宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

精神文明復活の幕開け 2009.1.4

 楽しい三箇日もあっという間に終わってしまいましたね。私の正月は寝正月と、相変わらずパソコンの前に座っていました。昨年は韓国ドラマの「ガラスの靴」でつぶれてしまい、3日から釜山に行っていました。ですので、昨年は2回も海外旅行に行ったのですが、今年は行けるでしょうか。またインドの話が持ち上がったりしていますが、どうなるでしょうか。呼ばれてたら必然的に行くことになるでしょう。とにかく、自分にとって本当に必要なこととは、ほんとどが自分で決められることではないように思っています。もちろん目標設定は大切です。しかし、自分の魂レベルで、本当に必要な目標とは「意識」で認識できるものではなく、なぜかわからないけど、そうなってしまった、、、と言うことが多いように思います。11月のインド、そしてその道中での奇跡の出来事はまさにそれでした。

 ところで今配信しているe-BOOK「宇宙となかよし~天命につながる幸せ法則~」もまさしくインドを舞台としたストーリーになっています。すでにダウンロードして読まれた方はご存じと思いますが、「物語」は私の会社員時代から辞めた直後のインドまでとなっていますが、そこは「物語」としての統合性をもたせるため、最後の方は11月のインド旅行のエピソードも含まれた内容になっています。ですので、時系列的に工夫した部分はありますが、個々のエピソード自体は完全に実話です。

 そして今、すごい勢いでダウンロードがなされています。管理ページを更新するたびにダウンロード数が増えている状態で、ご感想も次々と頂いております。ちなみにご紹介キャンペーンでプレゼントさせてもらっている音声ファイル「願いを叶える欲張り天使」も、かなりすごいと感想を頂いております。何度も言ってますが、この話、聞いちゃうと願いがどんどん叶ってしまうんでうよね。重要なメカニズムがここにありますから。この話は以前もどこかで音声配信したと思いますが、実はその時からまたバージョンアップしています。

 e-BOOKも音声ファイルもそうですが、この2つはいわゆる右脳系と左脳系をバランスよく配置しています。e-BOOKでは、そのほとんどがストーリー形式で、右脳系の人はそっちがしっくりくるようですが、そうでない人は、やっぱりちょっとした解説やノウハウがあった方が理解しやすいみたいです。その辺りを有機的につなぎ合わせて書いていますので、誰が読んでもわかりやすいのではないかと思います。その辺は音声ファイルも同じこと。こちらは30分間、台本なしの一発録音。荒々しい感じがあるかもしれませんが、何かを見ながらしゃべっているわけでもないので、その分、私の魂からの声をお伝えできると思っています。

 ところでミクシィ日記にも書いたのですが、物事には「クリティカル・ポイント」というものがあります。日本語で「沸点」のこと。つまり水は100度になるまで液体ですが、それ以上は気体になります。温度自体はどんどん上がっているのですが、見た目にはわかりません。しかし、ほんの一点から突然変異をきたして、すごいことが起こってしまいます。ティッピング・ポイントと言う言い方もあります。そして今、このダウンロードが増えるに従って、確実にその「クリティカル・ポイント」に達する瞬間を迎えそうで、ちょっと怖い気もします。

 ただ、それも必要だと思っています。ちょっと宗教がかった言い方に聞こえるかもしれませんが、実は今、人類は「めざめ」の必要があるようです。去年の年始、2008年は世紀の転換点だと聞いていました。その契機となるのが、8月の北京オリンピックであり、その前後に世界を揺るがすことが起こると。そしてそれは現実になりました。北京オリンピックが直接的な原因とは言えないにせよ、ここまで米ドルが下がって、そして世界的企業のトヨタやホンダがここまで厳しい局面を迎えるなんて、年始の段階で誰が予想したでしょうか。いや、実は年始の段階で株価の急落によりスタートしたので、その兆候と言うか、虫の知らせみたいなのはあったのです。

 そんで蓋を開けてみると、米ドルはおろかユーロも大したことなく、まさしく中国や日本を中心とした、東アジア通貨圏みたいなのが、虎視眈々と覇権を狙っているような不気味さがあります。特に中国。あるエコノミストは2009年中に米ドルは一ドル50円にまで下がるみたいなことを言っていますが、もしもそうなったら、日本だってただ事ではすみません。「派遣切り」なんて言葉が懐かしく感じるほど、街中に失業者が溢れかえります。すると最終的に何が勝つかと言うと、「食糧」を持ってるところが残るに決まってるわけです。となると、自給率40%の日本はいよいよヤバいです。で、ある人の予言によると、2009年の8月の段階で、ほぼ決まってしまうとか。何が決まるのかは、ちょっと言えないのですが、とにかく決まってしまうのです。それを「アセンション」とか言う人もいますが、そんな遊び半分の話ではありません。一言で言うと、ハッピーになる人間とそうでない人間が分かれてしまうわけですね。

 実はミクシィで私の敬愛する方がある日記を書いておられました。その内容をここで転載するわけにはいかないのですが、非常に示唆的な日記でした。どういうことかと言うと、これからの幸不幸を決定するのは「〇〇」だという話です。「〇〇を制する人は世を制する」とさえ言えるでしょう。では○○には何が入るのか。実を言うとe-BOOKの76ページの6行目に書いています。

 「その際の「魔法」をお伝えします。それは「〇〇」を△△ることです。」

と。実は本当にこれに尽きるのです。今さらながら。しかし、世の中のほとんどの人がこの「○○」を制していません。なぜ伏字にする必要があるのか。あまりにも簡単過ぎて、言ってしまうと、重要感が薄れるからです。重要性を深く認識するために、あえて伏字にしているのです。ぜひ、ダウンロードして確かめてみてください。本当にシンプルな話なのです。

 ただ、この「物語」自体のテーマは「〇〇」の話ではないのですが、結局、突き詰めるとそう言うことになるのかもしれません。周囲の不幸な人、不幸そうに見える人を見ていると、やっぱりこの「〇〇」を使いきれていません。簡単なことなんですが、それを使う訓練さえしようとしないのです。

 何度も言いますが、2009年はただ事じゃない年になります。それも8月で完全にパラダイムが変わってしまいます。「アセンション」なんてのん気なこと言ってる場合じゃないです。2012年なんて、もうすでに終わってる時期ですから。本当に重要なのは今年です。間違いなく。人間の「脳」の勉強をした方がいいです。人間の現実はすべて「脳」がつくっています。「思考」と言ってもいいのですが、とにかく「脳」の使い方、そして「〇〇」を制すること。

 いよいよ正月休みを終わり、日常が始まりますが、実はこれは8か月後にわかる「非日常」の始まりでもあります。ただし、そんなに恐怖を覚える必要もなくって、「〇〇」の重要性さえきちんと認識していれば、まずはOKです。それは本当にシンプルな魔法です。魔法と言っても「言葉」ではありません。「〇〇」なのです。そのために「言葉」はとても役に立ちます。

 さあ、いよいよ『精神文明復活の幕開け』です。楽しく行きましょう!!!
 
さあ、スタートです!景気づけにクリックをお願いします!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇1月31日(土)福岡:「宇宙となかよし」セミナー
〇 2月1日(日)鹿児島:「宇宙となかよし」セミナー
〇 2月15日(日)東京:願望実現トークライブ


○オフィシャルサイトはこちらです!
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
by katamich | 2009-01-04 23:38 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン