平成16年新語・流行語大賞 2004.12.1

流行語大賞発表。ついでに『今年の漢字』も予想

 さて、師走。早いものですね~。そろそろ「自分的今年の10大ニュース」なんてのを考えないといけない時期。今年は濃かったからたくさんありそうだな~。
 
 そして師走といえば、恒例の「新語・流行語大賞」の発表です。このネタ、かなり好きなんですよね。今日は「なっちが紅白辞退」なんてニュースもあったけど、やっぱり予定してた通り「流行語」をテーマにします。

 今年の流行語、トラバ元にあるように、

「チョー気持ちいい(大賞)」 :アテネオリンピック水泳代表選手 北島康介 さん
「気合だー!」:アニマル浜口 さん
「サプライズ」:自由民主党幹事長 武部勤 さん
「自己責任」:該当者なし
「新規参入」:ライブドア社長 堀江貴文 さん
「セカチュー」:作家 片山恭一 さん
「中二階」:参議院議員 山本一太 さん
「って言うじゃない… ○○斬り! …残念!!」:波田陽区 さん
「負け犬」:酒井順子 さん
「冬ソナ」:チュサン役 萩原聖人 さん ユジン役 田中美里 さん

でした。11月13日の予想エントリーでは、

「ハッスル!ハッスル!」
「セカチュー(世界の中心で○○○)」
「韓流」(当確)
「○○斬り!」
「って言うじゃない」(当確)
「さぁー!」
「電車男」
「冬ソナ」
「サプライズ」(当確)
「ライブドア」
「残念!!」
「ヨン様/ジウ姫」

だったので、「電車男」と「さぁー!」と「ハッスル!ハッスル!」以外は一応入りましたね。「韓流」と「ヨン様」は「冬ソナ」関連なので一緒、「ライブドア」も「新規参入」で一緒。「冬ソナ」は直接性で、「新規参入」は一般性で優先させたのかな。

 それにしても納得いかないのが、「ちょー気持ちいい」と「気合だー」が入って「ハッスル!ハッスル!」が入らなかったこと。「ハッスル!ハッスル!」ってみんな使ってたでしょ!。それに比べて「ちょー・・・」とか「気合・・・」なんて、日常で使ってる奴見たことないですよ。第一、「ちょー・・・」なんて言った瞬間から、「今年の流行語」なんて言われてたし。きちんと流行するか見計らってから決めて欲しいですよね。何度も言うけど「最初から狙ってた的」なのは勘弁してよって感じ。やっぱり、「さぁー!」が自然だよ。

 それから「気合だー」のアニマル浜口って何?娘をオリンピックに出るようトレーニング、って言うじゃなぁ~い。でも、アンタ、本当の流行語は「こんばんは。ラッシャー木村です」で・す・か・らー!、残念!!、ラッシャーはどこ行った!!、はぐれ国際軍団斬り~!!

 そうそう、波田陽区が3つも入ってたのが嬉しい。

 そして、「ハッスル!ハッスル!」。これこそ本命として「流行語」に相応しいと思うのですが。これなんか、一昨年だったか「ファイナルアンサー」が入らなかった時くらいの納得いかなさですよ。

 かと思うと「中二階」とか知らないのが入ってたりするし。「負け犬」もはぁ~?って感じですよね。一方で称えたい面もあります。それは「自己責任」が入ってたこと。しかも「該当者なし」と言うのが逆に笑える。これは「流行語大賞」の質的前進と言えるものでしょうね。これだけは笑えます、もとい認められます。

 関係ないんですが、こうなったら面白かったのにと思ったこと。

 「今年の流行語大賞は、ノミネートはされませんでしたが、その後の爆発的な流行と社会への影響、時勢への反映から『クロちゃん』と『のりぴ~』に決定しました。黒田さん、紀宮様どうぞ!!」。ありえないか。

面白いと思われたらワンクリックお願いします→人気blogランキング

(写真はラッシャーさん)

b0002156_0581094.jpg

Commented by finger_5 at 2004-12-02 23:27
はじめましてこんばんは。TBありがとうございます。
>称えたい面もあります。それは「自己責任」が入ってたこと。しかも「該当者なし」と言うのが逆に笑える。
これに同意です。どんな場面で使われていたかを思い返すと、やっぱり色々とんでもない一年だったなと思います。
ちなみにもしもクロちゃんノリピーが受賞したら、私ユーキャンで資格取ります(笑)
Commented by katamich at 2004-12-03 00:16
コメントありがとうございます。
とても楽しいブログで思わずTBさせて頂きました。「今年の漢字」もやろうと考えたんですが、もうちょっとあとのネタに取っておこうと思って。でもあえて考えると、冬ソナブームから「韓」、純愛ブームから「純」あたりも考えられるかな。でも「災」あたりが妥当ですかね。自分的今年の漢字は、、、たくさんあるので、この次に書きたいと思います。これからもよろしくお願いします。
by katamich | 2004-12-01 23:09 | ■時事問題 | Comments(2)