宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

今日の話はギャグです 2009.7.26

 先週の日食と言い、今週末の豪雨と言い、なんだか自然に向き合う密度が高い日々を過ごしています。そして今日も一日中家におり、夕方、ほんのちょっとちびQと一緒にマンションの一階に夕涼みに出たくらい。ニュースでもご存じと思いますが、私の住む北部九州は記録的な集中豪雨により、被害も拡大しています。

 特に福岡県那珂川町、篠栗町、大野城市など、まさしく私のフィールドとなる地域に集中しています。私の住む那珂川町では役場が冠水、キャンプ施設の「グリーンピアなかがわ」では宿泊客が孤立し自衛隊から救助される始末。こんな時にキャンプに行くのもどうかと思うのですが。そして篠栗町でも観測史上最大の降水量と土砂崩れ。テレビを見ると、どうやら私が滝行をしている「一の滝」までの道で行方不明者が出る土砂崩れ。福岡ではこの3日間で年間の半分くらい雨が降ったところもあるようです。

 とにかくも、まだまだ気は抜けない状態。ちなみに私んとこですが、至近距離で被害が拡大しているにも関わらず、何ともなっていません。多少、道路が川のようになっていたようですが、駐車場も浸水せず、家も車も全くの無事。ですので、いろいろご心配のメールとか頂きましたが、とりあえずは何の被害もない状況です。お気遣いありがとうございます。

 それにしても、小さい子が川に流されたとか、行方不明なんてニュースを聞くと、めちゃくちゃ胸が痛みます。親の気持ち、そして子どもの苦しみを考えると、それだけで「あ~!!」ってなります。ニュースでは5歳の子どもが行方不明ですが、どうか無事に見つかって欲しい。祈るしかありません。


 ところで、このような自然災害があると、ところどころでいろんな憶測が飛び交ったりします。ひどいのになると自民党の仕業とか。以前、福岡で大地震があった時、山崎拓を当選させるためとか、そんな説まで流れました。その頃、確か民主党のなんとかいう候補者の学歴詐称がつっ突かれて、そのタイミングで地震。スキャンダルで劣勢だった山崎拓は当然地震対策を打ち出すわけです。原因はともかくその時の選挙はきちんと勝ちました。

 話としては面白い(笑えるという意味で)かもしれませんが、基本的にそんなことはありえません。確かに今は人為的に地震や台風を起こしたりもできるそうです。北京オリンピック時に中国政府が天気を操作した話は記憶に新しいです。もっとも、あの時は操作だらけのオープニングではありましたが。

 もしも政党が人為的に自然災害を起こすようなことがあれば、その政党だけでなく、この国(日本)自体がお終いでしょう。今から書くことは、決して特定の宗教や政党を支持するものでもなく、偏ったイデオロギーを示すものでもありません。場合によってはヤバい奴と思われる可能性はありますが、極めてニュートラルな見方をして言います。

 それは「天皇」の話です。私は前々から「天皇」の存在に他ならぬ畏怖を感じていました。まず話のソースはどこだかわからないという前提でお話しますと、世界の最高権力者と言われるアメリカ大統領が最敬礼する人が、世界に3人います。それはイギリス女王、ローマ法王、そして天皇陛下です。そしてイギリス女王は天皇陛下と同席する際、陛下に上座を譲ると言われています。ローマ法王については通常、ローマ法王がある国を訪問する際、その国の元首は必ず法王に出向いて挨拶するところ、日本を訪問した時だけは、法王自ら天皇陛下の元に訪れるそうです。その話が真実であれば、天皇陛下とは国際儀礼上、世界で最上位に位置する人間だと言うことができます。

 ですが、それ以前に事実として、天皇家とは血統(男系)の一貫した世界で最も古い王族です。二番目に古いのがデンマーク国王だと言われていますが、それでも今から千年ほど前の話。天皇家については神武天皇から数えると2,500年以上前であり、実在が確認される最古の天皇である応神天皇から数えても2,000年くらい前になるのでしょうか。その意味でも、天皇家とは象徴とか国宝どころか「世界遺産」であるとも言えるのです。そして、ばしば議論になる、愛子様が天皇になった場合、そこまでは男系天皇となるのですが、愛子様の子どもが天皇になった場合、女系天皇になる可能性が大です。なぜなら現在、愛子様と結婚できる皇族がいないと言われているから。

 そこで、もしも天皇制廃絶とか女系天皇が認められてしまうと、世界で唯一イエス・キリストと同時期がそれ以前から続いている一貫した血統の王族が消滅してしまうのです。これは屋久島の千年杉を切り倒すこととはスケールが違います。もしも男系天皇が消滅してしまうと、喜ぶ国はあるかもしれませんが、少なくとも日本にとっては多大なる打撃を受けることは間違いありません。しばしば天皇家の存在を「法の下の平等」とか税金の無駄遣いとか言う人がいますが、実際、わずかな税金で「世界遺産」を維持することに何の理不尽があるでしょうか。

 もしも日本が世界から一目置かれる国であるとすれば、それと天皇家の存在とは決して無関係ではないでしょう。実際、終戦後、日本が無条件降伏した際、昭和天皇は戦犯として追われるべきだと連合軍側が主張したのに対し、マッカーサーはそれを阻止したと言われています。その理由は実際に昭和天皇と会ったマッカーサーのみが知るところ。さらに後のフォード大統領も昭和天皇と会ったとき、足が震えたと言いますし、それ以外の一般国民でも、天皇の姿を見た瞬間、涙が止まらなくなったとか、身体の力が抜けてその場にひれ伏してしまった、なんて話をよく聞きます。

 こんなこと書くと、めちゃくちゃ右翼と思われるかもしれませんが、あくまで事実(多少は価値判断も含むかな)に対しニュートラルに書かせてもらっています。もちろん天皇が「神」と言うつもりはありません。ですが、歴史的な重みからしても、それ相応の畏敬を伴ってしかるべきだとは思っています。


 ここから論理がちょっと飛躍します。と言うわけで、天皇の存在だけを見ても、日本という国はある意味「特殊」な国だと言えるかもしれません。アメリカが世界の警察だとすれば(仮に)、日本と言う国は、もしかすると世界の精神的指導者とも言えるかもしれません(←言い過ぎかな)。伝統的な共同体では、何かあったらまずはその村の長老みたいな人に話を聞くようなことがありましたが、地球を単なる村だとすれば、日本はまさに「長老」的な立場にあるのでしょう。

 で、人為的災害説になりますが、各政党が自分たちの利益のために、神的とも言える「日本」の国土を荒らしたり、被害で人を殺害したりなどと言うことが、あるとは思えないのです。もしも、人為的に災害が起こせたとしても、です。もしそんなことをしようものなら、神の裁きの前で、決して許されることではないでしょう。各政党もその辺のことはわかっていると信じています。

 それから実際、天皇家については、都市伝説も含めていろんな噂があります。世界で最も金持ちなのは天皇家であり、3000兆円とも言える資産を「金(きん)」で保有しており、それが世界の相場の基礎になっているとか、天皇家はユダヤ人の末裔だとか、皇居は完璧な風水で守られていたのが新都庁の結界が崩され、それが天皇家に禍を招いているとか、紀宮様が民間人になった理由とか(○ー○の法則)、ま、虚実含めていろいろあるようです。それだけ天皇家は特殊な存在だということで、ひいてはそれが「象徴」となっている国は、それだけ特殊なのかもしれません。

 と言うわけで、大規模な自然災害があると、すぐに政府筋の人為的災害だとか、日食の影響だとか、宇宙人の仕業だとか、地球がお怒りになっているとか、アセンションだとか、いろんなこと言う人がいますが、自然災害は自然災害です。そんなのは今に始まったことでもなく、特別なことでもありません。もちろん災害を通じて、人々の意識が変わることはありますが、いちいち災害に意図とか意味とか考えてたらきりがないでしょう。そもそも、今日はなんで天皇家の話になったのか自分でもわかりません。今日の話はギャグだと思って読んで頂ければ幸いです。ありがとうざいました。


ランキング上位を目指しています!一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング


〇8月1日・2日・3日(土日月):The Greatest Soul Journey’s Seminar in Q州満員御礼!

〇<福岡NLP-Ⅱ>8月7日(金):第六回・はじめに言葉ありき!言葉が人生を創る!

「早朝談話室」も受付中!

○オフィシャルサイトはこちらです!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterも登録してみました♪ (まだよくわかんない・・・)
by katamich | 2009-07-26 23:39 | ■時事問題
ブログトップ | ログイン