宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

・・・・ 2010.1.28

 まだ起きてます。午前3時過ぎなんですが。今から寝ると、明日の飛行機に乗り遅れそうなので、頑張って起きておくことにします。29日から東京。それまでいろいろしなければならないことがありましたが、どうにか片づけました。後はブログ書くだけ。うん、何書こうかな。今日は文章書き過ぎて、出てこない、出てこない。と言うか、頭が朦朧としている感じ。これはこれでいい。飛行機では熟睡するぞ。

 それにしても何書こうかな。降りてこい、降りてこい、降りてこい・・・降りてきた。なんかさあ、条件付きの「幸せ」ってしょうもないな~って思うのです。お金があるから幸せ、時間があるから幸せ、子どもがいるから幸せ、健康だから幸せ、とにかく生きているから幸せ。

 なんだかそんなのはどうでもいい感じがします。と言いながら、ひと眠りして起きると、そんな風に思ってる自信はないわけですが。とにかく今この時の気持ちとしては、そんな感じ。じゃあ、どんな幸せがいいのだろう。幸せだから幸せってのが一番のような気がします。

 人間ってすぐに「条件」を付けたがりますよね。と言うか、「社会」そのものが「条件」で成り立ってるわけですから、当然と言えば当然。よく議論に上がるのが、なぜ人を殺しちゃいけないのか。法律で罰せられるから? じゃあ、罰せられなかったらいいのかな。戦争状態では人を殺すことがいいことになるけど、それって本当にいいのかな。なぜ人を殺しちゃいけないかなんて簡単。殺しちゃいけないから、殺しちゃいけないんです。このケースならいいけど、このケースならダメなんて「条件」は元々なくって、そんなのはおそらく5万年前の人類だって知ってたこと。でも、現代人はすぐに「条件」で物事を判断しちゃいます。

 そもそも「潜在意識(無意識)」ってのが「条件」の塊です。生まれたばっかりの赤ちゃんってのは、DNA的な本能しかなくって、私たち大人が「潜在意識」って言ってるものは、基本的に白紙。もちろん過去世の記憶とか、アカシックレコードとかあるんですが、とりあえずそれは横に置いときましょう。でも、やっぱりアカシックレコードの話を聞きたいですか。そんなこと言って、語れるだけの言葉を知らないのだけど、少なくとも、ちびQは完全にアカシックレコードとつながってるね。赤ちゃんはみんなそうだけど。

 アカシックレコードにはちゃんと書いてるんです。なぜ人を殺しちゃいけないのか。それは殺しちゃいけないから殺しちゃいけないんです。これ以上にわかりやすい話はないんです。でも、私たち人間は成長するにつれて「潜在意識」にいろんな「条件」が書き込まれていきます。例えば、ちびQで言うと、最近はお風呂の前では足をバタバタしなくなりました。なぜかと言うと、お風呂の前でそれすると、足が痛くなるから。何度か痛い思いしたのだけど、いわゆる「潜在意識の安心・安全機能」によって、「お風呂の前でバタバタ=痛い」というプログラム、つまり「条件」ができてしまったのです。バタバタしたくても、痛いからしなくなる。これが「条件付け」です。

 こんな感じに、私たちの「潜在意識」には、数限りない「条件」が書き込まれていて、知らず知らずのうちに、その「条件」に支配されてるのが大人ってやつです。中には不都合な条件だってたくさんあります。例えば「やる気がない」ってのも、条件の一つ。「やる気」を出すと、痛い思いしたり、変化したりすることを、知らず知らずのうちに埋め込まれてしまってるのです。

 なので「今日はやる気がない」ってのは、なんだか自分の意思のようだけど、実は違うんです。「潜在意識」の中の「やる気抑制装置」が働いて、それに支配されてるだけ。赤ちゃん見ててわかるのは、彼らは「今日はやる気がないから起きない」とか「泣かない」とか「食べない」とか言わないですよね。起きたい時に起き、泣きたい時に泣く。たったそれだけ。

 なので、そもそも「やる気」なんて言葉使う時点で、完全に支配されてるわけです。それって自由ですか? 赤ちゃんは確かに行動範囲が狭いです。でも、彼らは彼らの行動範囲で最善を尽くして、その上で徐々に広げていってるわけです。とっても「自由」だと思いませんか。

