金星へのパスポート 2009.9.3

 今日はもっぱら読書をしたり、明日のセミナーの資料作りをしていました。3月から始めた福岡NLPセミナーですが、地道に半年も経ってしまいました。この半年、いろんなことがあったな~と思います。このセミナーについては、何らかの形続けていくつもりですが、そろそろ「NLP」という字を外して、純粋に私のオリジナルセミナーとしてプログラムを作って行きたいと考えています。もちろんNLPの知恵や方法は借りますけど、私がやりたいのは人間の本質に迫る、魂に直結するようなもっとヤバイやつ。

 私みたいな若造が「人間の本質」なんておこがましい話ではありますが、それでも生涯かけて追及していきたいテーマではあります。そんなわけで9月に入り、久々に凱旋セミナーが大阪にてありますが、再び全国行脚を進めていくつもりです。10月には今年最後の「滝行セミナー」を福岡でやろうかな、と思っていますし、東京や札幌などでも検討中です。

 ところで今日もコーチングをしていて感じたのですが、昨日書いた「人生は『考え方』で決まる」ってのは、つくづく正しいと確信します。人生はいろんなことがありますが、その歩幅に差はあれど、人は思っている方向にしか進めないのはどうやら真実です。ただ、「意識」と「無意識」ってのがあり、97%以上は「無意識」に支配されていますので、必ずしも「意識」で思っていることがすぐに実現するものでもありません。

 しかし、とにかく「意識」ででもずっとずっと思っていると、そのうち「無意識」にそれが浸透し、遅かれ早かれ実現するようになっているのです。しかしずっと思い続けるってのは、そんなに簡単なことでもなく、やっぱりそこには「強い意志」が必要になってきます。そもそも思ったことがそんなに簡単に実現するようでは困りものですから。

 人は、どんなにポジティブな人であっても、やっぱりネガティブなことだって考えてしまいます(明日のセミナーではその辺を打ち消す魔法を扱いますが)。そしてどちらかと言うと、縛られるのはネガティブな思いだったりします。もしもそんなのがポンポン叶ってしまうとそれはもう大変。外に出かける時なんかも、「雨が降ったら嫌だな」と思った瞬間に雨が降ったりして。

 なので思ったことが叶わないことも、それはそれで肯定的意図があるんです。ただ、そうは言っても自分にとって都合の良いことだけ叶えたいと思いますよね。そのためには、ずっと思い続けるしかないのです。私の場合で言うと、2005年に会社を辞めてから、どんなことがあっても会社勤めだけはせず、フリーランスで生涯を貫き通すことだけを思い続けてきました。とりあえずそれは実現しています。もう35歳過ぎていますので、今から再就職するよりは、フリーランスでいる方がはるかに簡単。会社勤めするイメージが全然つかないので、そんなのは実現しようがないのです。

 それよりもいつも思っているのは、本を出版したり、セミナーや講演で全国を回ったり、そのうち海外にも呼ばれたりして、やりたい放題の人生。そしてそれは確実に形になっています。

 結局、人は究極的に何を望んでいるかと言うと、やっぱり「やりたい放題の人生」なんだと思います。今年の3月、道幸武久さんの福岡講演会に行ったのですが、そこで面白い話を聞きました。今、世の中には「金星人」が増えていると言う話。これは細木和子とかとは関係ありません。「金星人」ってのは「地球人」と違って、やりたいことしかしない人たちのこと。そもそも本田健さんや船井幸雄さんが言ってたことだそうですが。

 もっと言うと、自分の「やりたいこと」がお金になる人たち。昨年10月、五日市剛さんと篠栗町南蔵院に行った時、お札に願いを書いたのですが、彼はこのようなことを書いていました。世の中の人たちが自分の好きな仕事ができますように、と。これって道幸さんが言う「金星人」のことです。

