会があろうと思いますが、その早川さんは、私の友人であり公私共にお世話になっている鳥居祐一さんとのコラボセミナーが来週開催されるようです。

2月20日(土):鳥居祐一×早川周作 スペシャルコラボレーションセミナー 

 「人生を劇的に変える3つの力」と題して、まさしく様々な逆境に打ち克ってきた鳥居さんと早川さんがお伝えする魂のメッセージがここにあるのです。今日も早川さんとお話してたのですが、「逆境」こそが自らを成長させるチャンス。しかし、その「逆境」に打ち克つには、「夢」それを実現させるための「戦略」が必要であり、それは私自身も心から共感しています。その「夢」と「戦略」のコラボがここにありますので、お時間のある方はぜひ足を運ばれるといいと思います。特に鳥居さんも早川さんも、これからガンガン突き進む人でしょうから、ある意味、今がチャンスだと思われます。

 というわけで、今日は素晴らしいセミナーの後、出版関係者が多く集まるパーティにも顔を出してきました。私のことをする人も思ったより多く、「出版」のブランディング効果を初めて肌で感じる機会にもなりました。ほと、すごい人たちばかりでした。
 
 今後、私も次々と本を出して行く予定ですが、講演会やセミナー、さらに様々な人たちとコラボも広げていきたいと思っています。私の場合は、スピリチュアル系でも、ビジネス系でも、両方いけるという独特なポジションにいると思っていますので、すごくいいコラボができそうです。意外と空気読みますしね。その第一弾としては、3月20日(土)の東京での「栢野克己・石田久二ジョイントライブセミナー」がありますが、会場にはすごい人たちが姿を現しそうです。この流れにぜひ乗りましょう。ガンガンいきますよ。明日は出版社との打ち合わせと夜は山崎啓支さんのセミナー。山崎さんもまたどんどんすごくなってて、正直びびってます。

b0002156_9373695.jpg パーティの後は、最近、ゴルフ練習場をオープンされた北本さんのところに行って見学。すごいものを見せていて頂きました。写真は鳥居さんです。ほんと、興奮冷めやまぬ一日に感謝です。ちびQも友達の家で大騒ぎだったよか。さすがです。ありがとうございました。

大きな流れに沿ったクリックをお願いします!一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇【大阪】2月13日(土)・【沖縄】3月13日(土):「宇宙となかよし」出版記念講演会
〇<福岡NLP-Ⅲ>2月26日(金):第一章・ロボットからの解放に向けて~言葉と感覚~

〇3月20日(土):栢野克己・石田久二ジョイントライブセミナーin東京~人生大逆転の戦略~


「早朝談話室」も受付中!

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterにも力入れていきます♪ (フォローをお願いします!)
by katamich | 2010-02-11 23:39 | ■セミナー・研修・講演 | Comments(0)