人間の本質 2009.6.10

 ちびQが生まれて2週間経ちました。長いような短いような。でも、ちびQが生まれてから、毎日生活は確実に充実しています。毎日、顔を見るのが楽しみですし、それ自体が私の生きがいになっています。近頃では、脈絡なく笑顔を見せる時もあり、それを見ると「天使は実在する」と思ってしまいます。

 ところで、ちびQを観察しているといろいろと学ぶことがあります。私のNLPセミナーなどで言っていることを、きちんと裏付けてくれます。つまり「無意識(潜在意識)」は「安心・安全」を求めるということから始まり、世の中には無価値な人など存在しないということまで。

 まず、赤ちゃんが「泣く」のは「安心・安全」でない時になります。お腹が空いたとき、そのまま放置すると栄養を取れずに生命にかかわります。そのことを知らせるために「泣く」というメッセージを発するのです。また、オムツが濡れている時も同様、そのまま放置すれば肌がかぶれるなど安全ではなくなります。それを知らせるために赤ちゃんは泣くのです。お風呂でもまた、抱え方が気持ち悪かったりすると泣きます。お腹が痛いとか、どこが痛いとか、そのようなシグナルにおいても泣くことで伝えます。ですが、どのパターンにもあてはまらずに泣くこともあります。突然の夜泣きとか。

 そんなとき、新米のお母さんはどうしていいかわからず不安になります。ですが、赤ちゃんは泣きやみません。そんなときはまずはお母さん自身の「不安」を取り除くこと。なぜなら赤ちゃんは周囲の不安を敏感にキャッチし、それを無意識の反応として、泣くという処理をするのです。そのためには、赤ちゃんを抱くといいようです。赤ちゃんは子宮の中の最も安全な場を記憶してます。それが突然外界に出されて、不安だらけな状態。赤ちゃんの産声ってのも、実は不安の反応なのかもしれません。ですので、赤ちゃんが泣く場合、理由が考えられない時は、抱いてあげると泣きやむことが多いようですが、これの意味するところは「不安」の解除。つまり子宮の中の状態になるべく近づけることなんだと思います。

 私の友達で、子どもが生まれベビーベッドを買ったものの、それに乗せると泣いて寝なくなると言っていました。もちろん個人差もあるのでしょうが、ベビーベッドってのは、大人で言うとビルの2階か3階のむき出しのベランダで寝るようなもの。不安でたまりませんよね。ですので、その友達はせっかく買ったベビーベッドを使わず、新生児の頃から横で寝かせていたそうです。

 ただ、そうなると大人が寝返りうった時など、赤ちゃんを押しつぶしたら、、、なんてことを考えていまいがち。ただ、赤ちゃんとお母さんは「無意識」の領域で密につながっているため、「安心・安全」に反することは決してしないもの。実は、ちびQが家に帰ってきた夜のこと、みんなが寝静まってから、私一人でいろんな「不安」と戦っていました。あまりにもか弱い新生児。もしも間違って踏んでしまったらどうしよう、などと。それを考えると一時眠れなくなってしまいました。しかし、ここでこの「反応」の「肯定的意図」にアクセスします。それだけの不安が起こると言うことは、逆に「安心・安全」を担保することの証明でもあります。例えば、家にはいろんな本が転がっていますが、「本を踏みつぶしたらどうしよう」なんて不安を持つことは決してありません。そして実際、よく踏みつぶしています(ただし、今は私の部屋だけで、赤ちゃん部屋はキレイにしています)。そして私の「無意識」は最も大切なものを守るようプログラミングされていることもわかりました。そこでようやく眠れるようになりました。

 5年ほど前に福岡で地震が起こった時、私の友達で同じくまだ新生児の子どもが生まれたばかりだったのですが、地震で揺れた瞬間、真っ先にわが子に覆いかぶさって守ろうとしたそうです。それは完全に無意識的に。何度も言いますが「無意識」が最も求めているのは「安心・安全」です。それは自分自身の「安心・安全」はおろか、自分にとっても大切な存在への「安心・安全」に対しても。ですので今の私はわが子を守るという意味で、どんなことにでも頑張ってやろうと思っています。それが、ちびQの「安心・安全」を守ることであり、ひいては私のためでもあります。

 また、ちびQを見ていて思いました。きっと私の両親も、私のことをこうやって見ていてくれてたんだな、と。と同時に、世の中にいるすべての人にも親がおり、その親のほとんどがわが子をこのように大切に見ていたこと。つまり「価値ある存在」として接していたこと。確かに、ちびQは、今は寝る・飲む・うんこしっこする・泣く・あくびする・背伸びする・時々笑う、くらいの動作しかしません。私のために何かすることはありません。しかし、私は、ちびQという存在を誰よりも「価値ある存在」として見ています。これは私だけでなく、あらゆる親がそのようにわが子に接し、そしてあらゆる人がそのように接してこられてきたこと。つまりあらゆる人は「価値ある存在」であること。価値のない人などこの世に存在しないこと。

誰もが特別で価値ある存在なのです

 そのことに最近、心底気が付くことができました。私の周りにいるあの人もこの人も、そして私のブログを読んでいるあなたも、さらに私とは接点のないあらゆる人も。誰もが特別で価値ある存在なのです。ちびQは私のそのようなことを教えれくれました。子どもから学ぶことのなんと多いこと。本当にありがとう。

誰もが特別で価値ある存在なのです!
 ↓   ↓

人気blogランキング


〇8月1日・2日・3日(土日月):The Greatest Soul Journey’s Seminar in Q州

〇<福岡NLP-Ⅰ>6月12日(金):第七回・ようこそ!あなたを無意識の世界へと誘います!
〇<福岡NLP-Ⅱ>6月19日(金):第三回・ラポールに始まりラポールに終わる!(その2)

「早朝談話室」も受付中!

○オフィシャルサイトはこちらです!メルマガ登録もできます!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

愛と感謝:74日目】

<愛>
・今日はちびQをお風呂に入れた時、泣かれなかったので、ちょっとずつ上手になっているのかな。
・朝のアファメーションをしっかりとやりました。
・久高島の真栄田苗さんのように、世界の人のために祈りたいと思いました。

<感謝>
・ちびQの笑顔に元気づけられました。
by katamich | 2009-06-10 23:39 | ■精神世界