素直 2010.2.1

 福岡に戻って参りました。今回の東京3泊4日はとても貴重な経験ができたと思っています。3日ぶりに、ちびQの顔を見たのですが、この3日間にいろいろ成長していたようです。まず、言葉が多くなったこと、声が大きくなったこと。ちびQは赤ちゃんにしては声が低いのかな。こんなもんかな。それからハイハイで後ろに下がれるようなったこと。どんどん行動範囲が広がっています。そして私の顔を見るとにっこり。正直、疲れが吹っ飛びます。

 昨年、子ども(ちびQ)ができたこともあり、なんだかますます「人間」に対する興味が大きくなってきました。講演会でもお話した通り、人間は実に「瞬時」に変化することができるのです。人間には「意識」と「無意識」があり、「無意識」にはさらに「無意識(狭義)」「潜在意識」「超意識」に分けられることは、これまでも書いてきたと思います。この中で「無意識(狭義)」は「潜在意識」に完全に支配されていますので同じと思ってもいいでしょう。ですので、大きく分けると「顕在意識」「潜在意識」「超意識」が人間心理(真理)の3層構造と言えます。
b0002156_12284418.jpg

 この中で一番変わりやすいのが「顕在意識」ですが、実はこれも「潜在意識」に支配されていますので、表向き変わったように見えても、「潜在意識」が変わらない限り、本当の意味で変化はありません。簡単な例で言うと、「生まれ変わったつもりで明日から早起きするぞ!」と強く意識しても、3日後には元に戻ってしまいます。

 ですので、いわゆる「変化」とは「潜在意識」における変化を意味するのが一般的です。では、その奥の「超意識」はどうかと言うと、結論から言うと「超意識」は変化しません。それは別の言い方をすれば「本当の自分」を指すからです。

 人間は生まれた時、「超意識」で生まれてきます。そこにはその人の元となるパーソナリティ、さらに言えば「宇宙」から与えられた「天命」があります。そして「潜在意識」はこれからどんどん情報が書き込まれるための白紙です。「意識」はまだありませんが、言語の習得とともに「意識」が形成され、それが「自我」へとつながっていきます。

 ですので、究極的には「超意識」と「潜在意識」が人間の根っ子にあり、情報が書き込まれ、いわゆるプログラミングをされるのが「潜在意識」となります。そして「潜在意識」は「超意識」を覆っていますので、「潜在意識」への情報量が多くなればなるほど「超意識」へのアクセスが難しくなります。まんじゅうで言えば、餡子が「超意識」で周囲の皮が「潜在意識」となります。まんじゅうの見た目は「皮」であるように、人間の見た目も「潜在意識」です。「皮」を食べないと「餡子」が出てこないように、「潜在意識」の奥を覗かないと「超意識」はわかりません。しかし、大人になるにつれて「潜在意識」のガード(情報量)は厚くなっていきますので、「超意識」つまり「本当の自分」が見えにくくなるのです。

 では、どうすれば「超意識(本当の自分)」につながることができるのか。一つのメソッドとして「瞑想」などがあげられます。禅や滝行などもその一つ。スピリチュアル系のセミナーでも、「超意識」につながろうとするものが結構あります。ソースや真我などもその一つです。また、ホ・オポノポノなど浄化系のメソッドでも「超意識」へと到達することはできるでしょう。

 しかし「浄化系」のメソッドは、「潜在意識」を完全にクリアにしなければ「超意識」につながることができず、クリアにしようとも何かあると自然培養さながらに「潜在意識」は元に戻ってしまいます。それも「潜在意識」は目に見えないので、どこまでクリーニングできたか判断できません。なので、その時は浄化できたと思っても、気がつけば元に戻っていることが多いのです。

 では、瞑想や禅はどうかと言うと、浄化系ではなく直接的に「超意識」を見るものなのですが、すぐに見えるものではなく、習慣や経験が重要となります。ですが、ある時、ある瞬間、急に「超意識」とつながれるので、経験した人にはよくわかることでしょう。

 「人間の変化」の話に戻しますが、人間は生まれ持っての「超意識(本当の自分)」の外側に「潜在意識」が覆っており、普段の私たちは「潜在意識」で生きています。「潜在意識」で生きてない人はいません。日本人は「梅干」と言うと「唾液」が出ますが、それは「梅干=唾液」という条件付けが経験の中でなされてきたから。一度でも牡蠣に当たった人の多くは、それ以来、牡蠣を食べられません。それは「牡蠣=食あたり」という条件付けがなされたからであり、「潜在意識」が「安心・安全」を守ろうとしているからです。つまり「条件付け(プログラミング)」とは「安心・安全メカニズム」のことなのです。

 こんな時、牡蠣が食べられるようになるにはどうすればいいのか。そこに「潜在意識」の書き換え(再プログラミング)という作業が入ります。その方法について今日は割愛しますが、「潜在意識」が牡蠣を拒絶しているプログラムを書き換えれば、その人は「牡蠣が食べられない人間」から「牡蠣が食べられる人間」へと「変化」します。それが「潜在意識」としての「変化」であり、私たちの多くはこの「変化」を変化だと思っています。

 もちろんその「変化」はとても重要です。仕事をする時、英語が必要であれば、「潜在意識」に英語そのものをインストールすることで「英語ができない私」から「英語ができる私」へと変化します。ちなみにインストールする方法は簡単です。勉強すればいいだけ。そして英語とたくさん触れておけばいいだけ。インストールなんて言い方すると、妙に簡単そうな響きがありますが、実際には時間はかかります。でも確実。

 もう一度言いますが「潜在意識」の上での変化は日常的にはとても大切。人前でしゃべられない人が、平気でしゃべれるようになるような変化。これも潜在意識の変化です。

 しかし、私がここで言いたいのは、もう一つの変化。つまり「潜在意識=条件付けされた自分」から「超意識=本当の自分」への「変化」のこと。「潜在意識」を完全に除去することは不可能です。当たり前の話。身体感覚がある限り「潜在意識」は残りますから。でも、その上で「超意識」につながることが、ある意味、私が目指している本当の意味での「変化」です。では、どうすれば「超意識」につながり「本当の自分」へと変化することができるのか。

 それが私の、そしてこのブログでの大きなテーマですので、一言で言うことはできません。そのテーマで本が書けそうですし。それでもあえて一言で言うとすれば、それは昨日のブログでも書いた通り「素直」になることに尽きます。じゃあ、「素直」ってどういうこと。。。それこそ簡単に一言では言い表せないものの、要するに「素直」になること。「素」の自分に戻ることなのです。

 あえて言うならば、自分に問いかけてみるといいでしょう。「私は素直ですか?」、と。それでYESであればそうだし、でも、多くはそうとは言い切れないのかも、と思っています。「素直」とは人が言うことを鵜呑みにすることでもなく、わがまま勝手にふるまうことでもありません。

 具体例を出しましょう。有名なコピペにこんなのがありました。


バイト先に彼氏いない歴25年らしい大人しい子がいた。
局の子にお昼おごらされたり、派遣社員の子から高額なマルチ商法の商品買わされたりしてた。
皆が「アイツはお人好しだから何言っても絶対断らない」と
学生のイジメのようにバカにして嫌な事押し付けたりしていた。
もともとその子を優しくて良い女だと好感を抱いていた上に
この子なら断らないかもと思った俺は彼女を休日に食事に誘ってみた。
生まれて初めて女性からOKをもらい、嬉しくて店を色々調べて下準備し、
当日は思いきりお洒落してピカピカに洗った車で迎えに行き、
頑張って話を盛り上げてご飯を御馳走し、家まで送り届けた。
とても楽しくて何度も誘った。彼女も楽しんでくれていると思った。
段々好きになって今度告白しようと決心して食事に誘った時、
「本当はずっと嫌だった。もう誘わないで欲しい」と言われた。
彼女の顔は気の毒になる位必死だった。きっと決死の思いで言ったのだろう。
「ほら~!麻衣、ちゃんと断れるじゃないですか!今度から嫌な事
頼まれたら、今みたいにビシッと言えよ!俺、ずっと麻衣が
何言っても断れないの、心配したよ!」
と、俺は泣き出しそうなのをこらえて出来るだけ明るく元気に取り繕った。
彼女はとてもホッとしたような顔をして何度も俺にお礼を言った。
俺から好かれている訳じゃない事がわかって、そんなに嬉しかったのかな。



 笑い話のようですが、言うまでもなく、この「麻衣」という女性は「素直」ではありません。なぜ「素直」になれないのか。これまた言うまでもなく「潜在意識」がそれを邪魔しているからです。「断れない」というのも、例にもれず「潜在意識」の「安心・安全メカニズム」によるもの。つまりこの女性は、過去に何かを断った時にひどい目にあったか、または両親などから断らない従順な性格へと条件付けされてきたのです。「断れない」はそのような「条件付け」によってプログラミングされたもの。周囲の人間はその人のことを「断れない女」と見ると思いますが、言うまでもなく、それはその人の「本当の自分」ではありません。

 しかし、この方は「断る」という一大決心をしたことで、一瞬であったとしても「本当の自分」を見出し、それを認めてもらえました。「素直」になることができました。もちろんこの女性がこの後、どうなったかはわかりません。でも、きっと変わっていけたのだと思います。

 ただ、私たちはこの女性のことを、必ずしも笑えません。なぜなら誰もが何らかの「プログラム」に支配されて生きているロボットなのだから。「潜在意識」という司令塔から、常にコントロールされ、意に反することであっても従ってしまうロボットなのです。先ほどの例で言えば、「牡蠣が食べられない」も立派なロボットです。もちろんこんなのは取るに足らないことであるにせよ、多かれ少なかれ、人は「潜在意識」にコントロールされるロボットなのです。

 私が目指す、そして導いていきたいと思っているのが、まさにロボットからの解放です。潜在意識から自由になり、本当の自分を生きること。自分らしく生きること。自由になること。

 嫌なことをしない、好きなことをする。これの意味するところも、やっぱり潜在意識の支配から自由になり、本当の自分を生きることなのです。人は誰もが「潜在意識」という「皮」に覆われています。しかし、ある時、その皮が破けて「超意識」が出現します。それを「脱皮」と言います。その時に初めて「本当の自分」とは何かがわかるのです。

 と言うわけで、「本当の自分」については、これからもいろんな角度でお話していきたいと思っています。ところで、一つご案内。以前、ちょっとアナウンスさせて頂いたと思いますが、3月20日(土)に東京にて講演会を開催します。その名も、

栢野克己・石田久二 ジョイントライブセミナー in 東京 ~人生大逆転の戦略~

です。これはエグイですよ。私も栢野さんに負けないよう、食われないよう、自分らしく爆発したいと思っていますが、それでもやっぱり栢野さんはただ者じゃない。ヤバイ人です。クローズのセミナーが多い人だし、「自己啓発」などについて語ることもほとんどないので、めちゃくちゃ貴重な機会だと思っています。私なんかよりも遥かに悲惨な人生。それが文字通り「人生逆転」をして、今、乗りに乗っています。凄いセミナーになることは間違いありません。老若男女たくさんのお越しをお待ちしております。ありがとうございました。

バナーは自分らしく生きている人!一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇【大阪】2月13日(土)・【沖縄】3月13日(土):「宇宙となかよし」出版記念講演会
〇<福岡NLP-Ⅲ>2月26日(金):第一章・ロボットからの解放に向けて~言葉と感覚~


「早朝談話室」も受付中!

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterにも力入れていきます♪ (フォローをお願いします!)
by katamich | 2010-02-01 23:39 | ■精神世界 | Comments(0)