宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

いつもえくすたしい 2010.1.16

 2010年、最初の「7日滝行」を満行しました。7日間はあっという間ですね。今年も2~3回は21日行をすることになると思いますが、「滝行」はまさに生活の一部です。2004年から開始した滝行も今年で6回目の冬。これから一時、寒くなっていきますが、春の滝はまた格別となります。その春の滝を味わうために、今、冬の滝に打たれているようなもの。大自然が目覚める、そのエネルギーを全身に浴びるのです。

 ところで、ここ最近、自問自答することがいろいろあります。昨年末、大きな「夢」であった「出版」を実現し、それも自分ができる最高の形で締めくくることができました。そして今、私はこれからどこに進もうかと自問自答するのです。もちろん本は次々と出していきたいと思っています。ネタもたくさんありますし。セミナーや講演会もどんどんやっていきます。ブログだって毎日書き続けます。そして、ちびQが大きくなるにつれて、周囲の環境もどんどん変わっていくとは思います。つまり、これからも変化し続けるし、今までやってきたことがどんどん拡大していくと思っています。

 しかしながら、そのような傾向とは逆に、自分の内面へ内面へと向かっている自分がいるのも事実。その方向を体現したのが、私にとって「禅」との出会いなのかもしれません。「禅」における基本中の基本にして、最大の問いかけとは「本当の自分」とは何かということ。それが第一の「公案」です。

 とにかく「本当の自分」になりつくす。そこでわかったことが一つだけあります。これが「公案」の答えかどうかわかりませんし、どうか私の意見に影響を受けないで欲しいと思っていますが、それは。。。

 実は「本来の自分」なんてものは「ない」ようです。と言うか、「自分」とか「私」なんてものはこの世に存在しない。そもそも「私」ってなんでしょう。私の名前は「石田久二」であり、福岡に住む36歳男性。本を出版し、セミナーや講演会やコーチングなどをやっています。スピリチュアルなものに興味がありますが、普通に金銭欲も性欲もあります。
 
 しかしもし、将来、性欲がなくなってしまうと、それは「私」ではなくなるのでしょうか。セミナーをやらなくなったら「私」ではなくなるのでしょうか。さらに言えば石田久二という名前でなくなると「私」でなくなるのでしょうか。もっと言えば、いつか生命が無くなると「私」でなくなるのでしょうか。決してそんなことはないと思います。私もいつか死にます。私の親は先に死にます。しかし、親が死んだところで親の存在がこの世からなくなることはありません。私の心には永遠に残り続けます。私の祖母はすでに亡くなってますが、今でも心の中には存在しています。だから、私の本にも登場させることができたのです。

 結局のところ、名前や属性はおろか、生命さえもがなくなったところで「私」という存在がなくなるわけではありません。では、これがなければ「私」が「私」でなくなるような何かとは存在するのでしょうか。もしも人々の記憶から「私(石田久二)」が一切なくなったとしても、この地球上、いや宇宙に「私」が存在していたという事実としての「私」は残ります。

 もう一度問いますが、これがなければ「私」が「私」でなくなるような、最も最も「純粋な私」とは何か。実はそこには概念としての「私」はあったとしても、実体としてはどこにも存在しないというところに行きあたります。それこそ「純粋な私」としか表現しようのない、目に見えるとか見えないとかを超越した「私」があるわけです。しかし「私」なんてものはどこにも存在しない。

 結局、そこに行きついてしまうのです。言葉でうまく言い表せないのがもどかしい。そもそも存在しないのだから「私」は永遠に死なない。輪廻転生とか霊魂とかそんな話じゃなく、私には永遠不滅の「私」がいるけど、そもそも「私」などは存在しない。どうです。まったくわかりませんよね。でも、そんな表現しかできないのです。

 もしもあるとすれば、今ここ、、、、あれ??どっかで聞いたフレーズ。結局、阿部敏郎さんがブログで書いてることになるのかなあ。「禅」では「二念をつぐな」と言われますが、「〇→△」なんてのは、本来存在しようがないのです。「雨が降っている→洗濯物が乾かない」、、、は一見事実のように思いますが、「雨が降っている」という現象はそれ以上のものでも以下のものでもなく、「洗濯物」とは何の関係もないはず。それこそ「大きなお世話」です。

 でも、私たち一般の思考様式は常に「〇→△」で成り立ってます。「不況だ→将来が心配」、「金がない→困る」、「雪が降ってる→寒い」、、、など。そもそもこの思考様式は「リンゴが落ちた→万有引力」という思考パターンの元になっているので、「〇→△」ってのは、近代科学の元素だし、そのおかげで今、ブログを書けている事実があります。とてもありがたいです。

 なので「〇→△」は生きる上ではとても大切ではありますが、そもそも「〇→△」など存在しないのも、これまた事実なのです。私たちは「〇→△」によって生活を向上させてきましたが、一方で「〇→△」があるから苦しみを生むわけです。「〇→△」は確かに大切。でも我々はいつでも「〇→△」などないところに立ち戻ってもいいのです。そして究極は「〇→△」どころか「〇」さえこの世には存在しません。

 とまあ、そんなことがですね、、、ちょっとわかってしまったのです。と言いながらも、これってずっと前から知ってたし、ブログでも書いてきたような気がします。世の中は「無色透明」だとか。もうわかりきったことであるにも関わらず、今日、こうやって自然と手が動いて文章を書いている「私」がいます。え??

 まあ、結局のところ、真冬の滝行やったところで、そもそも「私」など存在しないのですから、どうってことないのです。不安や悩みなども存在しなければ、未来も過去も存在しません。もしもあるとすれば、それは、、、えくすたしい、、、のような気がします。エクスタシーではなく、えくすたしいです。そう、純粋な私とはえくすたしいそのものなのです。

 伝わらないことばかり書いてすいません。ところで今日は友達のお家で新年会がありました。新年のお祝いに加えて、私の出版祝いなども兼ねて。嬉しいですね。ちびQも参加しました。嬉しいですね。えくすたしいですね。ありがとうございました。

クリックはえくすたしい!一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇1月31日(日)・2月13日(土):「宇宙となかよし」出版記念講演会 in 東京・大阪

「早朝談話室」も受付中!

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterにも力入れていきます♪ (フォローをお願いします!)
by katamich | 2010-01-16 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン