「九州=アフリカ」説を検証 2009.5.4

GWもいつの間にか後半ですね。私は6日から一泊で阿蘇に行きます。またペンションに宿泊です。阿蘇は何度行ってもいいですね。パワースポットですから。ピラミッドが良い「気(エネルギー)」を集めるのに適した形だと言われることがよくありますが、阿蘇山も実はそんな形をしているとか。要するに「山」はいいエネルギーが集まっているということですね。そして阿蘇山は活火山でもあり、常に煙をあげていますので、さらにエネルギッシュ。ツレは何かにつけてすぐに阿蘇に行きたがります。それと沖縄と。さすがに宝満山はきついので行こうとはしませんが、九州沖縄ってのはそれ自体がパワースポットのような気がします。


ところで、しばしば「日本は世界の縮図」と言われることがありますよね。次の地図を見てください(こちらより借用)。
b0002156_1242215.jpg

つまり、「北海道=アメリカ大陸」、「本州:ユーラシア大陸」、「九州:アフリカ大陸」、「四国:オーストラリア大陸」って図式ですね。単なるこじ付けと切り捨てるのも簡単ですが、こういう見方自体は確かに面白いです。中でも「九州」と「アフリカ大陸」はよく似ていますよね。下の地図を見較べると、
b0002156_1244614.jpg

「福岡:アフリカ北部」、「佐賀・長崎:アフリカ西部」、「熊本:アフリカ中央部」、「大分・宮崎:アフリカ東部」、「鹿児島:アフリカ南部」みたいな図式になりそうです。マダガスカルやセーシェルはさしずめ「沖縄」でしょうか。さらに詳細に対応させると、

博多湾・那珂川(福岡県福岡市):アレキサンドリア・ナイル川(エジプト)
大宰府政庁(福岡県太宰府市):カイロ・ギザ(エジプト)
宝満山(福岡県太宰府市):ピラミッド(エジプト)
英彦山(福岡県添田町):シナイ山(エジプト)
吉野ヶ里遺跡(佐賀県吉野ケ里町):ヴォルビリス遺跡(モロッコ)
阿蘇山(熊本県阿蘇市):カメルーン山(カメルーン)
祖母山(大分県・宮崎県):キリマンジャロ(ケニア・タンザニア)
高千穂(宮崎県高千穂町):ビクトリアフォールズ(ジンバブエ)
天岩戸神社(宮崎県高千穂町):人類発祥の地
桜島(鹿児島県):ダイヤモンド鉱山(南アフリカ共和国)
沖縄本島:マダガスカル
沖縄離島:セーシェル・モーリシャスなど


てな感じになります。くれぐれも言っておきますが、これは単なる遊びであって、学術上の意味付けなどは何一つありませんので、あしからず。私の完全なる主観ですので、ご意見は歓迎しますが、批判するのはナンセンスですので、どうぞよろしくお願いいたします。で、遊びついでに解説いたしますと、


「博多湾・那珂川(福岡県福岡市):アレキサンドリア・ナイル川(エジプト)」


九州で一番栄えているのは、言うまでもなく福岡市です。ちょっと前までは北九州市でしたが。これはエジプト文明の発祥と重なります。アレキサンドリアってのは、ナイル川のデルタ地域であり、ちょうど博多湾に重なりますね。そこから那珂川という大きな川が伸びており、福岡一の繁華街である「中洲」はこの中にあります。アレキサンドリアも港町、博多も港町として栄えてきました。


「大宰府政庁(福岡県太宰府市):カイロ・ギザ(エジプト)」


大宰府政庁はかつて九州の中心であり、ここに役所がありました。エジプトの首都カイロがここに重なりますね。ギザの平地と大宰府政庁跡はなんとなく似ている気もしますし。


「宝満山(福岡県太宰府市):ピラミッド(エジプト)」


私の大好きな宝満山ですが、これは大宰府政庁跡の近くにありますので、まさしくギザのピラミッドですね。実は私はギザのピラミッドに登ったことがあります。クフ王の大ピラミッドですが、本当は登っちゃいけないのですが、当時は夜中にこっそり登りに行くのが流行っていました。詳しくは私の旅行記をどうぞ。で、今は宝満山に登りまくっているのですが、私の潜在意識的にはこれはピラミッドなんでしょう。ピラミッドパワーのごとく、宝満山でパワーをチャージしていますので。


「英彦山(福岡県添田町):シナイ山(エジプト)」


英彦山ってのは宝満山に並び称される修験のメッカです。九州で最も神聖な山と言っても過言ではありません。まさしくこれはユダヤ・キリスト教のメッカであるシナイ山ですね。


「吉野ヶ里遺跡(佐賀県吉野ケ里町):ヴォルビリス遺跡(モロッコ)」


これは遺跡つながり。九州最大の遺跡は吉野ヶ里。そして紀元前からあるローマ遺跡がヴォルビリス遺跡です。吉野ヶ里は弥生時代、ヴォルビリスは古代ローマってとこですね。


「阿蘇山(熊本県阿蘇市):カメルーン山(カメルーン)」


カメルーン山は標高4000メートル以上もある高い山で、現在でも活火山です。そして阿蘇山も活火山。場所的にも似てますね。


「祖母山(大分県・宮崎県):キリマンジャロ(ケニア・タンザニア)」
 

祖母山は標高1700メートルと九州ではかなり高い山です。ちなみに九州で一番高い山は屋久島の宮之浦岳で、それが1900メートルくらいです。そしてキリマンジャロは言うまでもなく、アフリカ最大の山で、素人も結構登っているようです。「あいのり」でも登ってましたものね。祖母山は大分と宮崎の県境にありますが、キリマンジャロもケニアとタンザニアの国境辺りにあります。


「高千穂(宮崎県高千穂町):ビクトリアフォールズ(ジンバブエ)」


これは雰囲気で。観光地的な意味でです。ちなみにジンバブエと言えば、ハイパーインフレ。そして宮崎と言えばそのまんま東知事。東知事になって宮崎の注目度も高まり、ある意味、株も上がりました。それに対してジンバブエは株はどん底ですが、通貨単位はめちゃめちゃ上がりましたね。これは単なる皮肉です。首長が変わると、地域も変わるんですね。


「天岩戸神社(宮崎県高千穂町):人類発祥の地」


これは単なるしゃれです。天岩戸神社や神々の発祥の地。そしてアフリカは人類発祥の地。


「桜島(鹿児島県):ダイヤモンド鉱山(南アフリカ共和国)」


これもまあ、なんですねん。インパクトの勝負みたいなものですね。鹿児島は桜島でにぎわいますが、南アフリカはダイヤモンドでにぎわいました。桜島は鹿児島の立派な資源であり、ダイヤモンドは南アフリカの立派な資源です。象徴と言ってもいいです。それから、これ言っていいかわかりませんが、薩摩ってのは伝統的に男尊女卑的な風潮があったようです。これとアパルトヘイトを比べるのはあまりにも失礼ですね。ごめんなさい。


「沖縄本島:マダガスカル」


そんな感じってこと。マダガスカルの原生林はなんとなくヤンバルを連想させますね。そして沖縄と言えばガジュマル、マダガスカルと言えばバオバブってとこも、似てるかもですね。


「沖縄離島:セーシェル・モーリシャスなど」


要するにリゾート地。沖縄はやっぱり離島がええでしょ。石垣とか宮古とか。セーシェルやモーリシャスも世界屈指のリゾート地ですから。


てな感じで、いろいろ遊んでみました。今日は別のことを書こうと思っていたのですが、長くなりましたので、この辺で。ありがとうございました。


愛と感謝:39日目】

<愛>
・今日は精一杯大掃除と模様替えをしまして、部屋がかなりきれいになりました。
<感謝>
・家の中がかなりきれいに広々となり気持ちがいいです。

Commented by wakky at 2009-05-05 10:17 x
面白いと思ったのでクリックしました(^^)
Commented by katamich at 2009-05-05 19:26
■ wakkyさん!
ありがとうございます!
Commented by 通りすがりのななしさん at 2012-01-18 16:17 x
今更なコメントですが…
>薩摩ってのは伝統的に男尊女卑的な風潮があったよう
↑というのはよく見られるものですが最近は違ったんじゃないかとの説(お墓の考証から)が濃厚だそうで。
あと鹿児島は日本で1番金がとれてました。
ちなみに、今は錦江湾海底に膨大な資源が眠っているとNHKの科学番組で放送されていました。
Commented by katamich at 2012-01-25 19:03
■通りすがりのななしさんさん!
すべてネタですので。
by katamich | 2009-05-04 23:16 | ■精神世界 | Comments(4)