宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

愛のせーちゃん牧場 2008.12.15

 軽く二日酔いで起床。時間までホテルにいて、今日はいよいよ「せーちゃん牧場」です。「せーちゃん牧場」は十勝の鹿追町というところにあります。札幌から電車で2時間弱のところ。12時過ぎのバスに乗るためにバスステーションに行きます。まずは札幌名物の味噌ラーメンを食べます。実は私は博多に住んでいますが、豚骨ラーメンよりも、味噌やしょうゆラーメンの方が好きです。生まれ育ちが大阪だからだと思いますが、あまり濃すぎる豚骨はちょっと口に合いません。やっぱ本場の味噌ラーメンは美味しかったです。そして「スーパーおおぞら」という特急に乗って帯広方面に向かいます。「新得」という駅までせーちゃんが迎えに来てくれており、駅に着くと外は雪でした。しかし雪が珍しい私としては、中で待たずに、つい外で雪を浴びてしまいます。そうしていると、2分ほどでせーちゃん登場。ついに「せーちゃん牧場」です。

(夏のせーちゃん牧場)
b0002156_12581053.jpg


 せーちゃん牧場には100頭以上の牛さんがいます。主に乳牛ですが、それはもう圧巻です。想像していたよりもずっと巨大な牛がでっかい乳を垂らしながらのそのそと動いています。そして周囲は見渡す限りの平地と白い雪。九州在住の私としては、完全に別世界です。異次元です。とりあえずは牛舎とかを見せてもらって、あとはお家の中。その間、せーちゃんは牛の世話です。

 牧場の生活に初めて接して、改めてすごいと思いました。朝は早くから、それこそ日の出前から牛の餌やりに始まり、100頭近くの搾乳。と同時に、牛舎の掃除だとか、牛の具合を見たりだとか、とにかくすることはたくさんあります。そうやって朝は4~5時間働き、昼間はちょっとだけ休憩。そして夕方から再び4~5時間の労働です。せーちゃんにとってはそれが日常なんですが、私が今それをやれと言われたら、まずできないでしょう。でも、そうやって多くの人の胃袋が満たされていくわけです。

 今の世の中、お金に働かせて自分は楽なこと、好きなことしようという風潮が流行っていますが、やっぱり最終的になくならない、価値を持つのは、農業など人の生活に密着した仕事なんだろうと思います。もちろん社会には金融も投資も必要なことはわかります。しかしそれがあまりにも過剰化した結果が、今の金融危機と世界的な不況をもたらしたではないですか。なぜそうなったか。

 それを極限まで抽象度を上げて考えると、農業はあらゆる人を幸せにするものであるのに対し、お金に働かせるという仕事は、どこかで人を不幸にすることが避けられないもの。金融の世界などは笑う人の影に泣く人だって大勢いるのです。これは金融だけでなく、資本主義そのものがそうなのかもしれません。資本主義ってのは、確かに生活水準の全体的な底上げに寄与した経済モデルかもしれませんが、多かれ少なかれ、大勢の泣く人の犠牲のもとで成り立つ部分も否定できません。だからと言って社会主義が良いわけでもなく、あれはたった一人のために国民全員を泣かせる経済モデルなので、もっと悪いです。

 結局、行き着くところは「人をハッピーにするかどうか」なんだと思います。どんなことがあっても人をハッピーにしているものであれば、それは必ず報われるし、その人自身がハッピーになれるものです。それは酪農であろうが、銀行員であろうが、なんだって一緒です。人をハッピーにしない農家よりも、人をハッピーにするサラ金の方が世の中からは受け入れられて当然です。

 そして「せーちゃん牧場」ですが、正直言います。彼は心底、人のハッピーを願っている人です。とにかく彼の口から人を非難したり中傷したりという言葉を聞いたことがないばかりか、どうやって人を幸せにできるかを常に考えているのです。私などは、表面ではいいこと言ってるかもしれませんが、ついつい、人のことをとやかく言う癖はなかなか取れません。しかし、せーちゃんにはそれがありません。朝5時に起きて、まずは自分と向きあり、日の出前から牛舎に入ります。雨の日も、風の日も、雪の日も、氷点下マイナス20度の日も、とにかく「感謝」とともに一生懸命に牛の世話をして、そしてそこからたくさん人がせーちゃん牧場の牛乳やお肉、野菜などを食べることで、ハッピーになっています。まさしく「愛」そのものだと思います。正直、同じ牧場や農業であっても、それを供給する人の心に「愛」があるかどうかで、やっぱり味とか栄養とかも違ってくるのだろうな、と思います。だからこそずっとずっとやっていけるもの。最近、食品業界でも偽造偽造の嵐でした。結局、自分の私利私欲に走りすぎてしまって、人をハッピーにするという基本を忘れてしまったのでしょう。

 しかし、せーちゃん牧場にはまさしく「愛」がありました。大げさな言い方に聞こえるかもしれませんが、本当の話。それはせーちゃんのご家族を見てもわかります。素晴らしい奥さんに、これまた子どもらしくて可愛い3人の子どもたち。まさしく「愛」に包まれた一家であり、牧場だな~と感動したのです。

 とりあえず、あんまりべた褒めしすぎるとせーちゃんが照れそうなので、この辺にしておきますが、本当に素晴らしい牧場です。2日目に続きます。

愛のクリックをお願いします。。。
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

・12月21日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin大阪
・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
by katamich | 2008-12-15 12:55 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン