宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

満行はスタート! 2009.1.28

 今日は一ノ滝。今回の21日行もこれで満行です。何度やっても感慨深いものがあります。21日行にしては10回目。100日行が一回。7日行が2回なので、「行」の日数だけ数えると324日。それ以外にも何度も滝に打たれているので、やっぱりテレビで放送されたように5年間で500回は滝に入っているのでしょう。ただ、きちんと数えてなかったので、一応、「行」の日数だけカウントすると、とりあえずの目標である1000日まではまだ3分の一。この調子だとあと10年はかかるということですね。ライフワークですので、地道にやっていこうと思います。

 それにしても今回の「行」はいろんなことがありました。中でもベスト3をあげると、

〇NHKからの取材・放送
 
 行に入る2日前にNHKの方から依頼があり、それから3週間後には放送されました。実は元旦の目標設定にも「マスコミ(雑誌・テレビ)への掲載」てのを書いたところでした。それを書いた5日目に依頼が来て、そして名前付きで放送。趣味で始めた滝行の5年間が、このような形で紹介されたのは、私にとって本当に大きな意義があります。九州・沖縄全域で放送されたそうで、このブログの読者の方からも「偶然見ました」なんてメールを頂きました。やっぱりテレビの力はすごいな~と感じます。

〇e-BOOKの静かなブレイク

 元旦から配信し始めたe-BOOK「宇宙となかよし」は今、静かにですが、どんどん広がっています。このe-BOOKによって大切なことを知った人も多いようですし、私にしても、いろんな方に知ってもらう大きなツールになったと思っています。さらにこの「物語」がミュージカルになる話も出てきています。

 そして今、一緒にインドに行った方から、この「物語」の核となる場面を中心したビデオの編集をして頂いています。これもでき次第、ユーチューブでご紹介したいと思います。あと、このe-BOOKは五日市剛さんからもご紹介頂き、ツイてる波動を得ることができました。読めば運がよくなること間違いないです。

〇「紳竜の研究」との出会い

 漫才ブームの頃から島田紳助のファンでしたが、なんとなくアマゾンを見てたら、このDVDが気になり始め、特にNSCの特別講義が収録されてることに興味が惹かれ、即クリックで購入。そして到着するや否や、一気に見てしまい、さらにmp3に落として一日に2回はかならず見たり聞いたりしています。

 本当にすごいDVDです。これをきっかけにユーチューブを始め、紳助の番組を見あさっているのですが、成功するにはやっぱり理由があることがわかります。彼は芸能界では大成功していますが、DVDでも語っているように、ひょっとしたら偶然ではないのか、という疑いを常に持っているとのこと。それが偶然ではないことを証明するために、今もいろんな事業に手を出し、すべて成功させています。言うまでもなく、彼の成功は偶然なんてものではありません。

 彼は18歳で芸の世界に入ったのですが、その時すでに将来イメージもあり紙に書いていたとのこと。そして徹底的な分析によって「売れる漫才の教科書」を作り、それに必要な相方を探し、その教科書通りの漫才を作りました。DVDの中でオール巨人が言ってるのですが、若き日の紳助の家に行った時、分厚いネタ帳はもちろんのこと、壁を見ると円グラフや棒グラフで芸能界の分布図みたいなのを詳細に分析しており、すでに自らのポジショニングを考えていたとのこと。それを見たオール巨人は恐ろしい男やと思ったとか。紳助はもともと才能があるのに、それに加えてあれだけの努力をされると、適うはずないとのこと。紳助の成功が偶然なはずはありません。

 私も今、紳助を徹底して分析し、モデリングを試みています。最近始めた「テーマに基づいて即興で語る動画」も、ある意味、紳助を意識したものです。テーマが与えられた時、どこまで即興で話ができるか。紳助がその点、天才であることは間違いないのですが、私自身もどこまで迫れるかをやってみたいと思っています。そのうち、セミナーでもやってみようと思います(今ひらいめいた)。どうするかと言えば、セミナーの参加者にそれぞれ一つのテーマを紙に書いてもらうのです。それを箱の中に入れてシャッフル。そしてくじ引きのように一枚一枚を選び、10分以内でそのテーマに基づいて語ると言う講演会。「巨乳について」と言われたら10分以内で巨乳について語ります。これをそのうち全国でやろうと思います。今年から開始しようと思います。次の講演会はこれでいきます。決まり。

 とりあえず、2月15日の東京セミナーは「目標達成・願望実現」がテーマですが、「紳竜の研究」から得たインスピレーションをきちんと紙に落として、それで確実に目標達成できるシステム作りをしたいと思っています。ある意味、今までとは全く違ったセミナーになるでしょう。「紳竜の研究」はそれほど私に影響を与えています。

 ところで話変わりますが、週末の福岡セミナーでは非常に面白い人も参加されます。本来はゲストやジョイントでやりたい方なんですが、今回は一参加者として来られます。その名も「励ま師◎Mikura」さんです。まずはこの動画を見てください。



 「5分で分かる手相教室」という動画を無料で配信されています。この動画は「手相を書く」ですが、参考になります。と言うか、このコンテンツは凄いです。5分で手相のエッセンスを次々と勉強できるのですが、極めて高い完成度。ナレーションも素人とは思えない洗練されたもの。見始めるとしばらく見続けてしまいます。時間のある時にぜひメモを用意しながら見て頂きたいと思います。

 Mikuraさんとは3年ほど前に2度ほどお会いして、彼から占星術の鑑定をしてもらったことがあります。その時の記事が「星に聞く 2006.6.5」です。その時に鑑定したもらったことの概要をまとめるとこうなります。

1.幼少期は運命に流される
2.青春期から自らの自由への解放される
3.「精神世界」へと自己確立を目指すが、「現実世界(現世での成功)」との統合が必要となる
4.「知性」「情報」「コミュニケーション」によって能力を最大化し、大きなネットワークを形成すると同時に、特定目的のための少数先鋭グループを持つ
5.それらが「35歳」を期に加速する


 これが2006年6月のことですので、ちょうど3年ほど前。私が33歳の頃でした。この中の5番目である「35歳を期に加速する」ですが、見事に当たっています。「精神世界」「コミュニケーション」などのキーワードもそのままです。そしてその時の記事にはこんなことを書いていました。

「全国にセミナー行脚をしていきたいと考えています」
 
 これを書いた当時、私の中では「全国セミナー行脚」なんてリアリティは全くありませんでした。そもそも何のセミナーをするのか、誰が聞いてくれるのか。そんな基本的なことでさえ定まってないのに、こんなことを書いているので。妄想しているのです。それが今気づけば、「全国セミナー行脚」、、、やってるではないですか。それも普通に。

 これは紳助の話にも通じるのですが、夢や目標ってのは、それを定めたことで叶うことになっているのです。私の場合はさらにそれを言語化しますので、加速の勢いがつきます。神田昌典さんの有名な言葉に「億万長者は占星術を信じない。しかし、大富豪は活用する」というものがあります。これは見方によってはちょっと危険なところもあります。億万長者と大富豪では、当然、大富豪の方がいいです。ならば占星術を活用すれば大富豪になれるのか、と単純にとらえてしまうこと。言うまでもなく、そんなことはないでしょう。

 この神田さんの言葉を私なりにアレンジするとこうなります。

「成功者はスピリチュアルを信じない。しかし、成幸者は活用する。ただし、落伍者はスピリチュアルに頼り過ぎる」

 いわゆる「成功」を目指すには、まずはそのための基本的なことをクリアする必要があります。コミュニケーション能力、お金の知識、強いメンタリティなど。しかし、それだけでは何かもう一歩が抜けません。その時に初めてスピリチュアルが重要になるのです。鳥居祐一さんのメルマガに興味深いことが書かれてありました。今、鳥居さんはアメリカにいるそうですが、サブプライム後のアメリカと肌で接し、このようなことに気づかれたようです。

「米国人たちの心境の変化がハッキリと読み取れました。それは物質世界から精神世界へのトランジション。消費社会の米国人が価値観の肯定的変化をおこしている」

 アッパーな富裕層ほど神に祈り、スピリチュアルになっているとのこと。

 このように今、世界はまさしく「精神世界」への移行を進めているのでしょうが、だからと言って、現実生活をおろそかにしていいかと言えば、決してそうではないでしょう。つまるところ「物心両面のバランス」が重要なんですが、現在のトレンドはこれまでの「物質世界」への偏重が見直されているということであり、「物」を手放して完全に「精神世界」に生きよ、ということでは決してありません。

 実は「精神世界」ってのは諸刃の剣なのです。つまりプラスに作用すればいいのですが、反面、マイナスにも作用しやすいものです。確かに「思考は現実化」します。言い換えると思考がプラスであればいい現実が現れあまし、マイナスであれば悪い現実が現れます。では、そのプラスの思考とマイナスの思考をどのようにコントロールすればいいのでしょうか。その一つが「物質的な豊かさ」であると思っています。人間の思考ってのは、いいものを見て、いいものを聞いて、いい人と会って、いいものを食べたりすれば、自然とプラスに傾くものです。しかし、そうでなければ、意図せずとも思考はマイナスになり、現実もそれを反映してしまいます。

 つまりは現実を無視した「精神世界」は、自ら自分の首を絞めているようなものなのです。無意識は素直に反応します。物質的に貧しい状況で、豊かな感覚、豊かな無意識を得ることはできません。それが「落伍者はスピリチュアルに頼り過ぎる」ということの真意です。

 ですが、、、もう一度繰り返しになりますが、スピリチュアルや占星術は活用によっては、ものすごく人生に役立つことがあります。それが例えばMikuraさんの鑑定です。Mikuraさんは「励ま師」と名乗るとおり、占いにおいてネガティブなことを言いません。それが彼のポリシーだからなんでしょうが、実際、人間にはポジティブな面もあれば、ネガティブな面もあります。しかし、人間の現実は「視点」が決定します。だとすれば、どちらに「視点」を向けたいでしょうか。言うまでもなくポジティブな面です。言ってみれば、占いにおいてもリーディングにおいても、ネガティブなことを言う必要は本来ないのです。

 そもそも自分のネガティブな点など自分が一番知ってるわけですから。例えば「あなたは対人に対して恐怖心を持っている」なんてリーディングされても、そんなこと自分が一番よく知ってることでしょう。さらに言えば「当たってる~」なんてリーディングに何の意味があるのでしょうか。自分で分かってるから「当たってる」と思うのであり、自分にわかることをかぶせて指摘されて、なんの意味があるのでしょうか。それがネガティブなことであれば、ますますネガティブに陥るだけです。

 それに対してMikuraさんの鑑定は基本的にポジティブなことしか言いません。私の場合「35歳から加速する」と占星術的に言ってもらったことで、その気になり「全国セミナー行脚」なんて大きなことを言い始めたのです。そしてそれは現実になっています。なぜか。「視点」がそこに向いたからです。

 と言うわけで、そのMikuraさんが私の福岡セミナーに参加されるのは、ことのほか嬉しいものです。彼とは今後、何らかの形でコラボもできればと思いますし、やっぱり明るい人間は明るい人間同士で集まるもの。必ずやポジティブなエネルギーがそこに生まれると思います。2009年の第一発目のセミナーがそのような「場」で開催されるのは、やっぱりツイてるとしか思えません。いよいよ「日本一の講演家」に向けてスタートです。満行日に強く宣言したいと思います。ありがとうございました。

一緒にどんどん加速していきましょう!!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇1月31日(土)福岡:「宇宙となかよし」セミナー
〇 2月1日(日)鹿児島:「宇宙となかよし」セミナー
〇 2月15日(日)東京:願望実現・目標達成トークライブ


○オフィシャルサイトはこちらです!メルマガ登録もできます!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
by katamich | 2009-01-28 23:10 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン