宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

天命の器 2009.5.13

 何度も言いますがもう5月。それも折り返し地点。今は7日滝行中ですが、1月と比べて水温は明らかに高いです。ですが、毎回、毎回、滝に入る前は緊張します。今日は本当は篠栗町での滝行だったのですが、所用によりいつもの不入道になりました。滝場に着いて、いつものように仏様にお線香をあげていると、足元に突然「蛇」が現れました。そう言えば、先日、宝満山に登っている時も「蛇」に遭遇したものです。

 3月に沖縄の久高島に行った時、ノロの苗さんが「蛇に出会うのはラッキー」と言っていたので、ありがたく手を合わせたのです。確かに日常生活において、本物の「蛇」を見る機会は決して多くないと思います。それ考えると、私は今年だけでも3~4回蛇に出会っていますので、めっちゃ多いですね。昔から蛇の夢を見ると財に恵まれるとか、蛇の抜け殻を財布に入れるとお金が入ってくるとか、白蛇の住む家は豊かになるなどの言い伝えがありますが、いずれにせよ、「蛇」は財や繁栄の象徴であるので、たびたび出会えるのはとてもいいことですね。

 そして今日は昼から「健康工房かんぜ」さんのところで、上部頚椎の調整に行ってきました。月曜日に一緒に「輪葉葉」に行って、見事に招き猫をゲットされた方のサロン。詳細については「裏側」の「調整してもらいました」に書きましたが、身体のたった一か所を調整するだけで、身体全体から心の問題まで改善する施術です。理屈を求める私としても、とても納得のいく話で、実際、効果がありましたし、効果があるからこそ口コミなどで毎日多くの人が訪れています。

 月曜日には「健康工房かんぜ」の落合さんに車を出してもらい、私は助手席でいろいろ話をしていたのですが、落合さんが「上部頚椎調整」という施術に出会ったのは、まさに「天命」と言うことができると思います。詳しくはホームページの「施術者紹介」を読んで頂ければと思いますが、「天命」に出会うと人の特徴として言えることは、とにかく何かに突き動かされる、ということでしょう。

 例えば「独立開業して整体かなんかの仕事をしたいと思うのですが」てな相談をする人がいるとすれば、その時点で「やめておいた方がいい」と言うべきかもしれません。会社を辞める時なんかも「会社を辞めて独立起業したいと思っているのですが」と相談している時点では、まだ時期早々です。会社を辞めたり、独立起業したりして、成功する人の多くは「相談」をしません。もちろん「相談」してもいいのですが、多くの場合、既に会社を辞めていたりなど、あとに引けない状態であることが多いです。

 例えば私の場合ですと、2005年に会社を辞めたのですが、辞意を表明したのは本当に一瞬でした。神社でコインを投げて「表」が出たので、その直後に10人ばかりに「辞める」と電話をして、その日の夜に上司に報告。相談ではなく報告でした。

 もちろん成功までの未来のストーリーを描くとことは大切ですが、意味のある重要な行動としては、その「一瞬」にしか起こっておらず、そこに考えるスペースなどは入り込みません。理由はわからないけど、とにかくするしかない、という状況こそが、「天命」につながる典型的なパターンだと言えます。そして「天命」につながった生き方をすると、当然ですが、お金にもチャンスにも恵まれ、本当に意味での「成功」を手にすることができます。もちろんところどころで「試練」みたいなものはありますが、それも自らの「魂」を磨くために必要なこと。むしろ「試練」に遭遇している時こそがチャンスなのです。

 では、どうすれば「天命」と言えるような状況に出会うことができるのか。先日、落合さんと話をしていて、やっぱり思ったのが、そこに「感謝」がある時にまとまってしまうのです。この辺は理屈では割り切れません。私自身も2004年にまでは不平不満の人生を30年間送ってきたのですが、ある時から「感謝」に目覚めました。そのきっかけとなったのが精神世界であったり、五日市剛さんや斎藤一人さんの本であったりしました。それまでそのような生き方を考えたこともなかった私は、雷に打たれたようなショックを受けてすぐに実践。すると人生が見る見るうちに変わってきました。滝行に出会ったのもその頃。

 とにかく「ありがとう」や「感謝します」という言葉を言い続けると、いつの間にかそれが「習慣」となり、ある時、すべてを受け入れる準備ができたのです。そうですが、準備ができたのです。言い換えると、受け入れるための「器」ができたのです。これを「天命の器」ということができるかもしれません。

 つまり「不平不満」ばかり言っていると、その「天命の器」なるものの蓋をますます強く閉めることになるのですが、「感謝」のモードに入るとその蓋があき、まさしく「器」ができるのです。後はそこに「天命」につながるチャンスが入ってくるだけ。そしてなぜかわからないけど、突き動かされるように行動してしまい、その結果、自らが本当に輝ける「天命」としての生き方ができるのです。

 ようするに「感謝」があるかどうか。すべてはそこにつながるのですね。「感謝」ってのは自分らしく生きるためのスタートであり、そして人生のゴールであるとも言えます。結局は感謝。そんなことを改めて思い出させてくれる一日でした。ありがとうございました。

いつもクリック頂き感謝します♪
 ↓   ↓

人気blogランキング


〇<福岡NLP-Ⅱ>5月15日(金):第一回・無意識の本質に迫る!

〇5月23日(土)・24日(日):本当の自分に出会う「願望実現」特別セミナーin福岡

〇<福岡NLP-Ⅰ>5月29日(金):第六回・はじめに言葉ありき!言葉は人生を創る!


「早朝談話室」も受付中!

○オフィシャルサイトはこちらです!メルマガ登録もできます!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

愛と感謝:48日目】

<愛>
・コンビニ募金やその他いろいろしたと思うのですが、かなり習慣化していると思います。
<感謝>
・上部頸椎の調整をしてもらいました。
by katamich | 2009-05-13 23:22 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン