宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


無事に帰国しました。12日~17日のラダック滞在中は完全にネットが遮断されていたので、これから順次記事を追加していきます。本当に最高でした。これまでいろんな旅を経験してきましたが、断トツ一位を更新したようです。場所もメンバーも最高だった。そして何より「運」がよかった!
b0002156_34306.jpg


実を言うと、今回の旅で「すべてがスムーズ」となるのは極めてレアなケースであることがわかりました。いや、少しは知っていたのですが、メンバーに知らせたところで事態が好転するわけじゃなし、あえて触れずにいました。

それは「デリー・レーの欠航率」について。


実はこの区間、夏でも欠航することが多く、それが冬になると「欠航があたりまえ」となるようです。私が事前にチェックしていた感じでは「4日に1日」は欠航。つまり順調に運行する確率は75%。それが往復となると「75%×75%=56%」となり、今回のように往復共に順行となる確率はまず半分。


それ以外の阻害要因としては、ざっと並べてみましょうか。


1.デリー・レーの往復順行率:50%

2.雪の影響を受けずにチャダルができる確率:50%
 ※私たちの前の週は完全NGだった(翌週も気温が上がってNG)

3.工事の影響を受けずに出発地まで行ける確率:50%
  ※出発が1~2時間遅れていたら着けなかった
  ※帰りは工事にあって到着が3時間遅れた(詳しくは改めて)

4.8名全員が高山病にかからない確率:80%
  ※前回は一名がパンゴン湖に行けなかった
 
5.8名全員が下痢・風邪などかからない確率:80%

6.チャダル行程中に誰も事故にあわない確率:80%
  ※別のグループでは10名中2名が凍傷で入院したそうだ


これら以外にもあるかもしれませんが、この段階でざっと計算すると、、、


「50%×50%×50%×80%×80%×80%=6.4%

となります。


これはまだ高く見積もった計算でして、阻害要素はまだまだあるはず。日本国内の旅行会社でチャダルを企画しているのは主に1社で、だいたい10名くらいとのこと。ただし、きちんと開催されるかどうかは運次第。

チャダルツアーはそもそもからレア過ぎるのに加え、阻害要因を加味すると、今回のように成功する確率は極めて低いことがわかります。実際、アテンドされていたサチさんも驚かれてましたから。


つまりは、やはり、、、「呼ばれている」のでしょう。


一応、言っておきますが、今後、私がチャダルツアーを企画することはまず「ない」です。理由はシンプルでして、もっともっと他に行きたいところがあるから。そして何と言っても不確定要素が多過ぎるから。それでも今回企画したのは、一度は体験しておきたいとの思いが強かったから。次はもうありません。それだけの今回の8名は非常に貴重な経験となったわけで。


ついでに言うと、今回のツアーも私のリクエストがかなり入っています。たとえばローカルフードのみ、3泊4日の行程、レーでの滞在日数など、可能な限りわがままを言いました。実際の話、雪のリスクなどからチャダルに出たも足止めを食らう可能性が高く、当初からレーでの滞在を伸ばすように言われていました。しかし、日程的な制約からギリギリラインでリクエスト。なるようになるの精神に頼るのみ。


さらにデリーに関しても、行きはメインバザール(パハールガンジ)の三つ星ホテル(日本人御用達)で軽く寝るのみ。帰りはメインバザールの近くの五つ星ホテルとレストラン。最終日はリクシャーでオールドデリー観光(プチバックパッカー体験あり)など、盛り沢山。アーユルベーダを体験された方もいました。


とにかく一般のツアーで決してあり得ない内容で、旅を何より愛し、そして調査・企画を徹底するQさんならではのツアーなんです!


本当にあり得ないことが続きました。いわゆる奇跡。こんな体験をしてしまうと、人生は完全に何でもありのOKになる。では肝心の中身はどうだったか。それはまた追々さかのぼってアップしていきたいと思います。


と言うわけで、終わりました。すべてが無事。完璧。またしても強運を証明してしまった。今も思い出すと鳥肌が立つ。そしてQさんツアーはこれからも続きます。そこで降りてきたのがエジプトツアー。


『夢なに』の第四章で「エジプトのダハブ」って村が出てきますが、ここに行くツアーを企画します。お読みの方はご存知の通り、この村の安宿でとある日本人が「ぼくには祈りがあるから大丈夫」と言い、それを聞いて確信したって話でしたね。


東京からカイロに飛び、ピラミッド等を観光した後、専用車でシナイ半島は紅海に面したダハブのホテルにチェックイン。夜10時にホテルを出てシナイ山を夜中から登ります。3時間ほどで登頂し、ご来光を拝んだ後、下山して麓の寺院を観光。

ダハブに戻りシュノーケリング、水パイプ三昧で2~3泊。もちろん「祈り」の話もしつつ、ミスチルの「ステ~イ!」をかけて聞く。そしてカイロに戻り、1泊して帰国。これを全6~7泊30万円以内で実現します。もちろん飛行機もホテルも交通費も込みで、すでに頭の中には企画が完成しました。


これを今年か来年の9月に開催します。次々とまた企画が増えてきた。3月は久高島、4月はロンドン&マルタ。5月には7冊目の出版、また自転車トークライブも。6月はパナリのみのツアーを予定。Q州ツアーも1回はやるかもしれない。韓国自転車トークライブ、ニューヨーク講演もやるだろう。そんなこんなさらに盛り沢山な2017年が進んでいます。


ともあれ、帰国した。これからセミナーなど受付をスタートしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。インドの話もどんどん追加していきます。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■2月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾24(無料)~空~ (満席)
 
■3月19日(日)/沖縄/宇宙となかよし塾~お金は「言葉」で解決する~
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
# by katamich | 2017-02-19 23:39 | ■旅・ツアー
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


b0002156_13125394.jpg


b0002156_148417.jpg


b0002156_1482079.jpg


b0002156_1483917.jpg


b0002156_14211454.jpg


b0002156_14261129.jpg


b0002156_14262434.jpg


b0002156_14265288.jpg


b0002156_1427773.jpg


b0002156_14273081.jpg


b0002156_14281218.jpg


b0002156_14282742.jpg


b0002156_14285519.jpg


b0002156_14293590.jpg


b0002156_1430842.jpg


b0002156_14303526.jpg


b0002156_14312137.jpg


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
# by katamich | 2017-02-14 23:39 | ■インド
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


ここ最近で一番ぐっすり眠れた。室内はマイナスだけど、寝袋はめちゃくちゃ温かく幸せを感じる。それだけに出るのがつらかったけど、出ないことはには一日が始まらない。朝食は簡単にトースト、オムレツ、チャイ。
b0002156_1240296.jpg


外はいい天気。冬のラダックはほとんど草木が見えないのだけど、この背の高い木だけはやたらとある。ポプラとのこと。何度も言うけど、めちゃくちゃ寒い。
b0002156_124043100.jpg


三台の車で出発しまして、一時間ほど走るとインダス川とザンスカール川の合流点に到着。6年前もここで写真を撮ったな。白と青のコントラストが美しい。
b0002156_12412043.jpg


そこからしばらくまた走るのだけど、スタート地点に近づくにつれ断崖が多くなる。雪や工事の土砂にタイヤを取られ進まなくなることも。ポーターさんたちが先回りして待機して車を押してくれました。
b0002156_1242334.jpg


12時前にスタート地点に到着。ここから河に向かって降りていきます。
b0002156_1243217.jpg


降りました。歩き始める前に腹ごしらえのランチ。
b0002156_12432531.jpg


この方が今回のコックさん。イケメン。チャイを作ってくれています。今日のランチは「メギ」と呼ばれるインスタントラーメン。トレッキングでも便利なのでよく食べられるとのこと。決して美味いものじゃないけど、実は私がリクエストをしておきました。
b0002156_12434865.jpg


いよいよ歩き始めます。太陽に向かって歩くのでまぶしい。サングラスは必携です。そして美しい。。。
b0002156_1244876.jpg


巨大な滝も凍るこの寒さ。マイナス15~25度が平均のようです。
b0002156_12443049.jpg


今日はそんなに歩くことなく、90分ほどで滞在ポイントに到着しました。黄色いのが我々のテントです。まだまだ歩けそうだったけど、ゆっくりするのもいいね。
b0002156_12445676.jpg


とにかく美しく壮大だ。人生観が変わる場所ってこんなとこだよ。
b0002156_12563970.jpg


黄色いのがテントで、3人用のに2人で泊まります。狭いと思ったものの、寝袋からは動けないので、さほど支障もなく。白い大きいテントの左のは調理場で、右のは我々の食事のテント。もちろん寒いので、ダウン、マフラー、帽子は最後まで欠かせません。
b0002156_12571150.jpg


いよいよ夕食タイム。マッシュルームスープ、せんべいのようなの、ポテトフライ。正直、これで終わりかと思ってスープを三杯おかわり。温かくて美味いもんね。
b0002156_12583690.jpg


ですがこの後のがメイン。サフランライスにカレー三種。チキン、豆、ホウレンソウとチーズ。絶品も絶品で、まさかキャンプでこんな美味いのが食えるとは。。。
b0002156_12584947.jpg


思わず手で食ってしまうと、周りもそれにならいました。たくさん食べました。美味すぎて。ただ、すぐに冷えるので、急いで食べる必要はありますが。
b0002156_1259374.jpg


テントの外で焚火。焚火は暖を取る以外に、ゴミを燃やしたりいろいろ。近年はインド人でチャダルが流行してるとのこと、ゴミがかなり増えてきたようです。我々はテントに着いてすぐにゴミ拾いをして燃やし、あと、トイレの紙なんかも一度に燃やします。

トイレについてですが、今回は簡易トイレがその都度設置されました。男性はいいのですが、その辺、女性には大助かりだったようで。ちなみに私は簡易トイレは使わず、大も小も「野」で済ませました。紙は使わず、インド式に水で流すスタイル。もちろん手はアルコール消毒していますよ。
b0002156_12591235.jpg


もう一つのテントでは、ポーターさんたちの料理をしていました。ここは火を使っているので温かい。
b0002156_12595748.jpg


そして10時にはテントに戻り、寝袋に入り、その前にトイレにしっかりと行っておいて睡魔がやって来るのを待つのでありました。それぞれのテントで語り声が聞こえます。青春だなあ。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
# by katamich | 2017-02-13 23:39 | ■インド
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


デリー発が5時55分の予定だったのが、1時間20分遅れの連絡が来て、出発も起床も遅くなり好都合。それでも4時30分に宿を出て空港に向かうのです。日本人御用達の旅行会社「シゲタトラベル」がある宿「コテージ・イエス・プリーズ」ですが、前回2011年もお世話になりました。
b0002156_12443430.jpg


空港に到着し、昨日と同様、「IWA→LWA」の手続きに少々時間がかかりましたが、全員、無事にチェックイン。朝早くてお腹が空いていたので、空港のフードコートで朝食。ベジタブルコロッケのビリヤーニ(ピラフ)で、まあまあ美味い。
b0002156_1247353.jpg


いよいよ搭乗だ。今だから言いますが、実はこの時期の「デリー⇔レー」の欠航率は極めて高い。3~4日に一回は欠航するが、降雪などが続くと、場合によっては一週間丸々飛ばないこともある。事実、先週はそうだったらしい。そしてもし、欠航になったとしても航空会社からのフォローは一切なし。各自でデリーのホテルをすぐに予約し翌日を待つも、代替機に振替えられるのが原則ではあれ、本予約が優先されるとのこと、満席だったら乗れないことも。

つまりは「運」しかないのだ。今回のように「運」がよければスムーズにレーに行けるが、運悪く欠航となると、貴重な旅行期間を「待つ」だけで消費することも。人によってはレー行を諦めて、その辺の観光に泣く泣く振り返ることもあるとか。

冬のラダックに行く観光客のほとんどは我々同様にチャダル目的のようですが、日本からは1~2社が企画するものの、天候次第では普通にキャンセルになる。ちなみに日本からチャダルに参加する人は、例年10人~20人程度のようで、それだけレアなツアーとなるわけだ。ともあれ、飛行機が飛んでよかった。
b0002156_12483276.jpg


6,000m級の山々のスレスレを飛ぶ飛行機。これを見るのは三回目だが、こんなに真っ白なのは当然初めてのこと。2005年は5月、2011年は9月だったから。感動するしかないよね。
b0002156_12491192.jpg


無事に到着!マイナス20度が直撃する!
b0002156_12494619.jpg


荷物の受け取り、入境手続き等に30分ほどかかりまして、前回と同様、お世話になりますサチさんとヤンペルさんと再会!早くも感動だ!!!
b0002156_1250292.jpg


空港からホテルに移動しまして、本日の宿。ちなみに室内とは言え、めちゃくちゃ寒い。マイナス10度くらいは普通にあるだろう。
b0002156_1251152.jpg


食堂に移動し、チャイをいただく。安定の激甘!インドではこれが美味い!ましてやこんなに寒いところでは、どれだけありがたいことか。涙出るよ。。。
b0002156_12514546.jpg


ランチタイムだ。見ての通り焼きそばですが、立派なチベット料理でチャウメンと呼びます。味は優しいソース焼きそばそのもの。
b0002156_12522633.jpg


こちらもチベットでは普通に食されるチャーハン。どちらも美味なり。
b0002156_12525738.jpg


宿の屋上から眺む。旧レー王宮と、、、12年前に悟りを啓いたナムギャル・ツェモだ!
b0002156_12553533.jpg


小休憩の後、車で市内観光。ここだ!ここが悟りを啓いたナムギャル・ツェモだ!
b0002156_1256998.jpg


そうなんだよな。2005年5月、所持金が5,000円しかなく、やることなくてあの先端のとこで般若心経を1,000巻唱えた。その820巻目辺りでやってきた。この世の仕組みがわかり、人生は完全にOKになった。当時は職も金もなく、生きていく術をまったく持っていなかった。それでもOKだとわかった。この「OK」から出発し、12年が経った。やっぱり「OK」だった。

何があっても大丈夫。6年前にも来たけど、今回もまた「大丈夫=OK」を確認することができた。ここが原点。オレにとって最大の聖地なのだ!

ナムギャル・ツェモからレー市内を一望する。12年前、ずっとこの景色を見ていたが、もちろんこんなに白くはなかった。
b0002156_12564833.jpg


下りまして、レーのメインバザール。牛も普通に歩いている。おばさんたちが野菜を売ってるのだけど、冬は取れる野菜は限られていて、根菜か豆かしわしわのキャベツくらい。夏はもっと豊富にあるそうだ。この寒い中、ありがとうございます。
b0002156_12575094.jpg


インド人の食堂でサモサを食べる。サモサとはカレー味のポテトを生地で包んで揚げたもの。美味い。
b0002156_12585945.jpg


6年前はこんな感じじゃなかった。車が入れないようになったとのこと、レーの街並も少しずつ変わってきたようだ。
b0002156_12594221.jpg


宿に戻って夕食。テントクというチベット料理。いわゆる「スイトン・だご汁」のようなものか。冬場だけに野菜が乏しいのですが、味は抜群。心も身体も温まる。
b0002156_1301959.jpg


そんな感じで無事にレーに着きまして、標高3,500mにゆっくりと身体を馴らします。デリーで高山病の予防薬ダイナモクスを買い、昨日から飲んでいました。指先がしびれる副作用はありましたが、頭痛など高山病の症状はなく、朝までしっかり眠れれば大丈夫かと。ただ、めちゃくちゃ寒くてシャワーも浴びれないし、トイレも簡単じゃない。夜は分厚い寝袋に包まり朝を待つのみ。寝袋は温かいのだけど、となると出るのが大変だ。

ハッキリ言って寒いです。ハンパないです。言うまでもなく人生初。しかも北海道のように室内は温かいとかでなく、容赦なく寒い。明日からのチャダル、どうなることやら。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
# by katamich | 2017-02-12 23:39 | ■インド
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


いよいよ旅立ちだ。なんとなく二日酔いな感じで目が覚め身支度。シャトルバスで成田空港に到着し、それぞれチェックイン。そこでトラブル発生。参加者の一人の名前が「IWA」となるところ、「LWA」で登録されており、パスポートと一致しない。本来であれば乗ることができない。Eチケットを見ると「IWA」となってるので、エアインディア側の過失だろう。エクスペディアでもなく。


ここで乗る方法は二通りあり、「成田→デリーは乗っていいが、その後、どうなっても責任持ちません」との誓約書を書くこと。もう一つはこの便をいったんキャンセルし買い直せとのこと。買い直した場合はエクスペディアに返金を請求せよ、エアインディは関係ない、とのスタンス。そして買い直した金額が80万円。どうなってんだ!


両方を検討したが、最終的に誓約書を書いてそのままチェックインすることに。この後の便でまた言われるだろうけど、誓約書を見せれば何とかなるかと思い。けど、明らかにエアインディアの過失なのに、さすがに安定の対応だなあ。ともあれチェックするも、バタバタしてしまいギリギリになってしまった。全員無事に搭乗。
b0002156_7272822.jpg


間もなく機内食だが、魚かチキンかで選べる。なんとなく魚にしたらこれが出た。チキンだったらカレーだったのに失敗だ。う~ん。座席もサービスもLCC並。いいね。
b0002156_7275557.jpg


10時間のフライトでデリーに到着。今回は空港に到着してアライバルビザを取得。これができるの日本人だけなんだって。8名分はかなり時間がかかったけど無事にゲット。
b0002156_7282499.jpg


ピックアップの送迎タクシーに乗る。いろいろ思い出すね。
b0002156_7285389.jpg


宿に到着。メインバザール。
b0002156_7292025.jpg


見た目はキレイな感じ。
b0002156_7303348.jpg


部屋は、、、う~ん、さすが。
b0002156_7333134.jpg


ディナーはカレーだ!
b0002156_733524.jpg


美味い。
b0002156_7341326.jpg


ナン。
b0002156_7343192.jpg


ルーフのレストラン。
b0002156_7352999.jpg


今日は満月。
b0002156_7345521.jpg


メインバザールの果物や。インドだな~。
b0002156_7355184.jpg


メインバザールを歩く。怖がるメンバーもいたが、オレはひたすらなつかしい。
b0002156_7361262.jpg


と言うわけで、明日からが本番。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■2月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾24(無料)~空~ (満席)
 
■3月19日(日)/沖縄/宇宙となかよし塾~お金は「言葉」で解決する~
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
# by katamich | 2017-02-11 23:39 | ■インド
ブログトップ | ログイン