宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

チャリティトークライブ!! 2008.12.13

 結局、鳥居さんの事務所に泊まることになり、夜中までいろいろ話をしたり、教えてもらったりして、寝たのは2時前でした。そして7時過ぎには起きて、しばらくゆっくりします。11時前に事務所を出て、今日のトークライブの会場である「青海フロンティアビル」に向かいます。早めに着いて一人で昼食。12時過ぎにスタッフやインドからのゲストであるダルさんも来て軽く打ち合わせします。

 そして13時半に開場して準備。会場の設営、ビデオの調整。いろいろ手こずったこともあり、結局、20分遅れくらいでスタート。今日は司会、受付の方が、インドで買ってきた民族衣装でばっちり決めます。司会挨拶のあと、私が20分ほどインドツアーの概要の説明。そしていよいよインドからダルさんの登場です。彼の生い立ちに始まり、ミネハハさんとの出会い、そして学校の設立と今。流暢な日本語で地面を踏み固めるように進めていくダルさんの話に、皆さん、真剣に聞き入っていました。

 それにしても不思議です。なぜ、このようなイベントが開催されることになったのか。そもそも今回のインドツアーではダルさんに会う予定もなかったのです。予定では我々一同がブッダガヤに到着するのが、11月3日の夜。本来であれば、そこでほんのちょっと、ミネハハさんと会うだけのはずでした。しかし、インドテロの影響などいろいろなことが重なって、ミネハハさんのスケジュールが直前に変更になり、4日朝発の予定が4日の夜になったのです。そして我々も11月4日は終日ミネハハさんと同行。そこで会ったのがダルさんでした。ダルさんはミネハハさんをエスコートする役割だったので、当初は会う予定にはなかったのです。

 さらに我々がデリーから日本に帰る最終日、ダルさんもたまたまデリーにおり、ホテルまで見送りに来てくれていたのです。そして送迎バスがやってきて、私がバスに乗り込む直前、ひとつのメッセージが降りてきました。

「ダルさん、日本で一緒にトークライブでもしましょうか」

と。思わず出てしまった言葉をすぐに書きとめる人がおり、そしてその場で12月13日と日にちまで決まってしまったのです。帰国後、会場を探してみると、一か月前にも関わらずあいているところがありました。

 今日もちょっと話したのですが、この「思いつく」というのはどういうことなのでしょうか。人は思いつこうと思っても思いつけません。文字通り、いきなり思いつくのです。つまり人は「意識的」に思いつくことはできないのであり、まさしく「潜在意識・超意識」からのメッセージです。

 ちなみに「潜在意識(無意識)」と「超意識」の違いについて聞かれることがあるので、簡単に。潜在意識は生後にプログラミングされたもので、安心安全を守るために働くもの。「善意」はあるけど、「善」とは限りません。一方、「超意識」は生まれながらに持っているその人の「魂」みたいなもので、絶対的な「善」の働きをします。通常は、潜在意識が自分自身を動かしているのですが、潜在意識の働きがパニックになったり、クリアになったりすると「超意識」が働き始めます。

 というわけで、今回の「思いつき」については、潜在意識がクリアになった状態での超意識からのメッセージだと言えるわけです。そしてそれは絶対的な「善」として、宇宙にとって必要な使命として私に伝えたわけですね。

 こういうときってのは、どんなことがあってもその「思いつき」は形になるもの。最初からそう確信していました。そしてその確信通り、今日のイベントが開催されたというわけです。

 話を戻しますが、ダルさんの話のあと、10分程度休憩してビデオ上映。このビデオはインドメンバーの一人が作成しました。その方は普段はウェディングなどの撮影の仕事をしている、プロの方。撮影も編集もビデオ作製もすべてお一人でされる、プロです。その方が今回のイベント用に15分間のビデオを作成して頂いたのですが、本当に素晴らしいビデオでした。できることならばネットで配信したいくらいですが、あいにく、ミネハハさんの肖像権もあるのでできなくて残念。でもやっぱり、このビデオが上映されること自体、何か必然的なメッセージを感じさせずにはいられません。本当の今回のインドはすべてが何か大きな眼に見えない力によって動かされているとしか言いようがないのです。

 ビデオの次はいよいよ私のトークです。若干、時間が押し気味だったので、一時間で全身全霊のトークをさせて頂きました。今日は私のことを全く知らない方も結構いらっしゃったのですが、遠慮せずに、「オレ節」を炸裂したと思います。とにかく「動きが奇妙」とか「雷のようなオーバーリアクション」とかいろいろ言われましたが、それがある意味「オレそのもの」だと言えるので、オレはオレらしくやりました。そしてそれがよかったようです。正直、私のトークはフォーマルなプレゼンではありえないのでしょうが、アナウンサーのようなトークなどはオレではありません。オレにしか出来ないトークをする。これが私のミッションだと思っています。

 チャリティトークライブは大成功でした。その後は大忘年会。ほとんどの方が忘年会にも参加され、そして大盛り上がり。2次会もたくさんの人が参加。なんとも表現しようがないのですが、とても素晴らしい一日、思い出深い一日になりました。ある意味でインドの総決算。そして新たな旅立ちの日。石は石らしく、草は草らしく、木は木らしく、犬は犬らしく、牛は牛らしく、人は人らしく、そしてオレはオレらしく。新たな旅立ちの日を迎えました。ありがとうございました。]

オレはオレらしくクリックしてほしい。。。
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

・12月21日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin大阪
・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
by katamich | 2008-12-13 18:23 | ■セミナー・研修・講演
ブログトップ | ログイン