宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

滝行にみる「想い」 2004.11.27

 今朝は2週間ぶりの滝行。回を追うごとに寒く、水も冷たくなっているので、これからの本格シーズンを予見させます。

 実は今日で6回目です。他の人は水・土の週に2回滝行に行ってるのですが、私はサラリーマンなので土曜日のみ、それも毎週は難しいので月に2~3回程度となっています。それでも行った時は割合みんなにとけこんでいる気もします。

 今日も一人で滝に打たれました。一人は3回目です。しかし、今日はなんだかつまづきを覚えたような気がします。先ずは、悪霊をブロックするために「九字を切る」という作法をするのですが、どうも格好よく様にならず、滝行の「導師」からお叱りを受けました。「まだ3回目」なのに、「もう3回目」だと無意識に鷹をくくっていたのかもしれません。恥ずかしい限りです。

 そして滝に入りました。今日はなぜか「妙に苦しい」のです。確かに入り始めはいつも苦しいのですが、今日の苦しさは今までで一番で、苦しさが異常に思われました。水が冷たくなったこともあるでしょうが、正直、これは長く入ってられないと思いました。通常は般若心経を3回唱えるのですが、今日は1回にして出てしまおうとまで考えました。

 苦しみながら目を瞑って般若心経の一回目を唱えている時、突然、体を触られる感触を得ました。なんと、次に打たれる方が、水の中をつたって私の姿勢を正しにきたのです。示されるままに姿勢を整えました。すると今までの苦しさがふっと軽くなり、無事に3回唱えることができました。これも意図せずに変なポジションに足場を置いてしまい、姿勢が崩れていたのでしょう。後から聞いた話ですが、滝の「導師」は私が苦しんでいることをきちんと察しておられ、正しに行くよう命じたということです。

 「導師」の指導は大きく二つあります。

 一つは「想いを捨てること」です。滝というものはただそこに存在しているだけで、全ての人に平等にあります。冷たい、痛い、息苦しい、辛いなどは、全て「私」の側が発する想いです。自然のあるがままに身を任せ、不満を思わず滝と一体化することがこの行の目的の一つです。しかし、今日は思いっきり「苦しい」と感じました。「苦しい」と思うのは私の所作以外の何物でもなく、滝が冷たくなって私に特別辛く当たっているのではないのです。私が今回、「苦しい」と感じたのは、無意識のうちに「在るもの」への軽視や不満が出ていたのでしょう。

 「導師」の指導でもそうでしょうが、「滝」というものは、そのまま「世の中」や「人生」に例えられるものと考えています。つまり「世の中」や「人生」も私がどうこうする以前に「在る」もので、それをありのままに受け入れることが大切だと思うのです。ありのままに受け入れるとは、つまり何事にも「感謝」することだと思います。

 その意味で、今回、「苦しい」と特に感じたのは、世の中や人生に対する不満の想いが現れていたのかもしれません。大切な気づきを与えてもらいました。(ちなみに滝行の最終段階では、体の中を滝が通り抜けるかように、滝と身体とが一体化する感を覚えるのだそうです。まさしくウパニシャド哲学なんかでいう「ブラフマン」と「アートマン」の一体化(梵我一如)ですよね。)

 導師の指導の二つ目は「腹から声を出すこと」です。これは丹田の鍛え方と言うらしく、呼吸を腹でし、喉ではなく腹から声を出すことが大切だというのです。私は吹奏楽器(クラリネット、サックス、ディジュリドゥなど)をやっているので、腹式呼吸や腹から音を出すことは、人よりも訓練されており、既に出ているものと鷹をくくっていた面があります。しかし、それは単なる技術的な面以外の重要な意味があることを教えてもらいました。

 一緒に滝行をしているお仲間が、参加し始めた当初に導師に言われたそうです。「お前は口では『ありがとう』というが、腹の中は真っ黒だな」と。その方は、昔から「ありがとう」のエネルギーの強さを知り、「ありがとう運動」ごとし活動をしていたそうです。しかし、何を言っても「ありがとう」としか言わないので、反面、腹の中に「黒いもの」が鬱積していたということです。
 
 「あいつは口ではああ言ってるけど、腹の中では何考えてるかわからんぜ」という言い方があるように、「腹の中」には「真実の想い」が隠されているのでしょうか。口では「ありがとう」でも、真実は「ばかやろう」かも知れないということでしょうか。

 私は、「腹から声を出す」というのは丹田や腹式呼吸などの技術の話ではなく、「想い」をいかに吐き出し、真実を述べるかという意味にととらえました。

 次回の滝からは、「想いを腹から吐き出し、想いを捨てる」ということを意識しながら、行にのぞみたいとおもいます。

う~ん、滝って奥が深~い、っていうじゃなぁ~い。

(腹を割ったのにこんなのあんまりだぜ~、スイカっ)

b0002156_2083552.jpg

by katamich | 2004-11-27 19:51 | ■滝行
ブログトップ | ログイン