宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

ピンチはオイシイ 2009.8.15

 21日滝行も2週目に入りました。前回は1月だったので、かなり過酷感もありましたが、今の季節は本当に気持ちがいいです。ただ、最近の雨続きのせいか、水量が半端なく多く、そして水圧も見事でした。完全に埋もれています。
b0002156_2364086.jpg

 ところで昨日書いた「超意識と対話する21日間」ですが、眠気で意識朦朧として書いた割には良く書けている気がします。ま、いつも言ってることではあるのですが。自己啓発セミナーやら成功本やらでは、とにもかくにも「潜在意識」という言葉がよく出てきます。あ、そうそう。夕方頃、ちょっとしたメモ代わりにさらっと書いた「裏側」ですが、ミクシィにもアップしてて「濃い」とのコメントが付きました。

知っててよかった3つのこと

というエントリーです。ちなみにその直後に、

ツインソウル詐欺 

なんてエントリーも入れましたが、そっちの方が面白いですって??

 ま、それはともかく「知っててよかった3つのこと」ってのが「言葉の力」「潜在意識の性質」「ピンチはチャンス」ということですが、5分10分でさらっと書いたわりには、深いこと言ってますね。「言葉の力」の「言葉」とは「意識」とほぼ同義。実際には話す際の「言葉」と頭の中にある「意識」とは違うのでしょうが、いずれにせよ人は「意識」する際には「言葉」なくしては成立しません。

 そして「潜在意識」の話があって、「ピンチはチャンス」ってのはず、ずばり「超意識」のこと。つまり「意識」-「潜在意識」-「超意識」に関する理解があったからこそ、今の私があると言うこと。もちろんこれで完璧と言うわけではありません(・・と言いながら深いレベルでは完璧なんですけど、それはさておき)。

 昨日も書いたように、私が一番伝えたいコンテンツってのが、この「意識」-「無意識(狭義の)」-「潜在意識」-「超意識」の4つの意識階層の話。こ難しく感じるかもしれませんが、これを誰にでもわかりやすく、理解できるようにお伝えするのが、私自身のミッションであると思っています。

 とにかく願望実現には潜在意識にインプットするとか、クレンジングするとか、書き替えるとか、言葉だけが独り歩きしてしまって、本質的な理解が欠如していることがままあるようです。実際の「願望実現」には「行動」が何より重要ですが、そのベースとしての「知識」も同様に重要です。ただ、「知識」がなくてもひたすら「行動」することによって実現する人もいるので、人によっては「知識いらんやん!」となる場合もあります。

 ただ、「知識」があった方が「行動」にぶれもなくなるし、また、「知識」によって「行動」への原動力が生まれることもあります。いずれにせよ「知識」が邪魔になることはないので、とりあえずその「知識」をこのブログであるとか、セミナーとかでお伝えしたいと思っているのです。

 例えば「ピンチはチャンス」なんてのは、昔からよく言われますし、成功している人は誰もが知っています。しかし人は実際の「ピンチ」に陥ったらうろたえますし、それ以前に「ピンチ」を避けようとします。この辺の話はまさに「意識」-「潜在意識」-「超意識」の話で完璧に説明ができるのです。もう一度簡単におさらいしますが、


意識:言葉によって表わされる人間特有のもの。基本的にコントロールしやすい。
潜在意識:自らの安心・安全を維持するために、コントロールされてしまう力。
超意識:最も本質的な自己。天命や役割を持ち、自分自身を究極的に守ってくれる力。神と言う人もいる。



 この中で日常、よく出てくるのが「意識」と「潜在意識」であり、これらが協力し合うと何でもうまくいくのですが、対立していることも多いです。

 例えば「金持ちになりたい」ってのは「意識」の働きですが、実際に金持ちになるかならないかは「潜在意識」が決めています。もしも自分自身が金持ちでなければ、「意識」と「潜在意識」が対立していることになります。願望実現なんて、まずはそっからスタートです。須らく。つまり現状にないものを求めるのが願望ですので、それが実現するまでは「意識」と「潜在意識」が常に戦っているのです。ただし、ほとんどの場合、「意識」が負けます。だから願望が実現しないのです。

 ただ、これは「裏ワザ」ってのがあって、それは何かと言うと「感謝」です。「感謝」を「裏ワザ」って言うのに抵抗もあるのですが、とりあえずここではニュートラルにお話させて頂きます。五日市剛さんが、願いを叶えるには「○○できました、感謝します!」と10回言うと良いと言いますが、同じ理屈です。例えば「金持ち」を願望にして考えると、

「金持ちになりたい(意識)≠金持ちでない(潜在意識)」:対立図式

であるところを、間を「感謝」でつなぐんです。つまり「意識」と「潜在意識」の「対立」を「協調」へと変えるには「感謝」なのです。

「金持ちになりました(意識)=金持ちになっちゃった(潜在意識)」:協調図式

てな感じで。ご理解頂けますよね。ただ、疑いながら言っても効果はあまりありません。と言いながらも、現実味のない話は疑ってしまいます。私が「スマップの6人目のメンバーになりました!感謝します!」と一万回言ったところで叶うはずありません。現実味がない上に、自分でも不可能だとわかっているから。てなこと言うと、「それを実現せんとお前の願望実現は認めん!」とか無茶言う人もいるんですね。ただ、これはどんなにやっても私の「願望」にはなり得ませんから、そもそも成り立たないのです。

 で、結局のところ口先だけでなく、「行動」も重要なファクターとなるのは否めません。そこで次なる刺客として登場するのが「超意識」です。誤解を恐れず言います。「超意識」が出てきたら「願望」なんて一瞬のうちに叶ってしまいます。例えば、小柴博士がニュートリノでノーベル賞受賞したのも「超意識」の働きです。カーネル・サンダースが1000件以上レシピセールスして今のKFCを成功させたのも「超意識」の働きです。およそ「奇跡の・・」なんて表現されるのはすべて「超意識」の働きによります。「あり得ないやろ!」みたいなのもそうです。危機一髪で命が助かったなんてのもそうです。

 では、どうすれば「超意識」が出てくるのでしょうか。「超意識」をしばしば「アラジンと魔法のランプ」のジニーに例えられることもありますが、ここで何がランプをこする働きになるのでしょうか。実は「感謝」もその一つです。ホ・オポノポノもその一つです。説明は省きますが。

 ですが、一番確実だし、かつ重要なのが「めちゃくちゃ努力する」ことです。スピ系の人は「努力」とか言うとすぐに顔をそむけますが、歴史上で本当の「願望」を叶えた人に「努力」しなかった人は一人もいません。もちろん本人が努力と思うかどうかはありますが、常人から見るとめちゃくちゃ努力でしょう。

 「努力」ってのは、意識レベルでどんな働きをするのか。例えば「金持ち」ばかりの例で恐縮ですが、それでいきます。もう、めちゃくちゃ金持ちになりたいと心から願ったとします。これは「意識」の働きです。ですが「潜在意識」はどうしてもブレーキをかけようとします。なぜなら、本当に金持ちになってしまえば、今までの自分から「変化」してしまうから。「潜在意識」は「変化」を一番嫌います。なぜなら「変化」は「危険」だからです。「安心安全」を損なうからです。

 でもそこで「潜在意識」のブレーキの負けないほどに「意識」を働かせて、そして思いきって「行動」します。すると「潜在意識」はどっか行ってしまい、そこに登場するのが「超意識」です。じゃあ~ん。そして願いは叶い、その人は金持ちになってしまいます。簡単な理屈でしょ。

 ただ、めちゃくちゃ「努力」するのって楽じゃないですよね。であるなら、まだあります。それは「ピンチ」に身を置くことです。こうなると「意識」の力なんて働かせる前に、「潜在意識」がパニックになっているので「超意識」が出てくるしかないのです。これを「火事場」で例えるとわかりやすいでしょう。

 「火事場」なんてのは、消防士でもない限り普通の人の体験・経験にはありません。つまりプログラミングされていない、潜在意識にその情報がないのです。ですので、人はパニックになってしまい100キロの金庫を片手で持ち上げてしまうのです。それを「火事場のクソ力(KKD)」と言い、それがまさに「超意識」なのです。

 「ピンチはチャンス」ってのはこう言うことなんですよね。すごい努力なんかしなくても、ピンチになったら誰でも懸命になりますから。つまりは「ピンチはオイシイ」んです。だけど、人はすぐに「ピンチ」から逃げようとします。
 
 滝行なんかもそう。確かに今の季節はいいですよ。でも冬になると、常連メンバー以外来なくなります。なぜなら寒いから。それもそのはず。気温が0度の時に滝なんか打たれると死ぬ思いしますから。「潜在意識」がそんなの許すはずありません。

 ちなみに今日、ちびQが風呂で大泣きしました。なぜかと言うと、冷たいシャワーがかかってしまったから。ちびQの2か月半の人生で、「冷たい水」が身体にかかった経験はありません。「潜在意識」がビックリして、うわ~!ってなったのです。ただ、水がかかってくらいで死ぬことはありません。ですが、「潜在意識」は変化を嫌うので、今までにないパターンの「水」がかかるだけで、危機を感じてしまうのです。しかも、ちびQはまだまだ「意識」がありませんので、自ら冷たい水にかかろうなんて意志もありません。

 いずれ自我(意識)が芽生えるようになったら、プールにでも行くのでしょうが、今はプールさえも怖いはずです。ましてや滝なんて。しかし、私は冬の滝にもう5年も入っています。やっててわかるのは、滝行で冬を超すと、間違いなく「超意識」が出てくるんですよね。滝の中なんて完全に「ピンチ」ですから。それをあえて「意識」の力でピンチの中に入る。入れない人だってたくさんいます。でも、入ると必ず「超意識」が出てくるんです。

 てなこと言うと、「自分も冬の滝に入りたい」なんて言う人が出てくるでしょうが、やめといた方がいいです。私は会社勤めをしてないので、滝にでも入らないとピンチを味わえないのですが、会社勤めなどしていると、日々、ピンチの連続でしょう。それって実はオイシイのです。滝みたいなもの。それで「超意識」が働くのですから。

 と言いながらも、私は滝でないと本当にピンチを味わえないかと言うと、そんなことは全然なくって、フリーランスであること自体、常にピンチみたいなものです。例えば今度の大阪セミナー。正直、値段決めるのに2週間かかりました。今まで通り8,000円とかでやってもいいのですが、それだと成長がありません。今回は一気に倍にしました。でないと次のステージに上がれませんから。今、ぼちぼち申し込みが来ていますが、しばらくは滝に打たれているようなものです。集まるかな~どうかな~と不安ですから。でも、一応、セミナーができる人数には達しましたので、一つのハードルは越えました。あとは、満員御礼まで頑張るのみ。

 まあ、そんなもんです。フリーランスって。楽しそうなばかりじゃないんです。何の話でしたっけ。そうそう、超意識でしたね。「ピンチはチャンス」って意味がおわかり頂けたでしょうか。くどくど書いていますけど、そのメカニズムを知っていると、ピンチが全然怖くないし、むしろ大歓迎なのです。

b0002156_2373336.gif
 今、もしも何かに「ピンチ」になっている人がいれば、めちゃくちゃオイシイ境遇じゃないですか。「苦労は買ってでもしろ」とのび太のパパも言っています。ちなみにこの「くろうみそ」の話はたぶん「超意識」の話だと思います。ちがうかな・・?どうでもいいですが。

 てなわけで、明日も滝に打たれます。これはある意味、人生のメタファーのようなもの。「意識」-「潜在意識」-「超意識」の意識レベルの実験のようなもの。今日の話なんか、滝の中でひらめいたのですから、ま、大したものだと思っています。と言うわけで、明日も早いのでそろそろ寝ます。ありがとうございました。

スピリチュアルランキング2位!一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング


〇9月12日(土)・13日(日):クイックチェンジ・実践NLPセミナー in 大阪 ~ 瞬時に変化を遂げる 愛と情熱の2日間コース ~

〇<福岡NLP-Ⅱ>8月21日(金):第七回・ようこそ!あなたを無意識の世界へと誘います!(1)
〇<福岡NLP-Ⅲ>8月28日(金):第一章・ロボットからの解放に向けて~言葉と感覚~

「早朝談話室」も受付中!

○オフィシャルサイトはこちらです!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterも登録してみました♪ (まだよくわかんない・・・)
by katamich | 2009-08-15 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン