被害に遭ったぜ! 2009.1.9

 今日も滝、滝、滝。21日行の3日目ですが、まだ、ぜんぜん大丈夫。と言いながらも、先は長いのですけどね。こう考えると、7日行なんてのは、ほんと一瞬です。週末は雪が降るようですし、先が楽しみです。今日は久々に山登りに行こうと思ったのですが、ちょうど滝場を離れた時から雨が降ってきたのでやめました。8月の教訓により、天気の悪い日は絶対に山登りに行かないことを決めたのです。天気が良くなってから行くことにします。

 で、今日は何をしていたかと言うと、特別なこともなく、貯まっている本を読んだりとか。そうこうしていると、夕方頃、一時的にオフィシャルサイトが開かなくなることがありました。ちょっと調べてみると、どうやらサーバーの管理会社のサイトも開かない状態。さらに調べてみると、、、えっ!て感じ。ちょっと「被害」というのに遭ったみたいです。管理会社の都合で、勝手に一万円ほど請求される事件(?)があり、現在、ユーザーだけでなく、カード会社、警察などを巻き込んで、ちょっとした騒ぎになっているみたいです。私もカードの明細をネットで調べてみると、今月末に一万円がなぜか請求されることになっています。そしてその「被害者のサイト」みたいなのも立ちあがっており、当局も調査に入っているとか。

 一万円請求の名目は「セキュリティ対策費用」なんだそうですが、その請求先は私のようなサーバー使用者だけでなく、その会社の商品を一度でも買ったことのあるお客さんにまで及んでいるとか。つまり、その会社でカード決済なりをした人のほとんどに一万円請求が行っているようです。こんな露骨なことってあるのでしょうか。例えば5年前に900円の商品を買ったお客さんにまで、突然、一万円が請求されちゃうのです。被害者サイトを見てみると、管理会社としては、「大切なお客様の個人情報を守るためのやむを得ない対応」なんだそうですが、そんなのって自分たちが自腹でなんとかするもんでしょう。セキュリティ対策なんてのは、個人情報を預かる会社の、当然の義務ですから。その費用をユーザーに負担させるとは、えげつない商魂ですね。しかも文書はおろか、メールでさえもその通知がなし。明らかな確信犯ですね。

 しかし不思議なのは、そんな詐欺みたいなことやって、商売が長く続くと思っているのでしょうか。夜逃げするつもりでもなければ、しばらくはクレーム対応に追われて業務にならないでしょう。しかも、「返金請求」をした人にだけ返金するそうで、意味がわかりません。ただ、今回のことでちょっと怖くなったのは、カード情報があれば、簡単に徴収できるんだな、、ということ。私も今まで、ネットで何度となく買い物をしていますし、そのほとんどがカード決済です。それこそ億単位だって請求できちゃうわけですね。もちろん億を請求しても払える人はほとんどいないだろうけど、一万円ならば誰だって払えます。その一万円を一万人から徴収すれば、瞬時に一億円の利益です。

 もちろんそんなことしてしちゃえば、信用が失墜して商売できなくなるので、まずないと思うのですが、夜逃げ覚悟であればできなくもないのです。カード会社に電話で聞いてみると、カード会社の方は調査はするものの、勝手に引き落としをストップすることはできないそうです。今回のケースでは、たぶん返金はあるでしょうが、なんとなくある種の「警鐘」のように思えてなりません。

 資本主義ってシステムは、それが機能するために、実は皮一枚なんです。それをつなぎとめているのが「信用」と言うもの。資本主義の経済システムから「信用」を取り除くと、瞬時に崩壊してしまいます。なぜ人は銀行にお金を預けるのか。信用があるからです。そもそもなぜお金を稼ぐのか。それはお金自体の代替機能に信用があるからです。そして個人情報もそう。その会社やセキュリティ対策と言っておきながら、自分たちがその個人情報を乱用していることになるのです。「信用」のことを顧みることなく。

 今回の件で、私はこの管理会社に対する「信用」はまったくなくなりました。それどころか、私の個人情報がどのように扱われるか心配になってきます。と言うか、この会社だけでなく、私の個人情報はいたるところに散乱しているはずです。それはもちろん私だけではありません。洞窟にすんでる人でもない限り、個人情報は自分たちの知らない範囲にまで広がっているものです。しかし最低限の「信用」があるので、さほど心配しなくていい範囲にはあるものの、この先、どうなるかは保障の限りではありません。まさしく資本主義が断末魔を迎える時には、個人情報が市中にばら撒かれて、社会が崩壊する可能性だってあるのです。恐ろしい世の中です。本当に首の皮一枚で成り立っているシステムでしょう。今日の情報資本主義社会ってのは。

 じゃあ、今から自分たちで個人情報を守らなければならない、と思ったとしましょう。しかし、このブログを読んでいるような人は、ほとんどがネットの世界に生きている人だろうし、もうすでに手遅れだと言えます。アマゾンで本を買ったことがあれば、もうすでに手遅れです。諦めるしかないのでしょうか。残念ながらそうだとしか言えません。もちろん「信用」がきちんと確立している世の中であれば、さほど心配する必要もないのでしょうが、今回の私が遭った被害は、もしかしたら何かの予兆なのかもしれません。

 本当に「信用」という最低限の価値観がなくなったら。もう生きていくには、農業くらいしかなくなるでしょう。それも自給自足の。正直言って、そうなった社会の救い方なんかはわかりません。しかし、なんとなく将来的に、それもありうるのでは、、、というシュールな未来社会を想像してしまったのも事実。大げさなな言い方かもしれませんが、実際に「被害」に遭ったのは初めてなので、いろいろ考えてしまうのでした。

 ちなみにその管理会社は、、伏せようと思ったのですが、macユーザーの方を中心に、知らん間に請求されている被害が後を絶たないようですので、こちらでもお知らせしておきます。私はmacユーザーではないのですが、サーバーの費用として、最も安くてそれなりの信用があるようだったのでそこを選んだだけです。

リンククラブ被害報告まとめ

 今日はなんだか変な日記になってしまいましたね。やっぱり「お金」の管理は大切ですね。見覚えない請求があれば、誤解でもいいので、しっかりと追及しましょう。それが「お金」に対するエチケットでもあります。

ぐだぐだの文章を読んで頂きありがとうございました。今日もクリックをありがとうございます!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇1月31日(土)福岡:「宇宙となかよし」セミナー
〇 2月1日(日)鹿児島:「宇宙となかよし」セミナー
〇 2月15日(日)東京:願望実現トークライブ


○オフィシャルサイトはこちらです!メルマガ登録もできます!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪


【21日滝行日誌 3日目 曇り 6℃】

週末から雪が降るらしく、段々と寒くなっているような気がする。昨日よりは苦しさはマシだったが、まだまだ頭が割れる~!
by katamich | 2009-01-09 23:01 | ■時事問題