 端的に言って「金星人」は「やりたいこと」でお金をもらう人たち。一方、「地球人」は「やりたくないこと」でお金をもらう人たち。裏を返せば「金星人」は「やりたくないこと」にお金をつかい、「地球人」は「やりたいこと」にお金をつかいます(もちろん「金星人」「地球人」はメタファーですので)。

 そして今、「金星人」が確実に増えている実感を得ています。それは技術の進化ももちろん関係しています。一昔前は昼夜手作業でやっていたようなことを、今ではロボットが瞬時にやってくれます。そんなこと言うと、いわゆる単純労働者の仕事をロボットが奪ってしまっただけ、なんて考える人もいるかもしれません。正直、それはプアな「考え方」です。

 ポール・マッケンナの「億万長者脳」の中で、ある経済学者の言葉が引用されています。


「今日、われわれの経済の95パーセントは、50年前には存在しなかった製品やサービスに従事しており、将来における最大の経済的機会は、今日はまだ存在すらしていない経済の部門で見つかるだろう」


という話。例えば今言った「単純労働」の大部分はロボットがやっています。コンビニで売ってるアメの一粒一粒を人間が包んでいるなんてことはありません。これは科学技術の進歩が実現したこと。そしてそのベースとしては「考え方」があることは言うまでもありません。つまり「単純労働をせずにやりたいことをしたい」という「考え方」です。そしてその通りになっています。

 そして今、50年前にはまだまだ主流であった「単純労働市場」が確実に縮小し、ITをはじめとして様々な「経済部門」が生まれています。「スピリチュアル」なども市場の一つとしてみればそうかもしれません。私がやっているコーチングなんても、50年前には考えられなかったこと。

 そして今から50年後には、今、誰も考えてないような市場が主流になります。いや、50年と言わず、10年、5年先にはそうなっているでしょう。それは「科学」の進歩と思うかもしれませんが、実は人々の「意識」の変化がそうさせるのです。そして今は、その変化の速度がどんどん速まっています。

 もしかすると、世の中がすべて「金星人」化してしまえば、誰も自分の「やりたくないこと」で生活などしてないと思います。まさにそれが「地球人」から「金星人」へのアセンションなのかもしれません。

 そして今、今後、死ぬまで「地球人」として生きるのか、もしくは「金星人」になって生きるのか。その「選択」が目の前に置かれている時代だと言えましょう。確かに50年前は、そんな選択肢はごくごく限られた人たちの特権だったと思います。しかし今は、誰もがその選択肢を握っているのです。我々はそんな時代に生きてるんだと思います。

 そしてその「選択」のカギとなるのが「考え方(意識)」に他なりません。人は考えている方向にしか進めません。もしも「地球人」でいることばかり考えていたらそこに留まります。しかし今から「金星人」を目指すのであれば、遅かれ早かれそうなるのです。もちろん「金星人」になるには、それなりに行動をする必要もあります。しかし、「行動」などは「考え方」のベースに着いてくるもの。昨日も書きましたが、今一度、この言葉を自覚する必要があります。つまり、


「人生は『考え方』で決まる」


ということ。そしてその「考え方」があなたを「金星人」へと誘うのです。おそらくこのブログを読んでいる何割かはすでに「金星人」であるか、または金星へのパスポートの発行寸前だと思います。仮にそうでないにしても、今、まさにそのパスポートを手にする「選択」が与えられているのです。ありがとうございました。

スピリチュアルランキング2位!一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング


〇9月12日(土)・13日(日):クイックチェンジ・実践NLPセミナー in 大阪 ~ 瞬時に変化を遂げる 愛と情熱の2日間コース ~

〇<福岡NLP-Ⅱ>9月4日(金):第八回・瞬時に無意識のパターンを変える魔法の術!


「早朝談話室」も受付中!

○オフィシャルサイトはこちらです!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterも登録してみました♪ (まだよくわかんない・・・)
by katamich | 2009-09-03 23:39 | ■精神世界