宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

どんどん行きますよ~♪ 2009.2.2

 2日連続で遅くまで飲んだこともあり、久々の酒がすっかり回ってしまいました。朝起きたのは8時過ぎ。それからホテルで朝食。ちなみにホテルはセミナー会場から歩と3分ほどのところですが、シングルで朝食付きで3300円の激安。しかもかなり清潔でホテル内に岩盤浴場まであります。昨日のカプセルホテルよりも安いなんて。さらに窓を開けたら、桜島が見えました。

 と言うわけで、9時過ぎにチェックアウトして、桜島でも見に行こうと思ったのですが、噴火してるとのことで、バスに乗って帰ることにしました。ホテルからバス停まで徒歩3分。鹿児島の拠点はここに決まりです。ちなみにこれまでいろいろセミナーをしてきて、会場が安くて立派なのが、札幌、静岡、鹿児島、まあまあが名古屋、福岡。東京と大阪はさすがに地価が高い分、会場費もそれなりになりますね。きちんとバランス取れてます。

 10時過ぎのバスに乗って4時間。その間、やっぱり「紳竜の研究」の音声を聞いていました。聞いた回数は数えてませんが、30回は聞いている気がします。これは100回は聞くつもり。そして2時過ぎに福岡に到着。それにしても熱い2日間でした。

 いや~それにしても、この2日間、ご参加頂いた方々からいろんな評価を頂くことができ、それもまた私の自信へとつながりました。「日本一の講演家になる!」という大ほら吹きも、ほとんど否定されることもなく受け入れて頂いているようで、ますます加速しそうな勢いです。もちろん私自身もまだまだ勉強せねばならないことはたくさんあります。それでも大きな軸としては、私の進むべき道がますます明確化された2日間だったと思っています。

 とりわけ、今回はセミナープロモーターの方や、人生経験豊富な方々などから助言や評価を頂くこともあり、とりわけ言われて嬉しかったのは、「このコンテンツは売れる!」ということ。非常に即物的な言い方に聞こえますが、きちんとした質の高いコンテンツであると認めてくださったことで、とても大きな自信につながりました。もちろん私自身も「売れる」と思っているからこそ、全国でセミナーをやるわけです。そして今回は8,000円でやりましたし、今後もこれくらいの値段でやっていこうと思っていますが、実際の価値はこの何倍もあると思っています。でないと、セミナーなんてできません。

 何度も言いますが、11月からやってきたシリーズは「宇宙となかよし」というブログのタイトルそのものであり、内容的にはe-BOOK「宇宙となかよし」と重なるものです。しかし、実際のセミナーでは、単純な道徳論に終わるものではなく、どんなに理系の左脳派の人であっても理解して頂ける、極めて現実的な内容になっています。そもそもなぜ「ありがとう」と言うといいのか。その根源的な理由をセミナーでは解明していますし、それによって腑に落ちる、だからこそ「ありがとう」と言い続けられるのです。すべて理由があり、原因と結果の法則が成り立っているのです。この「宇宙となかよし」というコンテンツについては、これからもバージョンアップしながら、何度もやっていこうと思っています。

 2005年の一月に偶然つけられたタイトル(→この記事です)ですが、実はものすごく深い意味があったことを、今になってようやく理解できたのです。書いている本人からして。そしてこれからもますますバージョンアップして、文字通り、本当に人生を変えるレベルのすごいセミナーへと発展していくと思っています。正直、単なる情報提供のようなセミナーはやりたくありません。それならブログで十分。しかし、本当に人生が変わるには、「感情」や「感覚」が変化しなければなりません。そうするには、やっぱりセミナーをやっていくしかないと思っています。

 ブログや本だけだと、どうしても「言葉」すなわち「意識」での理解に終わってしまいます。もちろん何度も何度も読めばいいのですが、それが「感情」や「感覚」のレベルにまで浸透するには、どうしても時間がかかってしまいます。しかしセミナーであれば、「5感」がダイレクトに刺激されますので、早くに変化が訪れます。特に私のセミナーはNLPがベースにありますので、「視覚」「聴覚」「体感覚」への刺激を常に意識してやっています。なぜ、私はセミナーの時、あのようなインパクトのある動きや表情を見せるのか。インパクトのあるしゃべり方をするのか。どれも「感覚」に訴えかけるためです。ブログだとどんなに文章を駆使しても、「感情」や「感覚」にまでは行き届きにくいのも事実。

 ですので、これからも私のセミナーでは「感情」と「感覚」を変化させることにフォーカスして、どんどんやっていこうと思っています。セミナー参加者の皆さんが一様にして言われるのが、「あっという間に終わった」ということ。同じ4時間でも単純に朗読を聞くだけならば、こんなに長く感じることはありません。それは4時間を「聴覚」だけで処理しているから長く感じるのです。しかし、同じ4時間でもそれが短く感じるのは「視覚」「聴覚」「体感覚」のすべてを動員して処理しているから、それだけ時間も短く感じるのです。美味しいものの話を聞いてる時間と、美味しいものを食べてる時間とでは、どちらが早く感じるでしょうか。言うまでもなく食べてる時間でしょう。食べることは「視覚」と「体感覚」で処理しているから。

 ところで、私のセミナーのベースにNLPがあると言いましたが、各地でセミナーをやっているとNLPに関する問い合わせを頂くこともあり、また、私自身からNLPを学んでみたいと言う方も数多くいらっしゃいます。私が初めてNLPを学んだのは2006年のこと。とりあえずマスタープラクティショナーまで修めたので、資格コースはできませんが、NLPに特化したセミナーを行うことはできます。ただ、最初に学んだところで、NLPについて理解したとは言い難い状況でした。なんとなく、こんなものだろう、みたいな感じで終わっていました。しかし昨年、山崎啓支さんからNLPを学んだとき、NLPに対する理解が100倍に深く広がりました。と同時に、日本にはまだまだNLPをきちんと伝えられるトレーナーは多くないことも実感しています。

 ですので、もしもNLPを学ぶのに誰から学べばいいのか聞かれたら、好き嫌いはあるにせよ、山崎啓支さんだと間違いないと言っています。プラクティショナーコースで30万円。マスターまでいくと60万円近くなります。同じ金額ならば、確実な人から学ばなければもったいない話です。ただ、NLPを学ぶのに30万円とか60万円とかのお金をポンと払える人は決して多くはないでしょう。むしろ資格にこだわらなければ、そんな金額を払う必要もないと思っています。

 そこでひらめきました。そろそろリクエストにお応えして、私自身によるNLPコースを開催してはどうか、と。目指すべきところは、一貫して「使えるレベルのNLP」です。NLPは使えなければ意味がありません。しかし、多くのコースは単なるスキルの紹介と形だけの実習に終わっているのが現状に思います。少なくとも私が受けた中では、山崎さんを除いては「リフレーミング」のスキルをきちんと説明して、使えるレベルに理解させた人はいませんでした。例えば「6ステップリフレーミング」という便利なスキルがあるのですが、初めてこれを学んだとき、まったく腑に落ちてないのに、テキスト通りにやればいいなどと言われて混乱した経験があります。トレーナー自身がこれを活用できるレベルになかったことは明白です。

 とにかくNLPは使ってなんぼです。それも日常レベルで。そのためには腑に落ちなければ意味がありません。資格コースを受けたからと言って、NLPが使えるようになるとは限りません。中にはとんでもないトレーナーもいますから。本当の話。そして使えるレベルになるのに、きちんとしたトレーナーやプラクティショナーから学べば、30万円もかかるものでもありません。実際、NLPには100近くのスキルがあり、それらを組み合わせると、もっとたくさんになるでしょう。ただし、「80対20の法則」の通り、実際、効果的・実践的なスキルは全体の2割もないと思っています。その2割で8割以上の結果を出すものです。

 そこで私が目指すのは、その2割に特化して、できる限り短期間に、そして安価にNLPを体得してしまうコースです。ざっと考えてみたところで、基礎の基礎だけだと20時間もあればできそうです。となるとこんなスケジュールが思い浮かびます。平日の夜と土日を組み合わせた感じで、

1日目(平日3時間):NLPの基礎、感覚系
2日目(平日3時間):ラポール、非言語的コミュニケーションの基礎
3日目(土曜日6時間):サブモダリティ、アンカリング、
4日目(日曜日6時間):ニューロロジカルレベル、コーチング
5日目(平日3時間):タイムライン
6日目(平日3時間):予備


 これならば基礎の基礎で、日常で使えるスキルを叩きこむことができます。ただし、「メタモデル」、「ミルトンモデル」、「催眠誘導」などは、取り扱うことはできませんが、メタモデルなどはNLPの基礎の中でしっかりとお話することはできるでしょう。それ以外にも「恐怖症の治療」や「6ステップリフレーミング」など、強烈なスキルはあるのですが、まずは日常で使えるレベルにフォーカスすれば、上のスキルでとりあえずは間に合うでしょう。

 それからもう一つ考えたのが、1泊2日の合宿セミナーです。こんなスケジュールで。

<初日>

13:00 集合(会議室)、NLPの基本
15:00 休憩
15:10 ワーク(ラポール、サブモダリティ、アンカリング)
18:00 終了、宿坊に移動、入浴
19:00 食事
20:00 ワーク(催眠誘導、ミルトンモデル)
22:00 終了、語りタイム(飲みあり)
25:00 就寝

<2日目>

6:00 起床、勤行
7:00 滝行
10:00 朝食
11:00 瞑想
12:00 昼食
13:00 ワーク(リフレーミング、6ステップリフレーミング)
15:00 休憩
15:10 ワーク(目標設定、タイムライン)
17:00 終了


 こちらはなんと、ミルトンモデルなど、催眠系が入ってきます。合宿なのでじっくりとトランスに入ることができるからですね。そして何より「滝行」が入っているのが特徴です。これは私にしかできないでしょう。本来、きちんとトランスに入らなければ難しい「6ステップリフレーミング」も取り扱えますね。6日間のコースと合宿コースは別々に受けてもいいのですが、一気に受けるとそれだけ強烈な体験にはなるでしょう。とりわけ滝行は5感6感をフルに活性化しますので、へろへろの2日間になることは間違いありません。しかし、これだけすると、確実に感情も感覚も変化を起こしますので、間違いなく大変身できるでしょう。何度も言いますが、本当の変化とは「感情」と「感覚」の変化のことを言うのです。

 てなわけで、また新たにいろいろとアイデアが浮かんできましたので、確実に実行していきたいと思います。ではでは。


いつもクリック頂きありがとうございます!!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇 2月15日(日)東京:願望実現・目標達成トークライブ

○オフィシャルサイトはこちらです!メルマガ登録もできます!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
by katamich | 2009-02-02 23:39 | ■セミナー・研修・講演
ブログトップ | ログイン