宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

今年のM-1 2008.12.22

 昨日はセミナーだったので、今日、録画していた「M-1グランプリ」を見ました。ただ、昨日の段階で携帯にて優勝者がわかってしまったので、どこが優勝するかのドキドキ感はなかったのですが。ま、その分、冷静に見ることはできました。

 今回は「好き」かどうかで言うと、そこまで好きなコンビはなかったのですが、結果的には面白いのが多かったです。トップバッターの「ダイアン」のサンタクロースネタから面白かったのですが、やっぱりトップは不利なんでしょうかね。あれならもっと上位にいてもいいとは思いました。「笑い飯」は安定した漫才で期待通りの仕事をしたと思いましたが、優勝するには「期待通り」では食い込めないのかな、とも思います。「笑い飯ならあれくらいやって当然やろ・・」と思われるので、それが常連のハンデと言えばハンデと思います。その辺は今回のキングコングも同様。

 「モンスターエンジン」は、まあ普通。ただ、優勝はできないな、と思いました。そして最終戦まで行った「ナイツ」。ダジャレ系はもともと好きじゃないのですが、後半にかけて淡々と盛り上げるスタイルはさすがです。あの程度のちょい下ネタもよし。宮崎駿ネタ以外も見たいと思わせられました。「U字工事」は地方系で、特徴ある栃木弁。ただ、福岡に住んでいると、博多弁のローカルタレントに慣れているせいか、あまり新鮮味を感じさせませんでした。福岡が佐賀をバカにするようなもんでしょうか。ただ、面白いかどうかで言えば、面白かったです。次は「ザ・パンチ」。レッドカーペットで見て印象的ではあったのですが、今田も言ってたように、途中からハラハラし始めましたね。カミカミで間も悪く、テレビ見てても緊張感が伝わってきます。決勝に出してはいかんと思いました。

 そして「キングコング」。ファンの人には申し訳ないのですが、私はキングコングがあまり好きではありません。世間でも西野に対する風当たりが強いようですが、M1にかける情熱は評価できるものの、梶原の「負けたら離婚」とか、中途半端な話題づくりが、まず見てて痛々しかったです。梶原が離婚しようが、視聴者にはなんの関係もないもの。コンビ解散とかなら、それだけのインパクトはありますが。そして何よりも不快なのが、去年のM1後の西野の「ウンコ発言」。サンドウィッチマンに負けて、「僕が書いたネタがウンコだった」と反省したそうですが、そのネタに笑ったファンがいることを忘れてはなりません。審査員の評点などは、そもそも好みやその時の気分に過ぎないので、キングコングが絶対的にサンドウィッチマンに負けたわけではありません。もしも勝っていたらそんなことは言わなかったでしょう。勝とうが負けようが、自分達にとって最高のネタと漫才を提供できたので悔いはありません、と言っていたら印象も違っていただろうし、今年にもつながっていたのではと思います。あの発言はファンに対する冒涜であり、お笑いへのリスペクトのなさの表れのような気がしてなりません。お笑いはその瞬間その瞬間でいかにしてファンを笑わせるかであり、勝ち負けを競うものではありません。勝ち負けはあくまで結果論であり、最初からそこに焦点を絞りすぎるのは、「お笑い」本来のあり方ではないでしょう。そしてその「勝ち負け」にこだわりすぎた漫才が今回の結果なんだと思います。正直、キングコングが面白いかどうかで言えば、面白いと思います。今回のインタビューネタも何度も笑いました。ただ、どうしても「勝ち負け」を意識しすぎたせいか、審査員の言うように、なんかギクシャクした感じがあったのは否めません。結局、書いたネタがウンコだったのではなく、キングコング自体がウンコであることを、今回のM1で証明した結果になってしまったのではないでしょうか。細かいことを言えば、梶原の落ち着きない動きと、西野のわざとらしいリアクションが特にウンコでした。

 そして続くは「NON STYLE」、そして敗者復活の「オードリー」。多くの視聴者も思ったでしょうが、今回の優勝はここのどちらかやな、と見て思いました。いい漫才だったと思いますし、オードリーに対して紳助が「のりおを思い出させた」なんてのは、最高の賛辞やと思います。そしてやっぱり最終は「もう一回見たい」と思わせた3組が残りました。「笑い飯」も見たかったのですが、一方でも、もう十分とも思っちゃいました。その点で言えば、逆に「ザ・パンチ」をもう一度見てみたかったりして。。。現にビデオで何度か見直してしまいましたし。。。ザ・パンチ。良くも悪くも、これから注目されるかもしれません。

 そして結果、優勝は「NON STYLE」。フリートークが苦手と言われていましたが、私は漫才で面白ければそれでいいと思います。ただ、実際には売れる売れないを決めるのは、フリートークだったりするのも事実で、猿岩石の有吉がそれを物語っています。M1の魅力は、個々の漫才はもちろんですが、司会者や審査員のコメントにもあります。その点、紳助や松本、今田などのトークはさすがです。カウスだけは論外ですが。私が笑ったのは、オードリーの一回目が終わった時の松本のコメント。最後は数字(の札)まで面白くなってきた、と。それを言う松本が一番面白いのです。他は上戸彩がよかったですが、客席の矢口らにカメラを回し過ぎるのが余計でした。あれなら回さないか、審査員に向けた方がいいです。みんなが笑っているときの、紳助の表情などは、かなり深いですから。

 てなわけで、キングコングの話ばかりしてごめんなさい。でも、それだけ注目されたのも事実だし、意気込みも充分伝わってきました。ある意味、プロ意識の現われとして見習うべきだとも思います。てなわけで、今日はこの辺で。

こちらにもクリックをお願いします!!
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
by katamich | 2008-12-22 23:53 | ■時事問題
ブログトップ | ログイン