 本当はやらないといけないけど「やる気」がない、どうしたらいいですか。そんなのやらなければいいだけ。でも、やらないといけないらしい。その狭間で「やる気」って言葉が浮き彫りになって、それに支配されてることに気づかずに、今日も生きてきたわけです。人間は。

 ちょっと難しい話になってきましたかね。ともかく、私たちは「潜在意識」という司令塔に常に支配されてる、単なるロボットなのです。それって「自由」でしょうか。違いますよね。

 人間社会ってのは、まず「潜在意識」にいろんな「条件」が書き込まれ、それが人間関係や社会に波及しているもの。殺しちゃいけないって話に戻りますが、私たちが「人殺し」って考えると、そこには「刑罰」とか「痛い」とか「家族が残される」とか、反射的に「条件」を思い浮かべないでしょうか。そうなって時点で、すでに自由を奪われていることに気が付いてください。

 罰せられるから、痛いから、家族がかわいそうだから、、、人を殺しちゃいけない。何度も言うけど、そんな「条件」によるものじゃなくて、殺しちゃいけないから殺しちゃいけないのです。アカシックレコードにちゃんと書いてます。よかったら読みに行ってください。でも、社会生活していると、すぐに「根拠は?」とか「理由は?」とか言われて、それはそれで生活上は大切。でも、本当はそんな「根拠」とか「理由」を探さなければならなって、そもそも「自由」じゃないんです。潜在意識や集合的無意識、それが3次元かした「社会」に支配されてるだけ。

 私たちは本来は「自由」な存在です。条件反射に支配される存在じゃないはず。まず、そのことに気がついて欲しい。では、そこで「幸せ」について考えましょう。私の言いたいことはわかりますよね。何かがあるから、、、という「条件」に支配された「幸せ」ってのは、本来、私たちが求める「幸せ」ではないってこと。

 私たちはそもそも「幸せ」な存在なのです。それ以上でも以下でもない。何があっても、何がなくても「幸せ」なのです。アカシックレコードにちゃんと書いてます。ちなみに、私はバシャールも神との対話も読んだことありません。意外ですって? 確かにバシャールは2頁だけ読みましたが、「ワクワク」って言葉だけ知ってそれ以上はOKです。「神との対話」は触ったことすらありません。

 そもそもそんな本など読まずに、私たちを支配している「条件」ってやつを取り外したら、アカシックレコードになんか普通につながれます。これ、マジの話です。じゃあ、「条件」を外すってどうすればいいの。これまた「条件」を外すための「条件」なんてのは存在しなくて、ただ、・・・・ばいいってこと。「・・・・」したのは、伏字じゃなく、まさに「・・・・」なのです。阿部さん流に「いまここ」って言えばわかりやすいのでしょうし、釈迦的に「空」とか言っても間違いじゃないかもしれない。でも「条件」を外すって、そういう表現しかないわけで。

 となると、そこにあるのは「幸せ」しかないってこと。だって「条件」を外したら、本当にそれしかないんですもの。むしろ「条件」なんてものを意識することすらおかしい。ただ、そこに「幸せ」があるだけ。それ以上でも以下でもないんです。よって、私たちは「幸せ」なのです。

 ふう、、、一気に書いた。自分でも何書いたか、、、読み返してないのでわかりません。今日はこのままアップしたいと思います。誤字脱字あると思うけど、大目に見てくださいね。そしてよかったら「出版記念講演会」にも来てくださいね。まだ席はございますので。ではでは、おやすみなさい、、、と言いたいのですが、今から寝ると起きれん。よって、、、あと3時間ちょっと頑張ることにします。何して頑張ろうか。坐禅でも組もうかな。ありがとうございました。

バナーが可愛くなりました!一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇【東京】1月31日(日)・【大阪】2月13日(土)・【沖縄】3月13日(土):「宇宙となかよし」出版記念講演会
〇<福岡NLP-Ⅲ>2月26日(金):第一章・ロボットからの解放に向けて~言葉と感覚~


「早朝談話室」も受付中!

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterにも力入れていきます♪ (フォローをお願いします!)

男の子です!
b0002156_413335.jpg

b0002156_4151174.jpg

by katamich | 2010-01-28 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン