宇宙の愛 2009.9.10

 大阪滞在3日目です。ちびQはじいちゃんばあちゃんにとってもなついており、ずっとニコニコニコニコしています。今日は私の親父(ちびQのじいちゃん)が仕事に行き(数学の非常勤講師)、私とツレとおかん(ちびQのばあちゃん)とちびQの四人でお出かけしました。

 まず、私が大阪にいた頃、しばしば行っていたある場所を訪れ、その後、ちびQの食器を買いに行きます。明日はちびQの「食べ初め」をするのです。おばあちゃんから一番いいのを買ってもらいました。その後はうどん屋で昼食。お座敷の個室に通してくれたので、ちびQもそこでおっぱい。家に帰ると、寝たりミルクやおっぱい飲んだり、遊んだり、とにかく元気に9時頃寝ました。
b0002156_033148.jpg

 今、ちびQはすやすや寝ています。寝顔を見ていると、本当に「愛と感謝」の言葉しか思い浮かびません。俺ってなんて恵まれてるんだろう、、、つくづくそう思います。私はちびQのことを本当に無条件で愛しています。私は人より表現がストレートなのでそのように言いますが、おそらくはほとんどの親がそのような気持ちでわが子を見てきたのだと思います。もちろん世の中にはいろんな親が存在します。でも、人間の「本質」としては、わが子を愛さない親など存在しないのでは、と思っています。そう信じています。

 確かに今も虐待などで苦しんでいる親子は存在しています。でも、実は子どもが虐待に苦しめられている以上に、虐待している親はもっと苦しいのだと思います。少なくとも楽しんで虐待している親はこの世には存在しない。統計を取ったわけでもなんでもありませんが、人間の「本質」から見て、私はそのように信じています。

 そう考えると、人は誰もが「愛されて生まれてきた」と言えます。何度も言いますが、確かにそうとは思えない状況の親子もいます。ですが、虐待している、愛を表現できない親には、相応の「理由」があり、それを取り除いたところには純粋なる「愛」しかない。私はそう信じています。

 私がちびQを愛しているように、私も親から愛されて育てられてきた。そして両親ももちろんその親からの愛を受けて生まれ育った。さらにその親も、という具合に、私たちの人類の歴史とはつまり「愛の歴史」であるとも言えるのです。そして最終的に、究極的にさかのぼると、それはやはり「宇宙」にまでなります。
 
 つまり「最初に宇宙の愛ありき」で私たちは今、ここにいるのです。宇宙とは「愛と感謝」だと体験したことの説明にもなるでしょう。私がわが子であるちびQを無条件に愛しているように、宇宙は私(たち)のことをとてつもなく愛してくれている。本当にとてつもなくです。

 今後、ちびQに自我が芽生えてくるとともに、必ずしもちびQの望みどおりのことはしないと思います。お菓子を欲しがっているからと言って、無闇に与えることはないでしょう。おもちゃが欲しいとどんなに泣き喚いても、無闇に買い与えることはないでしょう。一言で言うとそれが「しつけ」であり、私自身も親からそのように育てられてきました。

 もしも「しつけ」がなければ、人は「自我」をコントロールすることができなくなり、自らを痛める結果を招くでしょう。「しつけ」とは「躾」、つまり「身」を「美」にすると書くように、人を美しいものとするためにあるのです。ですので、お菓子を買ってもらえなかったとしても、それは子どものため、子どもの将来のためであり、そこに「愛」があるがゆえなのです。

 同じように、私たちは日常の生活の中で、うまくいかないことをいくつも経験します。「苦」と言ってもいいでしょう。できることならば「苦」を避けたいと考えます。しかし「苦」があるからこそ、人は成長できるわけです。自分自身の過去を振り返ってみると、成長あるところには例外なく「苦」がありました。

 つまり、「苦」とは、まさに宇宙からの「愛」に他ならないのです。どんなに苦しんでいたとしても、宇宙は、その人が乗り越えられない「苦」を与えることは絶対にありません。そして「苦」の度合いが大きければ大きいほどに、その人の「成長」の度合い大きくなります。それは「魂」の成長と言って良いかもしれません。

 そこで「苦」を単なる「苦」としてとらえず、そこに「愛」を見出す方法があります。それが「感謝」です。「苦」とは例外なく宇宙からの「愛」です。その「愛」をきちんと受け入れること、それがすなわち「感謝」なのです。

 私自身の経験談で言うと、その辺のことを気づき始めたのが2004年の6月あたりのこと。苦しみに「感謝」する。とにかくあの時、今も将来も単に苦しいだけでした。そうなると自分にできることは「感謝」、、、それしかなかったというのが本当のところ。そして会社を辞める最後の最後に、会社員生活を通して最も大きな「苦」に直面しました。しかし、私はそれでも努めて「感謝」していました。その2週間後には「辞表」を出すことができました。

 その後の私もやはり「苦」の連続。でもそのたびに私は「感謝」をしてきたと思います。それはつまり宇宙からの「愛」を受け入れること。宇宙からの「愛」を「感謝」で受け入れる。そこに何かとてつもないパワーが生まれます。そして私が今、こうやっていられるのも、その都度その都度、パワーを身につけていっていたから。そう思います。

 いよいよ週末は久々の大阪セミナーです。2日間でやりますが、当初は各20名を定員としていました。しかし、うっかりしていると2日目が定員オーバーしており、急きょ会場を変更拡大しました。それでもなお、1日目も2日目も定員に達してしまいました。つまり満員御礼。 

 満員になって言うのもなんですが、今回のセミナーに参加できる人は、本当にラッキーだと思っています。根拠などありませんが、本当にそう思っているのです。私にとっては新たなステージがこのセミナー。そのための新たなパワーを得たセミナーなのです。詳しくはセミナーの場で申し上げたいと思いますが、実は、私は最初から満員御礼になることがわかっていました。その話を聞くだけでも、セミナー代以上の価値はあると思います。

 今日のメッセージは伝わったでしょうか。大切なことを書いたつもりです。ありがとうございました。


スピリチュアルランキング2位!一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング


おかげさまで両日とも満員御礼となりました!
     ↓       ↓
〇9月12日(土)・13日(日):クイックチェンジ・実践NLPセミナー in 大阪 ~ 瞬時に変化を遂げる 愛と情熱の2日間コース ~



「早朝談話室」も受付中!

○オフィシャルサイトはこちらです!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterも登録してみました♪ (まだよくわかんない・・・)
by katamich | 2009-09-10 23:39 | ■精神世界