宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

沖縄ので熱い一日! 2009.3.14

 昨日は1時まで飲んでました。泡盛をかなり飲んでいたような。今朝は5時頃に一度目が覚めたのですが、酒が残っていて、「やばいなあ」とか思ってたりして。ですが、8時に起きた頃にはすっかり酒もなくなっていました。泡盛だけを飲んでたのがよかったのでしょう。ちゃんぽんしたり、変な酒を飲んだりしてたら、二日酔いになる確率高まりますから。そして9時過ぎにお迎えが来て、車で会場まで。なんとエグゼクティブな待遇に感謝します(^^)

 そして10前からちらほら集り、10時には15名の方が出そろいました。まずは簡単に自己紹介の後、皆さんにも一言ずつ自己紹介してもらいます。私のセミナーはいつもそうなのですが、一応、資料を用意し、順に従ってしゃべるのですが、その都度その都度、思いついたことをしゃべる性質があります。でも、それはそれでいいと思っています。その時に「思いつく」のが必然であるのだから。とにかく今日はいつもより時間が長かったのもあり、次々とネタを披露していました。私の最近の話から、五日市さん、加賀田先生、などの話が出たかと思うと、なぜかまたドラえもんの話になったり、幼虫の話になったり。しかし、それらの雑談は何一つ「無駄」な話はないと自分では思っています。すべて必要なことを伝えるために材料。

 ある参加者が言っておられました。「Qさんはドラえもんみたいだ」、と。私はどちらかと言うと「Qちゃん」なんですが、そんなサブいギャグはさておき、話の引き出しがまるで「四次元ポケット」だと。素晴らしいメタファーです。私がセミナー中にする話の多くは、事前に用意してない話です。メタファーを重ねて言えば、用意している話は意識の話。つまり3次元ですね。一方、用意してない話は潜在意識の中にある話、つまり4次元ですね。

 とりあえず話の流れとしては、

1.NLPの基礎の基礎
 (1)「脳」の仕組みと原則
 (2)「無意識」の構造

2.「宇宙となかよし」とは何か?
 (1)前提とは?
 (2)なぜ、うまくいく人と、うまくいかない人がいるのか?
 (3)宇宙と人間の構造
 (4)「人間」とは何か?
 (5)「宇宙となかよし」になるプロセス

3.潜在意識へのプログラミング
 (1)プログラミングの現状を知る
 (2)プログラミングを手放すワーク
 (3)「天命」を知る

てな感じでした。目次だけ見ると、めっちゃ怪しいセミナーみたいですね。これまで同じような内容で東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、鹿児島でやってきましたが、参加された方はお分かりの通り、極めて地に足着いた内容には間違いないです。特に「『宇宙となかよし』になるプロセス」については、わかる人(例えばNLPがある程度わかる人)にとっては、凄い内容であり、凄い概念図だと思われるでしょう。実際、ある地域では、その概念図について後にNLP-erの方が集まって議論になったとも聞きました。ただ、私にとってのNLPとはスキルの詰め合わせではなく、人間の本質に迫るための比較的利用しやすいツールだと考えます。別にNLPでなくてもいいのです。しかしNLPと「名詞化」した方が、受け入れられやすい面もありますから。と言いながらも、今回のセミナーでは「NLP」をタイトルに冠したこともあり、そちらにフォーカスして参加した人もいたかもしれません。と思いましたので、セミナーの案内文にそってフォローメールを送らせて頂きました。それをちょっとだけ変えて、ブログでも公開させて頂きますね。サービス精神旺盛っす。


○NLP(神経言語プログラム)の根本的理解に迫る!

 私のいう「NLPの根本」とは「無意識のプログラムを(言語や感覚を通じて)書き換える」ことにあります。それに際して最初に用いられたツールが「メタモデル」であり、その逆の「ミルトンモデル」。これらはまさに「言語」と「感覚」による無意識へのアプローチです。ですが、その前に「無意識とは何ぞや?」とセミナーでは最初にご説明させて頂きました。メタモデル、ミルトンモデルについては、ほとんど説明していませんが。


○「本来の自分」を覆い隠す「潜在意識」の正体とは?

 いわゆる「恐怖症」や「苦手意識」などは、過去の体験によりプログラミングされた「無意識の反応」に過ぎません。そして多くの人はそのプログラムごと「自分」だと認識してしまい、場合によって自己嫌悪に陥ることがあります。それを「浄化」することが、「本来の自分」を発見する近道になります。


○「意識」「潜在意識」「超意識」の3層構造による「本来の自分」へのアプローチ!

 「超意識」こそが実は「本来の自分」であり、「(広義の)無意識」の根底にある、自分自身を守ってくれる原泉なのです。では、どうすれば「超意識」の力を十分に活用できるのか。それがまさしく「潜在意識(のプログラム)」を浄化することなのです。


○「潜在意識」へのプログラミングを進める2つの欲求とは?

 一つは言うまでもなく「安心・安全」であり、もう一つは「関心」に対する欲求です。「無意識」へのプログラムはこの2つの欲求を通して形成されます。


○いわゆる「チャネリング」ができる人、そしてどうすればできるようになるのか?

 いわゆるチャネリングができる人は、「感覚」が鋭い人です。つまり「無意識」の反応に鋭い人。そしてチャネリングの本質とは、他人の無意識に敏感な人のこと。つまりは本当の意味で相手のことを理解してあげられる人のことだと考えています。


○「リフレーミング」の本当の意味を理解すれば、人生は瞬時にして好転する!

 NLPコースでは、リフレーミングを「言い換え」のワークなどで演習することが多いです。例えば「臭い=ちょっと香りがある」、「痛い=気づきを得ている」、「失敗した=成功の必要プロセスを体験した」、「雷に打たれた=ちょっとオイシイ」など。しかしリフレーミングの本質は「視点」を変えることあります。例えば同じ現象であっても「感謝」へと視点を向けることで、脳は勝手に「感謝」の方向に進みます。その結果、うまく行くのです。ちなみに、リフレーミングにおいて最も強力な「視点」とは「宇宙の視点」です。この視点にたてば、人生はすべてOKになりますから。
 

○ホ・オポノポノをNLP的に理解する!

 「ありがとう」「愛しています」「ごめんなさい」「どうか許してください」の4つの言葉を言うだけで、たちどころに心身が癒されるハワイの魔法の話。実は一人さんの「天国言葉」、五日市さんの「感謝します、ありがとう」、そして私が言う宇宙の本質「ありがとう、愛してる」もすべて同じ理屈です。プログラミングされた「無意識」の反応を言葉によって手放すのです。それにはきちんとした「理論」があります。


○「生まれ変わり」と「魂」のレベル!

 人はなぜ存在するのか。これについてはどこまで言っても「仮説」の範囲を超えませんが、原始宗教(バラモン教など)の教義などを参考にすると、「魂」はあり、それを磨くために人は存在すると考えた方が説明付くことは多い気がします。そしてなぜ人間は「意識(自我)」を神から与えられたのか。「無意識(本能)」だけの方が幸せかもしれないのに。それはまさしく「意識」と「無意識」の葛藤によって魂が磨かれるから。そして我々は「葛藤」を統合するために生きている。言い方を変えると「うまくいかない状態(葛藤)」を乗り越えて「うまくいく状態(統合)」にすること。実際、NLPには葛藤の統合というワークがありますので、それを「意識」と「無意識」の葛藤という図式で考えると、より深いワークができそうな気がします。


○時代遅れとなった「潜在意識」のプログラムを強烈に手放すワーク!

 まさしく最後のワーク。どんなことも自分を守るために存在する。しかし、それは時として汚れたシャツになってしまっている場合もある。小さい子供は自分の匂いのついたタオルやぬいぐるみを手放そうとしませんが、大人も実はそれを笑ってられないのです。子どもがぬいぐるみに対して「今までありがとう」と言って、ぬいぐるみから卒業する場面をどこかで迎えますが、大人はいつまでたっても古い「プログラム」を手放そうとしません。そのための儀式があのワークだったのです。ついでに言うと、ワークは非常に神聖なものだと考えています。ワークは儀式であり神事です。ですので、私がワークをする時はめちゃくちゃ神聖な気持ちになってやります。今回のセミナーではあまりたくさんワークをしませんでしたが、それだけ一つに神聖な気持ちを集中させていました。それに応えてくれた皆さんにはとても感謝しています。


○「天命(生まれてきた意味)」を見つけるためには何が必要か?

 セレンディピティと言う話をしましたが、どうやってセレンディピティを起こすことができるのか。それはまさしく自分らしさ、天命を見つけること。そのためには本当の自分、つまり体験によってプログラミングされた「無意識の反応」から解放されることが必要なのです。


 てな感じで、まとめさせてもらいました。セミナーの内容をここまで言っていいのか?と思われるかもしれませんが、実際、言葉にできるのは100分1もありません。それは私であっても、参加者であっても、言葉で表現できることは、私のセミナーの本のひと欠片しかありません。それは参加された方が一番よくわかっていると思います。決められた文章を読むだけなら誰でもできます。しかし私が表現したかったこと、伝えたかったことは、文章では限界があるのです。なぜなら私は「4次元」から常にリソースを拾っているのだから(笑)

 と言うわけで、この内容でやるセミナーは残すところ4月12日の仙台のみ。求めがあれば(人数が集まれば)、またどっかでやりたいと思いますが、今度はもっとバージョンアップして、時間も費用も拡大して、2日間くらいで出来ればな~とか思っています。

 セミナー後は「ゆんたく」で12時まで飲んでいました。でも泡盛は不思議と悪酔いしません。私は沖縄が肌に合っているようです。帰りもエグゼクティブ待遇で送って頂きました(笑)。自分で言うのもなんですが、素晴らしいセミナーでした。しかし、一番素晴らしいのは、何よりもセミナーに参加された方々であったことは言うまでもありません。ありがとうございました。

ありがとうございました!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇 4月11日(土)東京:瞬時に変わる!ウルトラ・コミュニケーション・セミナー
〇 4月12日(日)仙台:NLPで徹底的に自分を知るセミナー

〇<福岡NLP>3月19日(木):第二回・ラポールに始まりラポールに終わる!(その1)


○オフィシャルサイトはこちらです!メルマガ登録もできます!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
by katamich | 2009-03-14 23:05 | ■セミナー・研修・講演
ブログトップ | ログイン